結城の『カフェ・ラ・ファミーユ』は、いばらきのプロバンス。

恋するレクサス花子53歳とドライブ。ルンルン花子と向かった先は茨城県の結城市だ。話題のカフェがあるというので、埼玉を越え、茨城を抜け、栃木をかすって、ふたたび茨城という、片道2時間ほどの道のりだ。

車内での話題は恋バナ。うひひのひ。

 

咲き誇る、恋の花!

いくつになっても恋はできるということを証明してみせたレクサス花子。いいぞ~。知り合って1か月のお相手は57歳。「ただのおやじ」とレクサス花子はルンルン声で言うが、写真を見るとどうして、どうして。なかなかのシャレ者だ。短縮名称ただおはただのおやじには見えにゃ~い。

わたしがただおを褒めると「いや~ん」と、わたしをたたいたりする。おいおい、ハンドルから手を離すなって!(◎_◎;)

ただおは10年ほど前に妻を亡くしている男やもめさん。レクサス花子は20年前に離婚している。

2人は1か月前は真っ赤な他人だったのだよ。運命的出会いである。今でもまだ他人だけど、ただおの実家に紹介され歓迎され、あっという間に嫁待遇。実にジェットコースター的展開だ。急速展開を見せているのは、お互い、命に限りがあることを知っているからだろうか。

この件について語り出すとと、なが~くなりそうなので、後日改めてレポート化しようと思う。お楽しみにんにんにん!

 

ここはどこ?

レクサス花子が今回連れて行ってくれたのは、いばらき県結城市。結城紬の里だ。もちろん、わたしは行ったことはないし、結城紬も持ってはいない。茨城県をわざわざひらがな表記するのは、「いばら」と読ませたくないからだ。

「いばら」です。ちなみに釣りバカの伝助の苗字は「はまさき」です。はまざきじゃない!

り「この道って、国道?」

花「わかんない。トラック街道だと思う」

※通常ではわたしの語りをピンクにしているが、今日は恋する花子に譲る。

大きなトラックに挟まれながら、黒いレクサスは走る。道路の名前なんか、分からなくても、ナビがあればどこでも行けちゃう。ところで、レクサス花子の車には生声ナビは装備されていない。節約のために、外したらしい。

※生声ナビ・・・正式名称は知らない。車の中から「〇〇に行きたいんだけど」と言うと、調べてナビにインプットしてくれる。とある知り合いの車に装備されていて、その存在を知った。とっても面白かった。レクサスは標準装備らしい

さて「生声ナビなんかなくたって、着ける!」と、思ったら、それは甘い。車に搭載されているナビは古い。細かい田舎道は当てにはならない。iPhoneのナビのほうがはるかに優秀だ。

途中からはiPhoneのナビに導かれ、どんどん狭い道に迷い込んでいく平均年齢56.5歳の2人。

 

着いた先は、おフランス?

畑の中に突然現れた建物群。こんな小さな家がいくつか建っている。全体像を写すのは無理。木立の中に隠れるように建っている。思わずフランスの片田舎に迷い込んだような錯覚にとらわれる。

※フランスの片田舎は画像でしか知らない。

   

 

ランチはガレット

フランス風家庭料理がこの店で食べられるもの。ランチとしてガレットのセットを選ぶ。1600円だった。

まずはビシソワーズのスープ。器は笠間焼だそうで。

ハムとトマトと卵のガレット。これはおいしい!ガレットのカリカリあんばいがサイコーだ。

デザートはヨーグルトのムース。

 

次はいつ来る?

いばらきの田舎町にあるとはいえ、このセンスはただものではない。店員さんから「遠くからですか?」と話しかけられたのをきっかけに、会話が弾んだ。

「んだよ。あたしらは埼玉県民」

美男若店員の話

この店は15年前にできました。

建物を増やしてきました。

最近SNSによって認知が広まり、遠方からの客が増えました。

予約したほうが確実です。

ゆっくりくつろいでいってくださいね(微笑み)

なるほどねえ。現代はSNSによって多少遠くても、いい店があれば、人は呼べる。時代がどんどん新しい方向に向かっていることを感じるね。

どんな場所にでも商売の可能性はあるってことだ。

レクサス花子とガレットを食べながらの会話は「次はいつ来る?」

食べてる時は恋の話にならないのが、不思議。食べる時には食べることに専念する2人組。

 

庭を散策

お茶の途中で、庭に出て散策することができる。

窓越しに庭を眺めていたら、歩きたくなる。この日は本当にいい天気だった。

奥に見えるのがわしたちが食べていたレストランだ。

     

敷地内には雑貨店もある。

 

お土産は焼き菓子

レジの場所で見つけた焼き菓子。1個130円。お土産に買っていこう!

サクサクしていて、なぜか上に塩が乗っていておいしかった。「添加物とか入ってないので、早く食べてくださいね」とのこと。

実に楽しい一日でした。お近くの方、機会があったら、ぜひお尋ねください!ヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。