物忘れ。忘れたことも、また忘れ。

「ものを忘れることは人として当然だわ」と開き直ってから、わたしは自分を嘆かなくなりました。

自分をバカ!バカ!って、責めなくなりました。

むしろ、ものを忘れたことを楽しんでいるフシさえある。そもそも毎日のことをそんなに記憶できるわけがないっしょ!

昨日の朝の8時に何をしていたかなんて、思い出せるわけが・・・いや、思い出した。昨日も確か、ブログを書いていたわ。

 

記憶の引き出しが開かない

記憶した記憶はどこへ行ってしまったの?

わたしのあの美しい記憶はどこ?

どこかにはしまってあるんです。

その記憶の引き出しが開かないだけ。歪んでいるのか、開きづらくて、開くのにとっても時間がかかる。

特に人名に関しては、引き出しの中が満タンということもあって、開きづらいです。生まれて60年も経ちますと、そりゃ、どれだけの人の名前が頭の中に入っているかわかりゃしません。

あれ、あの人、と指示代名詞やら代名詞ばかりが増えていきます。

しかし最近、「あれ」で通じることも、案外あるってことに気づきました。

年寄りの会話は「あれ」「それ」「そうそう!」でつながっていくものです。

引き出しが開きづらくなった分、テレパシー領域が発達しているのかもしれません。

そのうち、言葉にしなくても、話が通じる可能性もあるかもしれない。ただ、やはり気心のしれた人でないと無理でしょうね。

 

忘れたい記憶

忘れてしまいたいような記憶、ありませんか?

わたしには、たんまりとというほどではないにしても、結構あります。思い出すたび、

「ああ、もう忘れたい」とか「ごめんね」とか、ネガティブな感情が沸き起こってきます。

過ぎたことをどうこう言っても仕方のないこと。

でもなぜか、その領域の引き出しが、開きやすいというのも不思議なことです。

ステキな思い出よりも、恥ずかしいような思い出は自立している。勝手に出てくるんですから。

これを封じ込める手段はないのかしら。

 

どれだけの記憶量?

一体、わたしの頭の中にはどれだけの引き出しがあるんでしょうか。

先日は嫁との会話で

「えっ!お母さん、覚えてないんですか?」と驚かれ、

翌日には、それがなんの話だったか、全く思い出せず、嫁にLINEをして聞いたりする始末。

物忘れ。忘れたことも、また忘れ。

だけど、嫌な話でなかったことは確か。だって嫌な記憶は忘れないですから(笑)

情けない記憶力です。バランスの悪い記憶力です。

こんな記事を「プレジデントOnline」で見つけました。

毎日心地よく暮らす人の脳は危険な状態にある 

わたしは毎日、心地よく暮らしているつもりなので目にとまりました。わたしの脳は危険なの?だから忘れるの?

「毎日、心地よく暮らすことが理想だ」という人がいる。だが、脳科学者の茂木健一郎氏は「そうやってルーティンを繰り返し、決まった脳の回路ばかりを使っていると、脳だけでなく人生も固まってしまう」と指摘。

心地よく暮らしているだけでも、脳は満足しないみたい。

わたしは最近、ハラハラドキドキすることに恵まれているので大丈夫かも(笑)

なかなか興味深い記事でしたので、よかったらぜひ読んでみてくださいヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • 今日のお話、正にあるあるでした。
    特に忘れたい記憶の引き出しは開き易い
    って!そうなんです!!
    子供時代の我が儘から始まり若気の至り
    の不義理やら、何やらかにやら閉めても
    閉めても出て来るんですよね。
    彼岸に行ったらお詫び行脚から始めなく
    てはならないかも?
    (もうこの年齢になると、今生で謝る事
    も出来ない方も。)
    でも、この引き出しが開き易いのは
    ある意味、人間性の証しかも?
    なんて自分を慰めています。

    茂木先生のお話、面白く読みました。
    「足るを知る」の精神で生活したいと
    常々思っておりますが、幸いな事に政権
    とコロナが不安と怒りと心配を与えて続け
    てくれるので暫くは脳に刺激を与え続けら
    れそうです。
    ボーッとするのは得意ですし。

    • キャサリンさん

      おはようございます。
      慰められました。
      ごめんなさいの引き出しが開きやすいのは、
      人間性の証。
      うん、うん。そう思うことにします。

      コロナ、怖いですよね。
      今ひとつ、正体がわからないとところが怖い。
      人と人の間隔が広がっていますよね。
      もはや、誰がウイルスを保有しているのか、わからない状態。
      早く終息してほしいです。

      わたしもボーが得意です!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • こんにちは!
    今日はお墓参りに行ってきました。霊園につくまで1万歩近くくたばって、霊園近くのスーおパーで買った大好きな野沢食べてエネエルギーを入れねば、ベンチに座ってさあー(^O^)/食べよう、無いのです、レジは対面でなくスキャンして、お金を入れてください。おつりを取ってレシート取って忘れたのですね。霊園につくまでもいろいろあって、お墓参りに行ってなんですが、つくづくやになりました。
    「死にまで生きる」50歳で半身不随になった父が言ってた言葉を声に出して、そうだね。帰り道は誰のご配慮かスムーズにスムーズに帰れました。
    いろいろあります。

     

    • とことさん

      おはようございます。
      お疲れさまです!
      着くまでに一万歩は、歩きすぎ(笑)
      スーパーもいろいろなレジがあって、困惑することありますよね。
      つくづく嫌になる気分、わかります〜。

      帰り道の配慮は・・・きっと霊界ナビ。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。