アメリカ旅行記Vol.2

マンハッタンの有名ホテルでパンケーキ

2013年6月22日(土)、マンハッタンへ行ってきました。

ランチはガイドブックに載っていたホテルのパンケーキ。

一時間待ちというなかなかの人気ぶり。期待は高まる。座った途端に「オレンジジュース、どう?」と。9ドルなり。そして運ばれてきたパンケーキ。

想像を絶する大きさ

完全に負けました。胃袋に自信のある嫁も残しました。

私は半分も食べられませんでした。

大きいだけじゃなく、もちろん激甘

図体の大きなアメリカ人が、なにでできてるのか良くわかりました。

糖分です。

どれもこれもデロデロよ~

 

激甘・大容量のパンケーキに苦戦していると

店員さん
コーヒー、どう?

9ドルくらいだったかな。

しめて3人で150ドル。日本円にして15,000円なり。

すごい世界だわ。(-_-)

 

マンハッタンの発着電車はホームが決まっていません

 

駅で面白いことに遭遇。

なんと発車10分前まで、発着ホームが決まっていない

つまり毎度違うホームから出ていくってわけ。50数年間、日本でしか暮らしたことのなかった私には信じられないよ!私たちはどこへ行けばいいのかしらん?

うまく撮れていないんだけど、右のはしにホームが掲示される。嫁さまは前の電車のホームから、

たぶん、19ホームあたりかな」と予測。ドンピシャでした。

掲示されるや、みんなドドドッとホームに急ぎます。ちなみに、改札はありません。

電車の中で車掌さんが「切符を拝見」です。切符を買わないで乗っても、車内で買えて便利だね。満員電車ならできないことだ。なんか、のんびりしてるよねえ。

 

JALの機内に忘れ物したけど大丈夫でした

無事にほのぼのと暮らしているように見える私。でも、実は大変な思いをしていました。

メガネを飛行機の中に忘れていたのです(-_-)

暇なので2時間前から着陸準備をしたのがアダとなりました。だって本当にヒマだったのよ。何もすることがないから、降りる準備をいそいそと。だけど、そのあとのヒマがつぶせないから、またメガネを出したのよね。見えるようだわ~。

「あほぅ。あほぅ。あほぅ。」

アホウドリさんもびっくりの物忘れ。

すみません。

到着した翌日、メガネがないことに気づいて騒ぐ私。嫁さまがJALに問い合わせてくれました。すると、ちゃあんとALの手元にあって、Fedexで送ってもらうことになりました。

数日後、到着しました。宅配料金は3600円。ALの事務所から息子の家まで60キロほど。それが3日もかかる。時間の指定などもちろんできない。料金も高い。

日本のクロネコさんは、すごいです。

とっても丁寧に梱包してありました。

じゃん!

じゃじゃん!

じゃじゃじゃん!

こんな赤いメガネケース、

どうやったら置き去れるんでしょうか。

 

まあ、なにはともあれ、よかった!レンズを換えたばかりでしたので。

JALじゃなかったら・・・・一生の別れだったかもしれない。

と、JALを絶賛しております。

ああ、近い世界が美しく見える~

 

アメリカ!大丈夫だったり大丈夫じゃなかったり!

  • 大丈夫じゃない → パンケーキ。糖尿病待ったなし
  • 大丈夫 → 電車に乗る。発着ホームが分かるのはギリだけど、気合でOK。
  • 大丈夫 → 機内での忘れ物。JALちゃんありがと~!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。