快晴のGW。藤が見ごろの平等院は鳳凰堂の待ち時間が3時間!

ゴールデンウィークが始まりました。

4月10日に関西支店から帰ったばかりでしたが、再びの関西です。

今回は次男嫁を伴っての関西訪問。嫁姑の2人旅。

部長は海外出張中ということで、関西支店と合流して家族6人でのてんやわんやの寺参り

平等院参り

一度、平等院の藤を見てみたかったんです。以前に平等院を訪れた時は、5月の末だったので藤は終わっていました。それと・・・・実はスイーツ目当ての平等院なんです(笑)

見事な藤棚でした。来たかいがありました!

藤の花が風に揺れるとサラサラという音がするのです。

さて、平等院の鳳凰堂です。内部を見るためには別にチケットを購入しなくてはいけないのですが、この日はなんとすでに3時間待ち。靴を脱いで案内の人と一緒に入って説明を聞くので、一度にたくさんの人は入れないのです。

並んで入っていく人たちが見えます。

今回は子連れですので、最初から内部観覧は予定外でしたので、問題な~し。

さて、鳳凰堂の前に立って10円玉と平等院を見比べるゆっちゃんです。

「ホントだ!」と小学生なりに感動してました。

正面に向かって左側の池は蓮の池。池の蓮の花はこれからですね。まだつぼみが小さい。咲くとまた美しい景色になりますね。

本当に素晴らしい庭園です。

この日は激込みで入場券を買うために15分ほど並びました。人、人、人。こんなに人がいる時の寺参りは久しぶり。

ん?それにしても前に来た時と、何かが違う。なんだろう?で、簡単に判明しましたよ(笑)ぜひ違いを探してみてください。この記事の中に1枚、鳳凰堂の写真が入っています。

2012年5月21日の神秘体験。あの日の朝、太陽は一瞬、姿を消した。

2017.05.23

スイーツ街道

今回の寺参りは女子が4人に婆1人。そして男が1人。なので行く先々で甘い物を食べまくり。平等院の表参道は食べ物街道。別な言い方をすると食べ物しかないです(笑)食いしんぼのともたんのテンションは上がりっぱなし。

まずは平等院にお参りする前に抹茶ソフトをペロリ。濃い抹茶ソフトはおいしかったねえ~。この至福の表情。幸せを満喫しているともたんです。今日の格好も彼女なりにはめいっぱいのおしゃれです。

 

ランチは茶そば

平等院を1時間ほどくるりと見学して、再び表参道へ戻りました。目的は中村藤吉茶寮でしたが、まだ11時というのに長い列。諦めて早めに昼食ということに。

昼食は宇治川が見えるお店「宇治川」で茶そばのお膳。窓の向こうは宇治川です。

茶そばはコシがあっておいしかったです。湯葉こんにゃくというのも不思議な食感で美味しかったです。

これはお稲荷さん?油揚げで酢飯を巻いてる。そしてここにも抹茶フリフリ。

写真を撮り忘れましたが、食後には参道を歩きながら、抹茶スムージーを飲む者、冷やし飴をすする者、そして茶だんごをほおばる者。血糖値マックスです!

少し腹ごなししなくちゃねということで、この後、宇治川を渡って、宇治神社を目指すことになりました。

⇒⇒⇒To be continued


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。