脚本家の内館牧子さんは、こんな人を「不作法な人」と言っている。

脚本家の内館牧子さんのエッセイを読みました。

「ある!ある!」な女の不作法の数々に、思わず我が身を振り返ってしまいました(笑)

 

バタバタしてまして

ある!ある!

私もつい使ってしまう便利なフレーズ。

でも、このフレーズを使うときって、本当のことを言えば、バタバタなんかしてなかったりする(笑)

後回しにしてしまって、言い訳するときに使っていると思う。バタバタしていたような顔を演じながら。だから使われると嫌な気分になる。なんとも自分勝手なことです。

もちろん仕事では絶対に使わない。プライベート限定のフレーズだけれど、しかし、最近は仕事で使う人もいるらしい。これはマズいだろうなあ。

まあ、プライベートでもあんまり使わないようにしよう〜っと(笑)

 

ナチュラル至上主義

多くの人が集まる場所に行くと特に中高年の「老いっぱなし」に出会うことがあるという内館さん。

「老いっぱなし」という表現はさすが!

自分に手をかけなことを自己弁護するかように「自然が一番」と言う老いっぱなしの人たち。

パリコレなどで活躍したヘアーメークアーティストのマサ大竹さんという方が引用されていました。

「自然と野生は違います。何もしないということは干からびた土地が草ボーボーになっていることです。髪の毛もそう。何もしないと細くなってツヤもなくペチャンコになる。それは自然ではなく、不精ってことなんです。そういう人は人生の何分の1かは損していると思いますね。」

ふむふむ。自然と野生は違うのね。干からびた土地・・・・。草ボーボー・・・・。不精・・・・。┐(´~`)┌

確かに、ほっとくと、とんでもない状態になります。すぐになります。若いときには若さでなんとかなっていたけれど、年をとるほど、なんというか、薄汚れていくというか、不潔感が増すというか。

多分、本人が思う以上に、周りに不快感をばらまいているのかもしれません。自分には自分は見えないからね。ある年齢からは、ナチュラルに名を借りた不精をさらさないこと。それが作法というものでしょうか。

やりすぎて「イタい人」にならないように加減しながら、不精を晒さないようにしよ〜っと(笑)

 

挨拶問題

「挨拶は人間関係を滑らかに回すものであると考えると、テキトーにはできない」と内館さんは言っています。わたしもそう思います。

あまりに当たり前すぎるけれど、挨拶がちゃんとできない人がいるのも事実。最近は多いかも。挨拶のできない人はやはり信用できないかなあ。

「こんにちは」という、たった五文字が言えない人がいるのが不思議です。ニコッと笑って「こんにちは」と言えば、五倍可愛く見えるのにと思ったことがあります。そういう印象って残ってしまうんですよね。「挨拶のできない娘さん」って。

ああ、もったいない。

我が夫は息子たちに「挨拶は人生の基本!」と厳しく教えていました。その成果で、今でも、かなり大きな声で挨拶のできる大人になりました。

どうせ挨拶するのなら、機嫌のいい顔で挨拶をしたいものです。

一日に出会う顔見知りの人なんて、数人程度。その時には目一杯機嫌のいい顔で挨拶しよ〜っと(笑)

 


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 本当に!
    バタバタ、私も使っていることあります。
    気持ちが焦っているのでしょうね。反省。
    ナチュラルという名の老いっぱなし、
    自分を客観視出来ない(希望的)若作り。
    仰る通り、どちらも痛いですね。
    60代、難しいお年頃ではありますが
    身心共にスッキリ、凛とした婆さんに
    なりたいです。

    • キャサリンさん

      おはようございます。
      バタバタ、使っちゃいますよねえ(笑)
      60代はまだまだという気持ちがあるので、心のバランスが難しい年代ですよね。
      凛とした婆さんを目指そうではありませんか!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。