「見せたいものがある」と言われ、息子宅まで出向く

おはようございます。

薄曇りの埼玉地方です。涼しいせいか、少し起きるのが遅くなってしまいました。

昨日は、久しぶりにたっくんちに行ってきました。3月の引っ越し以来のことです。

 

久しぶりのたっくんち

たっくんとーちゃんから、朝に突然のLINE。

今日はなにしてる?

もしよかったら、うちに来ない。

ぜひとも、見せたいものがある。

締め切り日が遠いので、やることがないといえば、ない。

ということで、出かけることにしました。

いそいそと支度をして、昼前には駅前百貨店の前に到着。

1人なら中をウロウロと見てまわりたいところ。平日なので、それほどの人出でもないし。ここは物欲をかき立てる町!

と、思いを巡らせていたら、たっくんが声を上げながらかけてきた。

「ばあば〜!」by たっくん

抱き合って、再会を喜び合う。

それではと、ランチに向かおうとしたら、しゃがみ込むたっくん。

「歩くの、疲れた」

「あとで、おもちゃ売り場に行こう」by ばあば

すると、仕掛け人形のようにピョンと立ち上がり、歌を歌いながら歩き出す。実に現金なヤツである。

実はたっくんにはお礼をしたいと思っていたのです。

先週のこと、たっくんはじいじのお墓参りをしてくれたと、写真が送られてきました。

じいじとは初対面だったたっくん。首からタオルというのが、墓参りっぽい。きっとじいじも感動していたに違いないです。

墓参りを行き渋る祖母に変わって、墓参り。

今後は墓参りはたっくんに任せるよ(笑)

さて4人でランチをすませて、その後、おもちゃ売り場に引っかかること1時間以上。

まさかこんなことになろうとは┐(´~`)┌

実はここにはたっくんの戦略があったのでした。

遊び尽くしたたっくんと、疲れ果てた大人3人。

デパ地下にて、和菓子を買って、猫の待つ家に向かうことにしました。

 

見せたかったものとは

さて、たっくんとーちゃんが見せたかったものは、何か!?

それはトイレ!

トイレリフォームを依頼してから、かれこれ3ヶ月。

本体が品不足で入荷せずに、待たされました。

やっと出来上がったのだけど、どうも、これが自慢らしい。

まるでショールームのおじさんのように、熱弁ふるう息子。

こちらが彼の自慢ポイント。

  • 自動でフタが開く
  • 雰囲気が高級ホテルっぽい

確かに、入ると、フタが開く。ま、最近はこういうトイレは増えてるから驚くほどではない。

そして、ここから、ますます声が高くなる息子。

なにしろリフォーム。いろいろなアラを隠さなければならない。

工夫の後を見えないようにしたところが、今回の最大のポイントらしい。

たっくんとーちゃんは、何度もこう繰り返す。

「な、星のやとか、リッツっぽいだろ!」

なんとも返事のしようがない(笑)

ドアを開けると超高級ホテル。

再びドアを開ければ、おもちゃの転がる平凡な廊下。

「空間移動しているみたいで、いいね✌️」

それ以外の褒め言葉、見つからず。

それにしても、いろんな物が不足しているようです。

みちのく支店では、給湯器の交換にやはり3ヶ月かかりました。

こちらは壊れてしまったので、本当に大変でした。

レンタルで簡易給湯器を設置してもらって、急場をしのぎましたが、シャワーしか使えなかったとか。冬でなくて本当によかった。

壊れそうな設備品は早めに交換の準備をしたほうがいいようです。

 

和菓子とお抹茶と

たっくんは一手早く、お菓子に手を伸ばす。選んだお菓子には「花火」という名前がついていました。

この和菓子の中で、イチオシだったのは「スイカ」

形がスイカといのもかわいいだけど、中を割ると、タネまで模倣してあって、しかもほのかにスイカの味がするのです。

たっくんかーちゃんが抹茶を立ててくれて、夏の終わりのティータイム。

静かにそばに忍び寄ってきたのは、孫猫のナラちゃん。

そばにやってきて、スリスリ。そして、すぐまた姿を消しました。

わざわざ挨拶に出てきてくれたみたい。でも、もう子どもではないので、遊んだりはしないのかな。大人になってしまったナラちゃん。

ちなみにたっくんは、ナラちゃんのことをねえねと呼びます。

そしてまた、にぎやかな所を避けて、とーちゃんのベッドでゆっくりと寝そべっていました。

やっぱり、猫はいいわ〜。

ナラが消えたそこでは、たっくんの恐竜ごっこが始まっていました。

「ガウ!ガウ!」

この日、時間をかけて選んだおもちゃは、ちょっとリアルなこの恐竜でした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • おはようございます。
    まず最初に目が行ったのがすいか、そして、たっくん用のフォーク。
    和菓子と抹茶に目がない私、食べたかったなあ。すいかの和菓子。いつか、巡り合う日が来ることを願ってます。
    それにしても、よそ様のお孫さんの成長の早いこと。年齢相応の可愛さってありますよね。
    猫の名前が、ナラですか?また、奈良へ行きたくなりました。

    • しばふねさん

      こんばんは!
      たっくんはすでにフォークを握っていて、
      写真を撮り終わった途端に、グサっ!
      全部の味を確認していました(笑)

      奈良、わたしもまた行きたくりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。