たっくんが教えてくれた桜の木の秘密

週末に電車に乗ってやってきた、孫息子のたっくん。

とーちゃんと2人でやってきました。

そして青空の下、河原で気持ちのいい秋の空気をたくさん吸っていきました。

 

河原でゴロン

自転車を漕いで、河原までやってきた父と子。

調子が上がってくると、たっくんは必ず歌を歌い始めます。

知ってるメロディーに自分の気持ちを乗せての替え歌。

歌詞のセンスもなかなかです。

とってもいい声をしているので、第二のたっつあんになれよと、ばあちゃんは野望を抱いてしまいます。まずは聖歌隊か?(笑)

そうだ!河原に下りてみようか。

そんなとーちゃんの提案で、下りたり上ったりを繰り返します。

少し疲れたので、空を見上げて、ゴロン。

「気持ち、いいなあ」by たっくん

この言葉、何度聞いたことか。

誰が教えたというわけでもないのに、大の字になる3歳児。

恥ずかしいということで、顔を隠してありますが(笑)、ものすごくいい顔をしています。

そして、桜の木を見上げて、散った葉っぱを見て、たっくんが得意げに教えてくれました。

「葉っぱが全部落ちて、ピンクの花がたくさん咲くんだよ」

去年は落葉するのが不思議で仕方なかったようだけど、春を過ごして、少し仕組みが分かったみたい。

猫vs幼児。たっくんに見つめられて、シャンクス固まる。

2021年3月28日

 

お土産のやりとり

背負ってきたリュックから、たっくんが取り出したのは、お菓子。

ばあばへのお土産は、リンツのチョコとクッキーでした。ハロウィン仕様です。

そして、こちらは、たっくんがお土産に持って帰ったものです。

キティちゃんのキッチンの一部で、おたまなどのキッチングッズをぶら下げるものです。

しかし、これが、たっくんとともに家の中から飛び出すと、思いがけない活躍をするものに大変身!

これに引っ掛けて、物をぶら下げたり、土を掘ったりと、ばあちゃんにも思いつかない使い方。

子どもの頭の中って、本当に柔軟だなあ。

 

あり合わせのランチ

今回も突然に朝に来ることが決まったので、つじつま合わせの昼ごはんになりました。

その日の天気、その日の体調、その日の気分で、問い合わせがきます。

こちらも、その日の予定がなければどうぞってところ。

そんなことで、食材が乏しい状態ではあったけれど、なんとかなりました。

勝った!(笑)

まずは、ホットケーキミックスと魚肉ソーセージで“ギョギョっと揚げ”

仙台のひょうたん揚げもどきです。

前回の失敗を生かし、ホットケーキミックスを少し固めに溶いて、魚肉ソーセージには薄めにつけました。

少し良くなりましたが、まだまだ改善の余地がありそうです。

夜中には異次元をさまよい、昼間はひょうたん揚げに挑戦

2022年9月5日

そして“牛肉のしぐれ煮”

一緒に炒める野菜がなかったので、玉ねぎすらなかったので、唯一残っていたしょうがでしぐれ煮にしました。

レタスの上に卵と一緒に乗せると、量の少なさが誤魔化せる(笑)

それから舞茸の天ぷら。

牛肉と一緒に炒めることも考えましたが、そうすると1品減る。なので、それぞれ単独で使うことにしたのでした。

ギョギョっと揚げのついでに、揚げました。

ご飯に辛子明太子。そして味噌汁。

これだけあれば、3人のランチとしては、まあまあでしょう(笑)

次男はからめん(辛子明太子を我が家ではこう呼ぶ)があれば何もいらないそうなので、冷凍庫には必ずストックしてあります。

とかいなかのわがや。

とかいなか→都会に通える距離にある自然豊かなエリア

たっくん家のまさにリゾート地となっております。

息子は1時間の散歩中に、出会った人の数が一桁だったと驚いていましたが、君だって20年前まではここに住んでいたんだから、そう驚くことでもあるまいて(笑)

【民宿とかいなか】自転車デビュー&ショウリョウバッタの巻

2022年9月4日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。