「ウェスティンホテル仙台」の28階から見るふるさと。仙台土産のお菓子はこれだ!

仙台への一泊二日の小旅行をしてきました。 仙台はわたしの生まれ育ったふるさとです。

 

実家はあるにはあるけれど

わたしの実家は仙台駅から地下鉄で10分ほどの場所に、現在も存在しています。母親や妹はたぶん元気に生きていることと思います。母は妹の家族と同居しています。

父が亡くなって4年。父の死の数年前から実家との関係はイマイチでしたが、父の死でイマサンの関係になりました。

召喚されないかぎりは、実家に行くことはありませんです。あらら~。それでもこの町は、わたしのふるさとです。生まれた時からこの町で育ち、この町で教育を受け、この町で仕事をし、25歳まで過ごしました。

高校時代にふと思ったことがありました。なんか中途半端な町・・・。都会でもなく田舎でもない仙台。その印象はますます濃くなりました。仙台は「リトル東京」です。

わたしが仙台を出て35年。懐かしい場所も少なくなってしまいました。

 

ウェスティンホテルから見たふるさと

「ウェスティン仙台」は仙台では数少ないシティホテルの1つです。実は仙台という町には、ビジネスホテルはそれなりの数がありますが、シティホテルは少ないんです。

仙台に泊まるのは4年ぶりです。毎年、何らかの用で来ていましたが、日帰りばかりでしたので。駅から見たホテルです。真ん中のグレーのビルです。けっこう距離があります。

駅から歩くと10分くらいかかります。微妙な距離です。荷物が多い時にはタクシーのほうが無難な距離です。

今回の部屋は28階。このホテルはセキュリティがしっかりしているので、カードキーがないと客室階へのエレベーターには乗れません。こんなホテルは仙台では、ここだけかもしれませんね。

さてさて。夜の景色はこんな感じです。空が広いですね。このホテルより高い建物は見えないです。

ちらっと見えるAEONの看板。以前はダイエーだったはず。

 

朝焼けのふるさと

朝6時にカーテンを開けたら、こんな風景が広がっていました。

おおっ。こんな景色だったのね。どこで寝ても朝の6時には目が覚める、規則正しい婆でございます。たいそう寝心地の良いベッドで、穏やかに熟睡できました。さすがウェスティンです。

さわやかな朝。ほんのりと朝焼けです。

遠くに見える山々。あの山にも登りました!泉ヶ岳。わたしは高校時代に山登りしてたんです。山ガールだったんです。ほんの2年だけですが。懐かしい山々。スキーにも行きました。

あの不思議な白いものは何かというと、なんと観音様。

近くまで行って見たことはありませんが、存在感あるわ~ (@ ̄□ ̄@;)

いったい、どういう目的で作られたのかしら。

高い場所から、こうして景色を眺めていたら、少し胸が熱くなりました。セーラー服を着て、バスで通っていた中高時代を思い出しました。タイムスリップしてしまいました。

あの道を歩いていたなあ。重いカバンを持って。それから、それから・・・・。いろんなこと思い出しました。

わたしにもそんな時代があったんですね。つい最近のことのようです。もう40年以上も前のことなのに。ひぇ~!!

 

伊達政宗さん、発見!

町を歩いていたら、ふと視線を感じました。上のほうに馬にまたがる人が見える!仙台と言えば、この人です。

いらっしゃいました。伊達政宗さま。久しぶりです<(_ _)>りっつんです。

 

仙台みやげは玉澤の饅頭だ!

わたしが仙台で一番好きなお菓子は、玉澤総本店の「黒砂糖まんじゅう」です。

たぶん仙台以外では売っていないと思います。ムチムチした食感で、超おいしいんです。お店の人が「当日製造、当日販売厳守してます」と言ってました。日持ちは3日間!早く食べるべし!

うん。すぐ食べちゃうから大丈夫。1個100円ほど。これはおススメできるまんじゅうです。絶品です!

