7500万円タワマン。いったいどんな人たちが買ってるんだろう。

タワーマンションが流行っています。高い所に家を持つってどんな感じなのかしら。

 

駅は大混雑

先日、二子玉川で友人に会った時、武蔵小杉のタワーマンションの話題になりました。

友だちの友だちが武蔵小杉に住んでいるそうですが、朝に電車に乗るのが大変なことになってるというのです。急に住人が増えて駅の収容力が追いついていないというのです。

駅は近いが、ホームは遠い。かなりの混雑らしいです。駅に入れないって、どういう状態なでしょう。

そんなタワーマンションって、いったいどんな人たちが住んでいるのかしら。値段はいくらくらいするのかしら。興味をもったわたしです。

Dさん夫婦が、子どもが増えて賃貸マンションでは狭くなってきたので、東京湾岸部のタワーマンション(タワマン)を購入したいというご相談でした。その1室の価格は7500万円ほど。資金計画をたずねると、こつこつ貯めてきた貯金が夫婦あわせて1000万円強あり、これに住宅ローンで6500万円を借りて購入したいとの計画でした。

(出典:PRESIDENT Online 「7500万円タワマン買う共働き夫婦の末路」)

この記事で紹介されているDさん夫婦は、30代の共働き世帯。子どもは2人です。交通の便が良い家賃15万円の都心の賃貸マンション(広さは55平方メートル)に住んでいたけれど、手狭になったことから、東京湾岸のタワーマンションを購入しようと思ったようです。

Dさん夫婦の買ったマンションの特徴

  • 戸数は1000戸程度と大規模分譲
  • 東京湾から銀座方面を一望できる眺望
  • 最寄りの地下鉄の駅までは徒歩12分
  • 銀座や有楽町といった都心部までは5分程度

預金は1000万円。それを頭金としてローンの借入額は夫婦で合わせて6500万円。変動金利を使って期間を35年に設定すれば、毎月の返済額は16万円強、ボーナス時は60万円。年間返済額は280万円ほど。年収1000万円超の夫婦からすれば、十分に支払えるレベルです。

しかも住宅ローン減税制度の所得税控除分は年間で40万円となるので、減税が適用される最大10年については年間240万円と400万円のお得。

「僕も人生、住宅ローンに縛られるのはちょっとどうかなとは思っていますが、家族のためですし。それにローンを支払っていけば、いずれ家は自分のものになるわけでしょう。湾岸部のこの場所は、2020年の東京オリンピック以降も発展すると聞きました。欲しい人が増えて人気のエリアになれば、途中で物件を売って儲かるかもしれないじゃないですか。ま、それもありかなと思っているんです」(出典:同上)

35年も先のことを「まあ大丈夫だろう」という不確かな確信で、これからの人生で稼ぐおカネの大半(金利分を含めると9800万円!)を投じようとしているのです。

 

家、余ってない?

客観的に見ると、なんとも危ないなあというのが率直な感想。息子たちがこんなローン返済のプランをもってきたら、どう反応するだろう。共働きとはいえ、6500万円のローンって、怖くない?

わたしの町では現在のところ、新築物件の一戸建てが売れ残っていることはありません。空き家はあまりありません。しかし60代以上の夫婦世帯は多いのです。今から10年後にはどうなるのでしょうか。子どもたちが戻ってきて、親の家に住む可能性はあるのでしようか。

ますます家が余っていくことは、実感として予測できます。しかしわたしの町でも相変わらず新築物件は作られ続けています。そして、ワーマンションもどんどん作られる。そして若い人たちは多額のローンを背負う。

わたしたち世代はかつてバブルに浮かされて多額のローンを背負った経験を持っています。年をとって、完済できないローンから老後破綻につながってしまった人たちもいるのです。

タワーマンションの問題が目だってくることはないのでしょうか。Dさん夫婦の期待どおりに、タワーマンションは本当に資産価値を維持できるのかなあ。


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • りっつんさん、こんにちは。
    当方、カレンダーどおりの連休です。
    昨日は、雀よりも早く起きて、ひたち海浜公園のネモフィラを
    鑑賞して来ました。
    感想は、皆様同じでしょうから割愛。
    先程、散歩しながら考えたのが、まさに娘夫婦の家問題。
    死んだらローンがちゃらになる保険もあるけれど
    完済まで気の抜けないことは、私が経験済み。
    この家は、不動産評価も低いから、新しい家を購入してもらいたい。
    でも、景気は読めないし、国際情勢も不透明だし。
    ローン組んでも大丈夫?

    • となりまちさん。
      たぶん、家は余ってくるでしょうから、不動産価格は見通せないですよね。
      我が家の息子たちはいろいろ調べて、新築ではなく中古物件を購入しました。
      意外と掘り出し物があるかもしれませんよ。
      この家も買った時の値段の五分の一という恐ろしいことになってます。┐(´~`)┌

  • 40年以上前の話です。
    進学のため地方から上京する友人にご両親が、東急が分譲した
    700万円の7階建て2LDK新築マンションを買ってあげました。
    駅前のピカピカなオシャレなマンションでした。
    数年前そこを通ったら 目を疑いました!
    見る影もなく侘しく大きな古ぼけた建物。
    住民の同意が得られなくてリノベも難しかったのでしょう。
    小さくても古くてもいいから、地面を買いませんと。

    • チェルさん。
      わたしの友人は投資マンションで大失敗してます。
      バブルのころに買った投資マンションが負債になってしまって、
      夫婦でのいさかいの元になってしまいました。
      不動産でもうけようなんて、素人には無理ですよね。
      地面からあまり離れると、大地のパワーがもらえなくなねという説もあるそうですよ。
      ホントかどうか分かりませんが、わたしは地面密着が好きですね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。