『寂聴 97歳の遺言』を読んで「愛」について考えてみた62歳。

瀬戸内寂聴さんの「寂聴 97歳の遺言」を読みました。

読んだという実感を持てぬほど短時間で読み切れる作品です。しかし、その中身は案外濃かったかも。

 

97年という時間

わたしが97歳になるためには、今後35年も生きなくてはなりません。35年ですよ!

生まれて35歳になるまでの道のりは長い。わたしなんぞ、生まれて育って、未亡人になってしまった。ものすごく長い時間を感じます。

わたしより35年も長く生きると、どんなふうに世の中が見えるのか、97歳が達した境地に触れたい。そんな思いで読んでみました。

「かつて愛した人が全部死んでしまった」と、寂聴さんは語っています。

長く生きるということは、実にそういうことなのですね。思うだけで、泣きたくなります。

最近、わたしは思います。死にたくはないけど、1人残されるのも悲劇だなあと。

気心の知れた友人たちがいなくなったら、つまらないなあ。話ていて一番楽しいのは、やはり同年代の人たち。わたしのアホな話を笑って聞いてくれる人たち。

今、そばにいないとしても、どこかで生きていると思うだけで、心が落ち着きます。わたしにとっての同年代という定義も、少し幅が広がっていて、プラス10歳マイナス7歳くらいでしょうか。

同じ時代を生きた人たち。心を通わせた人たち。最後にぽつんとひとり残りたくないなあなんて、本気で考えたりします。

こんなことは、50代のときには、あまり考えなかったかもしれません。

還暦って、やはり1つの節目なのだなあと実感します。

 

誰かを愛するため

そんなわたしが受けた寂聴さんからのメッセージは、こんなこと。

最後に残るのは、人との思い出。だから、後悔ないように、人との縁を結べ。

本って不思議なもので、読み手によって受けるメッセージが違うものです。寂聴さんが伝えたかったこととは違うかもしれません。

でも、わたしはこんなメッセージを受け取りました。

これからも人との縁を結び続けようと思います。いつまでも恋心も捨てないようにしよう。

確かにわたしが若い頃を思い出してみると、浮かんでくるのは、人の顔。それ以外のことは二の次、三の次、忘却のかなた。

あの人、この人、あんなことがあったね、こんなことを言ってたよね。楽しかったよね。良き事しか思い出さないのは脳の特性。そういうふうになってるようです。本当は散々な目にも逢ってたりするのに(笑)

寂聴さんは「誰かを愛するために人間は生きている」と書かれています。

この「愛」という言葉にもひねくれ婆は引っかかり続けてきましたが、還暦を過ぎたおかげなのか、薄らぼんやりと分かってきたような気がしないでもないです。

やっぱり誰かと出会うために、生まれてきたのかなあ。それが生まれてきた意味なのかも。

「誰かを愛するために生きているのかもしれない」ということに、うなずけるようになりました。

寂聴さん曰く「愛する人が一人で終わったら、それが一番幸せ」とも。

そうはおっしゃいますけど、そんなことはなかなか難しいんでないの?

何人か足しても、一番幸せってことにしておくれ。いや、わたしはそう思ってるよっ!(笑)

 

会うべき人には会う

わたしはいつのころからか「会うべき人には必ず会う」と信じるようになりました。

自分から積極的に動いても動かなくても、会うべき人には会う。いつなのかは、分からないけれど。たぶん、そうだと思う。62歳の確信?

出会うべき人がいるから、まだ生きているんだと思っています。

出会うべき人にすべて出会ったら、この世での修行は終わりということで、天からの指示に素直に従って、嬉々として旅立つことにしようと思っています。

だからと言ってはなんですが、わたしはいつでも(とりあえず女としても)ちゃんと生きていようと思うのです。もしかすると、5分後に大事な出会いがあるかもしれないからね。

出家するしか恋人と別れる方法がなかったという97歳の大先輩の話は、しみじみとした風を心の中に運んできてくれました。

小説『あちらにいる鬼』は、実の娘が父親の不倫を小説に仕立てたもの。

2019年7月14日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


6 件のコメント

  • 本当に。
    健康で長生きは望みますが
    同世代の友人知人がいない世界って
    味気ないでしょうね。
    義母は100歳で亡くなる迄、家族に
    囲まれしっかりしていましたが
    どこか寂しそうでしたし、私達も
    こればかりはどうしてあげる事も
    出来ず可哀想でした。
    「会うべき人には必ず会う」
    最近私も同じ様に感じています。
    人だけでなく、本や物に対しても
    そう思います。
    年齢から来る諦観なのかもしれませんが。
    でも確かに、きちんと生きていなければ
    来るべき出会いも遠退いてしまうかも
    しれませんね。気付きをありがとう
    ございます。

    • キャサリンさん

      おはようございます。
      同世代の人がいない世界は、異空間でしょうね。
      いくら家族に囲まれていたとしても、
      きっと寂しいと思います。

      「会うべき人」は、あと何人くらいてるのでしょうね。
      楽しみでもあります。
      いつぞや、テレビで見たのが、
      おばあちゃんが用水路に落ちた小学生を助けたという話。
      そのおばあちゃんは、
      「この子を助けるために、わたしは今まで生きていたのね」って言ってました。
      もうだいぶ前の話なのですが、忘れられずに頭に残っています。

  • 今年ももう1月半ば過ぎ、毎日楽しく
    おじゃまさせていただいてます。
    この更新がなければ、さみしくなるでしょう。
    いろいろな内容が本当にためになり、刺激になり、
    ありがたいことです。
    私はこれから入院手術ですが、数日遅れようが
    拝見いたします。
    りっつんさんも会長も元気でお過ごし下さい‼️。

    • 雪るるさん

      おはようございます。
      いつも読んでいただいて、ありがとうございます。
      温かい言葉、ありがとう!勇気づけられます!

      どうぞ手術がぶじに終わりますように・・・ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • はなです!

    こんにちは。
    PCを開くのが久しぶりになりました。
    はなも読書中でして(笑)本を読み始めると他の事がおろそかになります。はな二つの事が一緒にできないタイプです。
    お湯をかけて、洗濯物をたたんでいると…すっかり忘れております。
    あかんやつです!本を読み始めると…何もできていません。
    (笑)(笑)(笑)よくまあ~三人も子供を育てたもんだ!と、我ながら思っています。若い頃は何とかなっていたのかもしれませんが、
    近頃特にダメですね~一気に読みたいのか…なあ~

    この本も読みたくなりました。
    今やっている漢字パズルを終わらせないといけないなあ~
    二つのことはできないので…応募締め切りが(笑)

    私は、大好きな人はたくさんいるけれど、愛していると言えるのは主人だけです。これは幸せなことですね。
    いなくなってからもっと愛を感じるようになりました(笑)
    これも幸せなことですね。

    • はなさん

      おはようございます。
      そう!はなさんは一番幸せな人のひとりでした。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

      「大好き」と「愛してる」の差はなんでしょうかね。
      いつまでもこんなことばかり考えている62歳も、変かしら(笑)

      漢字パズル、締め切りに間に合いますように!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。