浜松町が激変中。あの道路はどこへつながるの?

ちょいと用事があって浜松町。この町には時々お邪魔しています。この町はこの10年で大きな変貌を遂げています。

浜松町の北口を降りて劇団四季の劇場に通い始めた20年前には、こんな町ではなかったと記憶してます。海に向かって歩いていくと、あちこちから聞こえる工事の音。現在、劇団四季の劇場は取り壊された状態です。向かい側にあったビル群も壊され中です。

ここ数年、開発がスピードアップしているように見えます。とにかく、どんどんビルが壊されています。たぶん、ものすご~く近代的な町に変貌するのでしょう。

四季劇場[春][秋]は、劇場がある竹芝エリア再開発事業にともない、2017年6月をもって一時閉館しました。劇場の再開は2020年を予定しています。

(出典:劇団四季公式HP)

駅前には大きなビルが2つもドドーンと建ちました。と、言ってももう10年くらい前にはなるかな。

現在、人が歩いている2階部分が駅方向に延長されているのです。が・・・。まだ建設途中。

浜松町駅の真ん中あたりに着くようになるのかしら。木々の先は芝離宮恩賜庭園。

海、竹芝方面に続く道路の上には、こんな道路建設中。

高速道路の線?なんだか、上へ上への道路群。

さて、この日の昼食は「串亭」で。汐留ビルディングの中にあります。隣のテーブルに座っていた8人組さん。2人は外国の方のようでしたが、全員が英語でペラペラ会話。そういう場所なんですね~。なんだか異国に迷い込んだ気分でした。

「串亭」は関東中心の串カツやさん。関東串カツはお上品をモットーとしているとのこと。関西にはこの店は展開していないみたい。勝ち目ないでしょうからね。

壁のお品書き「子持ちこんにゃく」が気になりました。こんにゃくも子を持つのか?夜じゃないと食べられないようなので、いつか食べてみようと思います。

串カツは新大阪の新幹線改札内の「だるま」が好き。大急ぎでアツアツの串カツを口に放り込んで、新幹線に乗る。あれが好き。あの「ちょっと食べ」が好きなんです。しばらく食していないのは、串カツ仲間と関西に行かなくなったからですね。また、行きたいなあ~ヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。