投資詐欺にご用心。「エビ養殖」と「南の島のホテル」。どちらも海関係?

投資話にご用心。こんな記事が目に止まったのは、つい最近、似たような話を聞いたばかりだったからだ。

 

エビとホテル

エビ養殖のもうけ話

1年で3000万円失った”エビ養殖”の儲け話

「絶対に損はさせません」で大損

(出典:プレジデント オンライン 1年で3000万円失った”エビ養殖”の儲け話)

この記事のあらましは次のとおり。

会社経営の54歳のA子さん。友だちに勧められて「海外でのエビの養殖事業」に投資することに。

株式投資の経験もあるA子さんは、「そんなうまい話があるはずない」と最初は疑っていたが、友だちに振り込まれる配当金を見て、だんだんその気に。そして10万円から始めた投資はいつの間にか3000万円になってしまった。

ある日、弁護士から手紙が届く。「自然災害により、養殖が困難に」という内容だった。3000万円はパア!

 

高級リゾートホテルへの投資

最近、わたしの友だちに持ちかけられたのは「高級リゾートホテル建設への投資」だ。

南の島のまだ開発余地のある島。そこに高級リゾートホテルを建設する。だから投資して儲けようという話のようだ。

調べてみると、腑に落ちないことがいくつも出てくる。もちろん、わたしの友人は投資などしないことにした。そして、話を持ちかけてきた友人とは、現在距離を置くようになった。

このホテル建設が詐欺かどうかは分からない。しかしエビ養殖詐欺の話と似ている点がいくつかあるのだ。

エビ養殖とホテル建設との共通点
友だちからの誘いである
•友だちには高配当率の配当金がすでに振り込まれている
•有名人の名前が出てくる
•パーティを開催している

そんなに、おいしい話が一般庶民に転がり込む?おいしいエビくらいは飛び込んでくることがあるかもしれないが、おいしいお金は舞いこんだりはしない。

怪しい話には近づかないに限る・・・とわたしは思う。くわばら、くわばら。

 

主な投資詐欺事件

主な投資詐欺事件は以下のとおり。マスコミをにぎわせたような大きな事件だけでもこんなにある。被害金額の単位は億だ。

(出典:同上)

被害者数を見ても、本当に驚く。こんなにも騙された人がいることに驚く。だけど、明日は我が身かもしれない。ようじん、ようじん。

 

FX投資詐欺

さて、この記事のもう一つの話はエビよりは身近なFX投資だ。最近では仮想通貨に押されて、人気にかげりがあるようだけど、またまだ現役らしい。

主人公は46歳女性 個人事業主さん。2000万円の老後資金を失う。

証券会社でも扱当時人気だった海外FXファンドへの投資セミナーに参加しました。10年で約3.5倍になるという高配当につられたものの「騙されてはいけない」と、まずは10万円を投資。金利が毎日積み立てられたことに安心し、追加出資を勧められるがまま、300万円を上乗せしました。さらに別のFXファンドにも投資。大手証券会社から独立したばかりだという30代半ばのファンドマネージャーに託しました。

(出典:同上)

FXの場合、詐欺というより、FX投資そのものがばくちに近いとわたしは理解している。さらに騙されるとなると、二重詐欺か?誰かに騙されなくても、FXで損をしている人は結構いるようだ。

じゃ、どうすればいいの?

数字に対して敏感になることだと思う。そのためには、たまには銀行の利率などを確認してみればいい。そうすると、たとえば利回りが5%を越えるという金融商品はかなりリスクのある投資をしないと得られない数字だと分かるはず。

それでも5%の利回りが確信できるというのなら、その根拠を調べること。

常に自分に問いかけることが大事。信頼のおける人にに相談することも大事。そのためには世間の流れをざっとでも知っておく必要もある。

そのくらい考えてから投資をすべきだと、わたしは思っている。こういう事件は自己責任もあると思う。

今の時代、一般庶民のお金が安全にどんどん増えることは、まずない。そう思っていれば、間違いはないと思うのだけど。


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。