丸の内仲通りでティータイム。東京の空を切り取ってみた。

天気に恵まれたこの日。ダシと靴下を買いに東京駅まで出かけてきました。

 

ランチは盛岡冷麺だ!

銀座にある『ぴょんぴょん舎』は盛岡冷麺のお店です。気温が上がってくるとむしょうに食べたくなります。4月とは思えない暑さに「ここしかない!」と思いました。

ちょうどこの日までサイドメニューのビュッフェをやっていたので、冷麺&ビュッフェを注文してみました。ビュッフェは各種ナムルやチャプチェやチヂミなど、野菜料理が食べ放題。久しぶりのビュッフェです。

野菜のビュッフェなら、食べられそうです。チヂミがおいしくて、珍しく2回もビュッフェカウンターに出向きました。ほんとにおいしかった。いつぞやこの店の春メニューで食べた桜エビのチヂミは絶品でしたよ。

冷麺です!ひゃっほ~。

辛味のキムチは「別辛で」と、注文します。最初はキムチなしで食べる。少しずつ味を変えながら食べるのが、通なです。いやいや、わたしはお子ちゃまでただ辛味が苦手なだけでした。のどが刺激されて咳が出てしまうんです。(´・ω・`) だから用心深く食べるんです。

この店は昼時はいつでも混んでます。なので「行くぞ」と決めた日は11時半ころには着くようにしていますが、この日は思いつきで行ったため、12時を回ってしまいました。

なので、15分ほど「たばこ部屋」の前で椅子に座って待ちました。この「たばこ部屋」がまたかわいいんですよ。店のインテリアのコンセプトは宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」。とてもすてきなインテリアのお店なんです。

 

丸の内散歩エリア

さて、盛岡冷麺を食べて、銀座から丸の内仲通り方面に入ってきました。ウインドゥショッピングを楽しみながら、丸の内仲通りに着くと・・・

仲通りはこんなことになってました。ホコ天です!!

これはもうコーヒータイムは外に決まりだね。

「AOKIでマカロン、買ってこよう。」

「マカロン、くださ~い」

お店の人「お持ち歩きの時間はどれくらいですか?」

「そこで食べるから、お持ち歩き時間は、ゼロ」

はあ?(*‘∀‘)

あら、そういう人はいないのかしら。チョーおススメだと思うけど。

「ここにしよ。ここ、ここ!一度座ってみたかったの。」

「トラックの珈琲屋さんがいるね。コーヒー買ってこよ。」

うる星やつらとコラボしている鎌倉珈琲さん。400万円。

AOKIのマカロンは1個300万円。フランボワーズとピスタチオ。この味が一番好き。

ビルの谷間から見える青空好き!サイコーだーーーーー。

 

東京の空

東京の空は狭いです。時々ビルを見上げて、空を確認すると、安心します。「あった!」

「東京にも空はある!」

あたり前だけど、ビルの中にばかりいると、案外見落としがち。空を見よう!上を見上げよう!

東京駅から丸の内側から有楽町方向に向かって歩くだけ。丸の内界隈はのんびりと東京を味わうことのできるエリアです。新緑も紅葉も冬のイルミネーションも、大人の時間で楽しむことができるエリアです。ヽ(^。^)ノ散歩にどうぞ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。