たっくんと過ごす土曜日。初めてのレゴ。

お〜い、ここだよ〜。

改札口で手を振ったら、「ばあば!」と大きな声で、指差してくれた、たっくんです。

 

自転車の前かご

1ヶ月半ぶりくらい?

久しぶりにベロベロに甘いばあちゃんをやってます。

たっくん一家、”墓参り一泊の旅”です。

たっくんが来るときは、駅まで赤い自転車で迎えに行きます。自転車だと駅まで7〜8分。

なんてったって、たっくん、自転車の前かご乗りが大好き。だから自転車で行くことにしています。

もちろん、漕ぎません。歩いて帰ります。

押して歩くのは、とうちゃんの役目。前にたっくんを乗せるには力が必要です。わたしは脇に立って不測の事態に備えます。今回はかあちゃんも一緒なので、より安心。

今日は、大好きなクマちゃんも一緒です。

クマちゃんに景色を見せているようです。

前かごに乗れるのも、もう あと少しかなあ。

 

 

保育園児たっくん

たっくんは、この4月から保育園に通っています。

「朝は何時に預けるの?」by ばあば

「預け入れは7時45分」byとうちゃん

家から徒歩30分くらいの場所にある保育園。朝には保育園に送ってから職場に向かうかあちゃんです。

で、何時にお迎えなの?

すると、笑いながら、こんな答えが返ってきました。

「払い出しは4時半」

ふ〜ん。わりといい時間だね。

“預け入れ”に”払い出し”

なんぼお金関係の仕事をしてるからって、保育園の公式用語ではないよね(笑)

保育園は幼稚園とは違って、生活に必要なことを教えてくれるのだそう。2つの園の違いが実感としては、わからないばあちゃんです。

例えば、車が来たら避けるとか、生活に関わること全般。保育園に行くようになってから、あんなに嫌っていた帽子もかぶるようになったとか。

そういえばトイレトレーニングも保育園でしてもらったという人がいたなあ。

とうちゃんもかあちゃんも自分たちが教えきれないことを教えてもらえるので、助かっているとのこと。

毎日、預け入れられて、払い出しされて、ご機嫌な毎日を送っているたっくんです。

そうそう。「とーちゃん、かーちゃん、」と言えるようになりました。

シャンクスのことも「タンクス」って言えるようになりました。

 

初めてのレゴ

前回やってきた時のたっくんのこんな様子を見ていて、あるおもちゃを思いつきました。

プラレールの電車の電池を入れ替えるマネをしていたたっくん。何か工夫したりしたいんじゃないかな。作ったりしたりしたいんじゃないかな。

そう思って、思いついたのが、レゴでした。

きっと、喜ぶ!

そう思って、アマゾンに届けてもらってありました。

「たっくんに猫さんトラックが荷物を持ってきたよ」

猫さんトラックとは、クロネコさんのトラックのこと。たっくん、猫好きなので、トラック見るたび大喜びしてます。

駅からの道すがら話しかけると、意味が分かったようで、とてもうれしそうにしていました。

そして家に入るなり、キョロキョロ。

段ボール発見!

開ける瞬間もうれしいだろうと、箱に入れたままにしておきました。

うわ〜!と感嘆の声。

積んだり、並べたり、組み立てたり。

2歳前後になると、少し大人の手を借りれば、できるようです。

レゴのしくみが少しずつ分かってきて、夢中になって遊んでいます。

とうちゃんとかあちゃんからも、

「これは、ドンピシャ!」と、たいそう喜んでもらえました。

今日は午前中に墓参りに行く予定です。たっくんは初めてのじいちゃん参り。

じいちゃん、待ってろよ〜。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


8 件のコメント

  • りっつんさん
    おはようございます。
    昨日の「忘れてないってば~」
    今朝の「じいちゃん、待ってろよ~」のフレーズ大好きです。

    やはり、命日近くはシグナル感じますよね➰ーー。
    私は夫の愛車を、今年は処分しようかと。。。考えていたある夜。
    ご機嫌にドライブしている夢を見ました。
    「おいおい、待ってくれよ。俺はまだ乗ってるんだよー」と、
    慌てたのでしょう(笑)
    分かったよ➰ー。オーライ✌️のシグナル送信しました。

    • じんじゅさん

      こんにちは
      もう、忘れがちになっちゃうのです。
      じいちゃん!って呼んでみたかったなあ。
      お墓の前で呼んでみても、
      思い出すのは、若い顔。
      ずるいなあ〜って思ったり。

      シグナルを感じると、あの世があるって思いますよね。

  • たっくんかわいいです!
    頭の良さそうな後頭部、撫で撫でしたいです。コロナが落ち着いたら、ゆっちゃんやともたんと沢山遊べたらいいですね。
    預け入れと払い出し、しばらくATMでひとり思い出し笑いになりそー(笑)
    じいじも、みんな無病息災に過ごせるよう見守ってくれていますね。

    • まめぴよさん

      こんにちは

      じいちゃんも、息子たちが同じような年齢になって、
      戸惑ってるんじゃないかしら(笑)
      もう、かわいい息子たちは、どこかに消え去り。
      たっくんの可愛さは、今が盛りですね。

  • りっつんさん、おはようございます♪
    自転車のカゴでわかるたっくんの成長〜。
    なんて可愛いコンパクトなたっくん(*^_^*)

    私のおじいちゃんは、39歳で他界したので、
    遺影でしか会ったことがありませんでした。
    おばちゃんが亡くなり、遺品整理のときに沢山のおじいちゃんの写真が出てきて、
    「存在してたんだな。。」と実感しました(笑)

    全身の写真、カジュアルな服を着てる写真などなど。
    おばあちゃんが生きているうちに、おじいちゃんのこともっと知りたかったな〜と思ったりもしました。

    りっつんさんも時々、たっくんじいじのお話してあげてくださいね!

    • ことりさん

      おはようございます。

      自転車のかごに乗れるくらいのサイズは、
      ほんとうにかわいいです。
      息子が、あまりに「かわいい」を連発するので、言ってやりました。
      「30年たっても、言えるといいね」って(笑)
      あっと言う間に可愛さとはおさらばです。

      じいちゃんの話、してあげようと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。