「顔は白くなったりしない」@リゾナーレ熱海

更けゆく熱海の夜。

わざわざ海の見える部屋をリザーブしたが・・・・。

 

ここは熱海

予約の際、わざわざ「海の見えるお風呂」のある部屋を取った我が家である。

温泉もいいけど、ゆっくり一人で海を見ながらお風呂に入ったら、ステキ。ねっ。お風呂から海が見えて、いい感じでしょ。

洗面所には、ちゃんと子ども用の歯ブラシまで置いてありました。お子ちゃまに対して至れり尽くせりのホテル。

なにしろ、このホテル、お子ちゃまには天国であります。遊びつくせないほどの遊びが用意されております。

子連れでも気兼ねなく過ごせるようにできているので、大人にも天国感あります。

 

 

オーシャンビューって・・・

夜になり、食事を終えて部屋に戻り、洗面所に入った嫁が発したひと言。

関西支店長補佐
オーシャンビューって、夜は真っ暗って意味なんですねえ~

どよ~ん。il||li _| ̄|○ il||l

東京湾とか横浜港近辺のホテルは「海が見える部屋」というのは、夜でも海が見える。

夜はレインボーブリッジのライトアップや、都会のビルのキラキラしたステキな景色が楽しめる。

そんな風景を熱海にも期待したのがアホだった。確かに3年前に熱海に泊まった時に、そのことを身に染みていたはず。なのに、海というと、妙にはしゃいでしまうのは、海なし県に住んでいるせいだ。

まあ、いい。そんな真っ暗な外に目を向けるより、部屋の中で何かに専念しよう。婆はこの時のために、ある物を持って行った。

パックだ。3人できれいになろう。

「美白になるよ、ハチミツパック」系を、途中駅の駅ナカにて購入。本当に便利になったものだ。駅ナカで何でも入手可能時代である。

まず、長男嫁が張り付けた。続いて婆が張り付けた。ちょっと遅れて次男嫁が貼りつけた。

すると、おびえ始めたのは孫たち。

「怖いよ~。怖いよ~」

そのうち、一緒にやろうね。5人パック。

りつばあ
顔がなんぼか、白くなったのう
関西支店長補佐
ホント、白くなったわ~
関西支店長
顔は白くはならぬ!白い顔などありえぬ

でたよ、原理原則大好き男。めんどくさいやつじゃ。すると、支店長補佐、果敢に挑む。

関西支店長補佐
白くなるって言えば、現代日本では通じるのよ!

と、ここから2人の言い争いの幕が切って落とされた。激しい戦いだ。

部長代理
笑ったせいでパックがはがれてしまいますわ

まだ張り付けたままの次男嫁が、苦痛に顔をゆがませている。

関西支店長補佐
そんなことより、あんた、さっさと男部屋に行きなさいよ!」
関西支店長
わたしはここがいいのだ。

支店長、大きなリュックをドカンと置いて、居座る。

 

部屋割り

今回は2つの部屋を取りました。A部屋とB部屋。

関西支店+わたしでA部屋。

部長夫婦でB部屋。

ところが・・・孫たちから文句が出た。いつものように親子では寝たくないということだ。非日常を味わいたいのだ。

そこで、いろいろと話合った結果、女部屋と男部屋にしようということになった。

わたしたちがパックを始めた時点で、部長は一人でさっさと部屋に引き上げて行った。潔い男だ。

誰にも何の未練もない。しかし、関西支店長は居座る。パソコンをカチャカチャやりながら、動かない。こんな所に来ても仕事をしているフリをしている。

そして女たちのパックに文句をつけている。だが、わかったのだ。つまり、なんだかんだ言って、関西支店長は妻から離れられないことが判明してしまった。

いつもこうして、しがみついているのだ。

嫌がる妻を羽交い絞めにするの図

 

婆とか孫は女子会をしたかったんだよ!ヽ(`Д´)ノプンプン

 

結局、孫たちが寝付いた後、当初の予定どおりの部屋割りとなりました。

翌朝の朝焼け。60歳1日目の朝。


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん、今晩は。いやあ~、本当に仲睦まじくていいですね。りっつんさんの存在を忘れているかのようで、なおさらグッドです。愛らしい二人のお嫁さんとお孫ちゃんは、ご主人さまからのりっつんさんへの贈り物なんですね。

    私も一人暮らしの高齢の方に、今回初めてレトルトパックの魚の詰め合わせを贈りました。それまでは、粕漬などの焼くタイプでしたが、それだと後始末がおっくうだと気づき(遅い?)、変えました。お味はわからないので、自分でも一度食べてみなくては、と思っています。りっつんさんのおススメのも、とても美味しそうですね。
    2018年を、還暦ホヤホヤで迎えるりっつんさん。よいお正月をお迎えください。そして、来年もどうぞよろしくお願いします。

       

    • あじさいさん。こんにちは。
      2人の嫁たちとも、結婚前からの時間を含めると、
      10年の付き合いになります。
      娘のいないわたしには、とても刺激的な2人。
      楽しませてもらっています。
      こちらこそ、今後ともどうぞよろしく!ヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。