嫁が解説する日の丸の由来。「国旗が先か、弁当が先か」@リゾナーレ熱海

「りっつん還暦祝い」で熱海で一家集合した際、関西支店長からこんな話を聞いた。

 

支店長がひっくり返った話

みんなで食事中のこと。支店長が妻に聞いていた。

関西支店長
この前、わたしがひっくり返った話ってなんだっただろうか。
支店長補佐
忘れたんなら、そのまま忘れるがよろし。
関西支店長
単語だけでよい。思い出したいのじゃ。
支店長補佐
語れば、おぬしはみなにバラすであろう。
関西支店長
私は妻を落としいれるようなことは、いたさぬ。愛しておる

と、母親の前で2人で大きな声でコソコソ話をしている。

支店長補佐
そうか。愛しておるなら、教えぬでもないな
関西支店長
神に誓う。愛しておる。あ~めん。
支店長補佐
それでは、教えようぞ。こっきじゃ。

 

「ああ、そうだった!」

 

ここで、愛する妻から、くるりと向きを変えた支店長。母親、弟夫婦に向かって即座に語り始めた。

 

「こいつは、日本の国旗の由来を・・・」

「やめて!」と叫ぶ妻を押え、語り続けた。

そもそも、あんな夫を信じるほうが、どうかしている。あの男の口の軽さには定評があろう。おかげで、関西支店の話は筒抜け。スマホのおかげで、瞬間的拡散状態である。

 

日本の国旗の由来

では、支店長の話をまとめる。

ここは関西。寒くなってきたある冬の夜。流れるテレビ番組は「カラオケ対決・外国人編」。ある出演者が自国の国旗について説明をした。

「国旗の緑色の部分はを表しているんです」

すると、即座に反応した支店長妻である。

支店長補佐
なるほどねえ~。そうであるのね~。

ここで支店長補佐の思考回路はこのように動いただろうとわたしは想像する。

国旗→麦→パン→ご飯

そして、次の問題発言につながったと考えられる。

ちなみに、ここで我が嫁の発言が予想できた人は、相当な感性の持ち主だと思う。素晴らしい感性だと思う。

残念ながら、わたしには想像もできなかった。凡人だ。

 

 

支店長補佐
日本の国旗はごはんに梅干しだもんね。

 

 

こうやって書いていても、腹がねじれるほどおかしい。いや、腹ではなく腸か。これだけ笑えば、わたしの免疫細胞はかなり活性化するに違いない。

関西支店長
そなたは、真面目に語っておるのか?
支店長補佐
えっ。何かおかしい?

 

漢字の練習開始

さて、場面はリゾナーレ熱海に戻る。一家7人で食事を終え、部屋に戻って、娘のゆっちゃんが始めたのは文字の練習だった。

ゆっちゃん
わたし、漢字の練習をしたい。
部長代理
手本を書いてあげましょう。何と書きたいのじゃ?

書道が得意な部長代理。部屋に置いてあったメモボードに模範の文字を書いてもらったゆっちゃんである。真ん中が模範書写の部長代理の文字。上と下がゆっちゃんの文字。

娘であるゆっちゃんは、大人が大笑いしている「日の丸弁当」という言葉を忘れてはいけないと思ったのだろう。

部長代理
忘れぬように、太くしっかりと書くのですよ

わたしはこの2人の嫁たちを本気で愛しております。ヽ(^。^)ノ わっしょい。どんどん、面白い話を持ってこ~い、こい!


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • こんにちわ。本当に支店長補佐、部長代理の「嫁お二人」私も息子の嫁にほしゅうございます。
    お孫さんの「日の丸弁当」もううらやましいご家族です。
    よい還暦のお祝いになりましたね。

    • たか20さん。こんにちは。
      まさか、こんなに楽しい嫁が来るとは思ってもいませんでした(笑)
      きっとたか20さんのお宅にも楽しいお嫁さんがきますよヽ(^。^)ノ

  • こんにちは
    お腹を抱えて 笑わせて頂きました
    息子さん一家ネタ最高です
    お嫁さん達も 面白くて 可愛い方達ですね

    • テリアさん。こんにちは!
      息子一家はブログネタの宝庫なんですよ。
      まだまだネタがありますので、お楽しみに(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。