科学者の父を持つと、娘はブログにこんなコメントを書き込まれる。

毎日、更新の続くゆっちゃんのブログです。

先日の記事が面白かったので、いっただき~!

 

ゆっちゃんのブログ

えいがっていいな

きょう、映画を見に行きました。
映画、「旅猫レポート」を見に行きました。
ままが、見に行きたいって言っていたので行きました。
家族4人で、いきました。
4にんでたべるよう、ポップコーンを買いました。
ココアをかいました。
わたし用に買いました。あついです。
映画の部屋にいって、すわりました。
何時間か、「旅猫レポート」を見ました。
さいご、かんどうしてちょっぴりなみだがでました。
いままで、感動して泣いた。とかなかったです。
悲しくて泣く。しかありません。はじめて、感動して泣きました。
おもしろかったです。
いもうとは、とちゅうからねていました。
また、面白い映画を見たいです。
きょうで、たぶん「ゆっちゃんのハッピーな毎日(^◇^)」は、81かいめです。
100かい、1000000000かいめざしてがんばります。
またあした。(●^o^●)

※文章は原文のまま。文章への色付けは婆が勝手にしました。

ふんふん。ココアは自分専用で、ポップコーンは共用なのね。専用のポップコーンは買ってもらえなかったわけね。

さて、涙には種類があることを知ったゆっちゃんです。小学2年生くらいになると、感動の涙があふれ出るようになるわけか。自分がいつから感動の涙を流すようになったかという記憶はないので、たいへんためになります。

この家の娘たちは、実によく泣きます。親からは「安売りの涙」と言われております。たいがい、何か欲しいとか、買ってもらえないとか、そういう時にわんわん泣いているようですが、効果は、ほぼないです。

わたしと別れる時にも、大泣きしてくれます。あれは婆を喜ばせるための涙ですね。先日はスカイプを切る時に、ともたんが泣いてくれて、婆はスカイプを切ったあとも「孫たちよ・・・」と余韻に浸ることができました。

今のうちに涙を枯らして、将来的には泣かない女を目指してほしい。わたしは人前で泣く女は嫌いです(笑)

 

父親からのコメント

ゆっちゃんの父親はエビデンス(科学的な根拠)という言葉が大好きな科学者です。思考回路が文科普通系人間とは大きく違うので、わたしや嫁などとは、時々混線してしまいます。

さて、このゆっちゃんのブログ記事に対して、父親からコメントが入っていました。やはり、ポイントが違うようで、思わず笑ってしまいました。

更新について

1000000000回更新するとすると、

1年が365日なので、1日3回更新しても9万年以上かかります。

9万年前は石器時代だそうです。

どうしても1000000000回更新したい場合、

100歳までいきるとして、あと92年なので、一日3万回くらい更新すればいいですね。

一日は24時間で、全く寝ないでずっと書き続けても、

1時間あたり1268回更新する必要があります。1分あたり21回。

3秒に1回更新し続けてください。

こんな生活したら100歳までは無理だと思うけどね・・・

ポイントは涙ではなく、更新回数でした。ついつい数字に目がいくんですかね。

ま、ゆっちゃんは、こんなコメント、サラリと流して無視するでしょう。それにしても、この父親はちゃんと計算したんでしょうか。電卓、使ったんでしょうか。

科学者の父を持ってしまったゆっちゃんとともたんは、父親をめんどくさいと思う日がくるのでしょうか?

 

夫の場合、息子の場合

科学者の夫を持った場合は、妻としてはどうなのでしょうか。

以前、アメリカで、科学者の妻たちとのお茶会に参加したことがあります。みなさんが同じように言っていたのは、夫から「その話の根拠を明確にせよ」と言われて、うんざりしているとのことでした。

日常生活に理屈は要らないのだ!!日々をこなせ!

では、息子が科学者の場合はどうなるのでしょう。

これまた、えらくめんどくさいものです。

妻に対するほどではないにしても、「根拠」の提示を求められます。「その話はおかしいやろ」とか、いろいろと弱点を突かれる日々。理路整然としていないと突っ込まれるので、うっかりしたことは言えません。

ついつい「あ~」とか「う~」とか、心のこもらない返事を繰り返してしまいます。

あのかわいかった息子は、もう、いない。ホントにかわいかったのになあ。理屈なんかいちいち述べなかったのになあ。ただ、ボーっとしてたのになあ。幼稚園時代、クラスで一番ボーっとしていた息子です(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。