茶寿って何歳のお祝い?日本人の数字のセンスに脱帽!

日本ではいろんな長寿の祝いがあります。わたしも昨年「還暦」を迎えました。これからどんな長寿のお祝いがあるのかしら。

 

還暦ってどういう意味?

長寿のお祝いというと何が頭に浮かぶでしょうか。やはりまず還暦でしょうか。

干支は別名を十干十二支(じっかんじゅうにし)と言います。

【十干】 10種の干「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」

【十二支】12種の支「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」

【十干十二支】十干と十二支を組み合わせたもので60通りあります。「丙午(ひのえうま)」などがそうです。ちなみにわたしは丁酉(ひのととり)です。

60年で十干十二支が一巡してもとの暦に還(かえ)ることから、60歳の誕生日を暦が一巡するまで長生きしたということで祝うようになりました。

昔は60まで生きれば、立派な長寿者だったのです。もうわたしも長寿者!

昔、日本では年齢を数えるときには数え年で数えていました。生まれた時点で1歳として数え、正月を迎えるたびに年齢を加算していく数え方です。このため昭和30年代頃までは還暦を「数え年の61歳」で祝っていましたが、今日では満60歳の誕生日(またはその前後)に還暦祝いをすることが一般的です。

「ごうのとら」は?

「ひのえうま」と並んでよく聞くのが「ごうのとら」。これは五黄の寅(ごおうのとら)のことで、十干十二支ではありません。

「五黄」は九星(九紫・八白・七赤・六白・五黄・四緑・三碧・二黒・一白)の一つ。五黄の年と寅の年が重なるのは36年に1度。最近では生年が西暦1914年・1950年・1986年・2022年の人で、厳密にはおなかに入った時も寅年で生まれた時も寅年の人を指すようです

 

喜寿・米寿・白寿の呼び名の由来

<還暦祝いの先の主な長寿祝>

70歳を越えると、こんなにも祝ってもらえるようです。

  • 70歳→「古希(こき)」
  • 77歳→「喜寿(きじゅ)」
  • 80歳→「傘寿(さんじゅ)」
  • 88歳→「米寿(べいじゅ)」
  • 90歳→「卒寿(そつじゅ)」
  • 99歳→「白寿(はくじゅ)」
  • 100歳→「百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ)」

実はこれらの呼び名の漢字を分解すると、その年齢に関係する数字が出てくるしくみになっています。この言葉遊びのセンスに、わたしはとても惹かれるのです。

(出典:プレジデント 「米寿は88歳、では茶寿は何歳のお祝いか」)

 

「茶寿」は何歳のお祝い?

さて、それでは「茶寿」は何歳のお祝いなんでしょうか。実はわたしは「茶寿」は初めて聞きました。

くさかんむりを分解すると「十」が2つになり、残りは引っくり返った「八」に「十」、そして「八」。つまり「十足す十足す八十足す八は百八」で、答えは108歳のお祝いということです。

なんと、めんどくさい計算なんでしょう(笑) それにしても、よく考えたものです。

厚労省が2017年9月15日に発表したところによると、100歳以上の高齢者は全国に6万7824人。100歳以上の人数の調査が始まったのは1963年で、その時点ではわずか153人だったそうです。

1998年に1万人の大台を、そして2012年には100歳越えはなんと5万人を突破。17年は前年比で2132人の増加していて、6万7824人は過去最高です。

ちなみにわたしの親戚での一番の長生きした人は、おばあちゃんのお母さん。つまりひいおばあちゃんですね。99歳で亡くなったそうです。子どものころ、何度か会った記憶はありますが、顔は思い出せません。百円札をお小遣いにもらった記憶があります。

わたしは思っています。人生は長さじゃない。還暦から先は余生わたしは今日が人生最後の日だと覚悟を持って生きたいと、いつも自分に言い聞かせています。


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。