楽天モバイル新プラン乗り換え。simを割った息子はつながったのか?

一族揃って、楽天モバイルの新プランの乗り換えにチャレンジしました。

乗り換えに関しては、実にいろいろ、ありました。

わたしは二度も店舗へ足を運ぶ羽目になり。そして息子は・・・。

 

sim割り息子

関西に生息中の長男。

楽天モバイルからsimを取り寄せて、自分で交換しようとしたところまではよかったのですが。

ところがなかなか台紙から外れない。

イライラ。

現場に立ち会ってはいないので、どの時点で割れたのか、はっきりとはわからにゃい。

とにかくパキッ!と小さな音がしたらしい。

そして、その時から彼のiphoneは不通となりました。

ねだりにねだって、新しいiphoneをやっと手に入れたのにねえ。新プランに乗り換えるために大金はたいたのにねえ。

なんでそんなにiphoneにこだわるのか、よくわからないけど。ま、これこそがアップル信者。リンゴだらけの暮らし。

さて、時はすでに3月の末。もう楽天モバイルの店舗は予約も不可能。行って5時間待つしかない。

それほど時間があるわけでもない息子は店舗になど絶対に行けるはずがない。

これで楽天の新プランにはたどり着けないだろう。むひひひ。意地の悪い関東の母は、ほくそ笑んでいた。

あの日から、息子からの電話とLINEはなりをひそめた。静かでよい。

大学受験1年前にはケータイのせいで気が散って勉強に専念できぬと、ケータイを真っ2つに割った人。ボキッとね。

これで二度目のモバイル割り。

学割り、家族割り、本体割り。

割った先には、きっと新しい世界が待ってる!

 

ゴジラ目の猫

ところが、それからわずか数日後。

3月の末日。午後8時すぎのこと。

スマホが鳴っている。

こんな時間に誰?

新しいピカピカのスマホを開けると、鋭い眼差しで睨んでいる猫が飛び込んできた。

びっくりした。怖いよ〜!なに?

凄まじい眼力。

これは、ゴジラを連想させる目だ。

「おお、つながった」by sim割り息子

なんだと〜!

 

e-simで繋いだ

「もしかして、つながったの?」

「ついに、ゴマンゲリオン」

「勝手につながったの?」

「アプリからesim に切り替えた」

「よくわからんが、さすがだな」

と、まあ、すったもんだの果て、なんとか新プランに滑り込んできた息子であります。

よくよく思えば、なんで、ここまで、みんなで楽天モバイルに執着しているのか、よくわからない。

これは関東に住む次男が関係している。彼は我が家の電波塔的存在。彼がプランを変えたなら、後に続きたい。ぞろぞろ続く。

わたしなどは店頭で新プランに切り替えるとポイントがつくということを知ったくらい。

そんなことは、もうどーでもいい。

「とにかく、楽天回線につないで!」

へっ?という驚き顔のスタッフ君。

とにかく楽天でないと、イケてない人と思われるかもしれない。

とにかくつなぎたい。

乗り遅れたくない。

そしてわたしはなんとか乗れた。ほっと一息。そうなると、関西支店がどうなろうと、どーでもいい。人のことなど、構ってられない。

新プラン、発車しま〜す。

残念だったね。

ところが、第三コーナーで引き離したと思ったのに、なんとかゴールしてきたよ。iphone12を握りしめて。

チッ!

 

「もしてして○○さんですか?」

息子は、何度もチャットで問い合わせたらしい。

わたしもチャットで問い合わせをしたけれど、なかなか返答をもらえず、店頭行きを決めたのです。

息子は何度かのやりとりののち、こんな文章を送ってみたたらしい。

「もしかしてAIさんですか?」

どうも、やりとりに違和感を感じていたらしい。

そして、そこから解決への道が拓けていったらしい。

なんか、いろいろと言ってたけど、どうも記憶に残っているのは、この程度の内容のみ。

なるほどねえ。

「AIさんですか?」と聞くと事態は快方へ向かうということだけが母の頭には残りました。

1年間無料ということに関しては、どこか申し訳ない感じもしています。

なので、これから数年間は、楽天モバイルを使い続けようと決意しています。

これこそが、楽天の思惑か?

 

緊急事態の対応でわかった、息子の本性。

2017年6月23日

世にも汚いPCのキーボードの話。

2019年7月17日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • さすがの関西支店長さま、一年無料に飛び乗ってこられましたね。AIさんからの対応もどう展開したのか?興味あります。
    アプリからe simでの乗り換え、調べましたよ〜。
    最近のスマホはこんなに進化しちゃってたんですね。iPhoneにこだわるなら第二世代とやらに買い換えないと三か月無料キャンペーンにも乗り換えができない。スマホは、充電ができなくなったら買い替えるなんて言っていたら、いろんな事を諦める事になるんだなぁと。なんと進化の速い事でしょう。
    私の頭のポンコツCPUで、ついていくのはいやはやなかなか大変です。天国にいる(はず)の夫が会社からのガラケーと自分のスマホを二台持ちしながら仕事に行っていた時、あと少ししたら、一台で別のキャリアを二つ入れられるようになる。そしたら、管理も楽になるって言ってました。これの事かなぁ。誰か正解をおしえて〜

    • まめぴよさん

      こんにちは

      関西支店長、なかなかやるでしょ(笑)
      今度詳しく聞いてみようと思います。

      テクノロジーがどんどん進化してるので、壊れるまで使い続けると、浦島タロ子になってしまうのかも。
      新しいスマホにしたら、わずか2年で、かなり使い勝手が向上しているようです。
      と、いうか、余計なお世話が増えていただけですけど(笑)
      とこまで付き合えばいいのか、悩みますね。
      時代についていくのも、面白いっちゃ、面白いんですけどね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。