新幹線に乗ると言ったら1個オマケにもらいました。「乗ったら食べて」ということだったので、そうしました。うれしい~。

 

おススメの仙台土産 お菓子 ベスト5

せっかくなので、仙台駅でも買えるおススメのお菓子をちょっとご紹介。

  1. 玉澤 黒砂糖まんじゅう
  2. 福島 かんのや ゆべし→福島のお菓子ですが、これも超おススメアンコ入りゆべしです。新幹線の改札内の売店にあります。
  3. 白松のもなか →ゴマが特におススメ。これは知ってる人も多いですよね。
  4. 菓匠三全 萩の月→あまりにも有名。
  5. ふじや千舟 支倉焼

わたしは玉澤の回しモノではございません。あしからずんずん。無関係です。

とにかくこのまんじゅうは、うまいんです。このまんじゅうなら、わたしは一気に5個くらいはイケます。いま、日本で売られているまんじゅうの中で、たぶん一番好きです。

おいしいんじゃない!うまいんです。

日本中に空からばらまきたいほど、うまいんです。

1個オマケをもらったから言ってる・・・んじゃ・・・ない・・(笑) お礼です。お礼。

 

帰りはやまびこ号で

帰りの新幹線は「はやぶさ」ではなくて「やまびこ」にしました。「はやぶさ」は速すぎて、ジェットコースターみたいで、実はあの音と揺れがちょっと苦手なんです。

行きの「はやぶさ」で少し怪しげな気分になってしまいました(笑) 酔い気味ってことです。だから、20分余計に時間がかかっても「やまびこ」で帰ることにしました 。帰りはのんびりでOK。

停車駅は福島・郡山・宇都宮・大宮・上野・東京です。福島駅で山形から来る「つばさ」と連結されます。発車オーライヽ(^。^)ノ

「はやぶさ」は満席のことが多いのですが、「やまびこ」はガラガラ。自由席でも問題ありません。大宮までは1時間半。それでも十分近い距離です。

ちなみに「はやぶさ」は全席指定なので、料金も少し高いです。

わたしは2時間以内の新幹線ではグリーン車は使いません。2時間を超える時のグリーン車の効果は絶大ですが、1時間レベルではあまり効果を感じないんです。

今回、実家を素通りしているということに若干の後ろめたさを感じて、「電話をしてみようか」と何度か思いました。せっかく仙台に来たのだから、母親の顔くらい見るべきではないかと。

しかし、昨年の母の言葉が重く心にのしかかって、ついに電話をかけられず。「今はその時ではない!」と、自分に言い聞かせました。やめました。

今回はいろんな思いが心をよぎる仙台行きでしたが、温かさが心に残る旅になりました。わざわざ用事を作ってくれた友人に感謝です。

本当にありがとう。ヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • こんにちは(^^)いつも、りっつんさんのブログ 楽しみにみています。
    面白いし、文章、上手だし お料理も参考にさせて頂いてます。
    お子さん達とも仲が良いし♪ 性格あっさりしてて。(すみません)
    ふるさとやお母様のこと。胸が痛みますね。一生懸命してても人生、思うよういきませんね。

    「マヌカハニー」りっつんさんのブログ、見て買いました。最初、本当かなあって思ったのですが。
    なんか歯茎の状態が凄く良いんですよ。歯医者には3か月に一度、メンテナンスに行ってるのですが。
    ことしの夏、初めて 調子が悪く、良くなったのですが。これからのことを思うと不安になりました。
    ありがとうございます(^^)

    • RIEさん。こんにしは!コメントをありがとうございます。
      人生、まったく思うようにはいきませんです(笑)しかたないです。
      歯茎の状態かよくなったとのこと、よかったですね。
      わたしは今日はくちびるの乾燥がはなはだしいので、
      くちびるにべっとりとマヌカを塗ってみました。
      一時間後にはしっとりしたくちびるになりましたよ。
      つい舐めたくなりますが、ガマン、ガマン。
      乾燥くちびるにも、効きますよヽ(^。^)ノ

  • REIさんとまったく同じ内容のコメントをしようと思ってました。
    さっきまで、マヌカハニーの公式を眺めていて、いまこのブログを
    読んで、REIさんのコメントを見てびっくり。
    世の中には、自分と同じような思いの人はたくさんいるんですね。

    このブログは、本当に盛りだくさんで参考にさせていただくことが
    多くて楽しみになりました。
    これからも、いろいろ教えて下さいね。

    • となりまちさん。
      マヌカハニーは本当に頼りなりますよ。
      わたしは、何よりかにより、まずマヌカ。
      最近は息子たち若者もその効果を認めつつあります。
      ぜひお試しください。ヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。