猫vs幼児。たっくんに見つめられて、シャンクス固まる。

桜が見ごろを迎えつつあると連絡したところ、たっくん家が遊びにきました。

 

二度目の桜

たっくんにとっては二度目の桜になりました。

桜を愛でるたびに思うのは、時の早さ。こんなにも時の流れを実感させてくれる花がほかにあるでしょうか。思い当たりません。

昨年もちょうど今ごろ、お花見をしました。

満開の桜の下で、たっくんと花見をする。

2020年3月27日

あの時には、まだコロナウイルスのなんたるかがいまいち分かっていなくて、どこまで恐れればいいのか、どこまでが安全なのか、霧の中にでもいるようでした。

あれから1年。まだコロナは収まってはいないけれど、対応の仕方は昨年よりできています。

残念だけど、今年は飲食はなしの花見です。

河原に降りて、歩きます。気持ちのいい朝。青空に桜が映えています。

息子たちのイメージするふるさとは、この河原の桜と菜の花。

ここに越してきてよかったなあと、今さらながらに思います。

まったく何の縁もなかった町でしたが、今ではわたしたちにとっては、立派なふるさとになりました。

 

たっくんVSシャンクス

シャンクスは子どもが大嫌いです。

なので、子供の気配を感じると、そそくさと退散します。

猫の孫娘対策。19歳の長老猫が考え抜いた作戦とは?

2019年8月5日

しかし!

今回は、その行動が阻止されてしまいました。

これは、かなり驚くべきこと。

逃げようとするシャンクス。ゆっくりと接近するたっくん。

シャンクスは容赦ない猫なので、爪を立てたら大変と、わたしはたっくんを押さえにかかりました。

ところが、男たっくんは、

「おらに触るんじゃねえ」とばかりに、ばあちゃんの手を振りほどき、シャンクスをガン見です。

なんとも意思の固い男です。決めたら向かうタイプ。

その迫力に押されたシャンクスは、固まってしまいました(笑)

そして、何か話しかけるたっくん。何言ってるのか、ウニャウニャ言ってます。

シャンクスが噛むんじゃないかと、ハラハラします。しかし、されるがままにたっくんを見つめるシャンクスです。

満足げなたっくん。

「かわいいなあ」と言ってるようです。

まったく恐れを知らない男です。┐(´~`)┌

そして、仲良しになってしまった2生物。

たっくんパワー、すごいです。シャンクスを触った唯一の5歳未満児。

たっくんは、猫も犬もヤギなども、まったく平気です。

犬に舐められても、払いのけはするけれど、泣いたりなどは一切ありません。

ゆっくり堂々と向かっていくのが、コツのようです。

動物に向かっていくその姿は、貫禄さえあります(笑)

晩秋の高原へ、たっくんとお出かけ。♪(´ε` )

2020年11月20日

 

たっくんの秘密

たっくんには秘密があります。

アンテナがあるのです。前髪の横に小さなつむじがあるらしく、何本かの髪がぴーんと立っているのです。

もしかすると、このアンテナで宇宙からの司令を受けて動いているのかもしれませんね。

やっぱり、幼児は宇宙人。

いやいや、み〜んな、宇宙人。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

犬とか、猫とか、赤ん坊とか、小学生とか。

2020年4月14日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん こんにちは

    さすがのシャンクスさんも、たっくんには敵いま
    せんね。
    いつも堂々としてるたっくんは、犬だろうと猫だ
    ろうとヤギだろうと、そしていじめっ子にだって
    絶対負けないですよ。

    本当によそのお子さんは成長が早い。
    見るたびにたっくんが男の子らしくなってます
    ね。
    これからどんどん日本語を覚えて、楽しませてく
    れるでしょうね。

    • 相棒さん

      おはようございます。

      どうもマイペースな子供のようです。
      周りがどうだろうと、我が道を行くタイプ。
      さすがのシャンクスも勝てませんでした(笑)

      子供を見ていると、
      本当にあっという間の出来事で驚きます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。