お台場のガンダム立像が撤去されるという。さよなら、ガンちゃん。

ガンダム立像がついに撤去されるというニュースを見ました。立像って・・・・仏像みたい。ガンダムについてはなんとしても書いておかなければならぬ。さよなら・・・ガンちゃん・・・涙。

 

わたしとガンダム

 

泣くほどガンダムが好きなのか? ノン!

ガンダムのアニメを観ていたのか? ノン!

ガンダム物語の内容を知っているのか? ノン!

つまり、わたしの人生にとっては、あんまり関係があるとは言えないロボットなんです。

でもね、わたしはガンダム立像をこの目で見たのだ。<(`^´)>

 

2009年7月。お台場にガンダム出現

 

わたしはSF小説が好きです。なので未来都市には興味がある。実物のロボットとはどんなもんか、この目で見ておきたかったのです。たぶん生きているうちに本物のロボットにはお目にかかれないだろうから。

わくわくしながら、お台場の潮風公園に向かったあの日。汗をぬぐいながら急ぐ。とにかく暑い午後だった。

公園に入って最初に見えたのは後ろ姿。「きゃー!ガンダムだ!」ガンちゃんは飛行機をじっと見つめているようだった。

東大寺の大仏様が大好きなわたし。大仏様は座高が15メートル。15メートルの座高から推測される身長は28メートルくらいらしい。

ガンダムは身長が18メートル大仏様よりは小物なのね。

それでもおっきいわ~。踏まれたらひとたまりもない。気を付けよう。ロボットが戦う日は本当に来るのだろうか。空想で終わってほしいものだ。

 

かっこいいわ~。しかしあくまで立ってるだけ。ドスン、ドスンと歩かせるまでの技術はまだまだ先のようだ。

 

空に向かってそそり立つガンちゃん。凛々しいわ~。これを飛べる状態にするのはまだまだまだ先のことだろう

拝観料は無料。そのせいもあってか人が多かった。頭が動くと「おお~!」っというどよめきが起こり、現場はかなりの興奮に包まれていた。お土産売り場に人々は列をなしていました。

昼のガンちゃんを見たら「夜のガンちゃんも見てみたい」ということになり・・・夜を待つことに。

暮れゆくお台場。いい感じですね。こんな景色の見えるレストランで飲みながら、完全に夜になるのを待つ。

並ぶ屋形船。あの中ではどんな宴会が繰り広げられているのかしら。わたしは乗ったことがないけれど、水上バイクで売りに来るというアイスだけは食べてみたい。屋形船に横づけして売ってくれるらしい。

 

夜のガンダム

 

夏の夜、海のかほり、ガンダム立像。ああ、青春のか・ほ・り。

暗闇に立つガンちゃん。やっぱり露出が足りないね。カメラの光が足りないってことですよね。最近、撮影技術を勉強中なので、気になるんです。きれいに映したい。

 

闇夜に光るガンちゃん。ガンちゃんは何もしないが、時々光る。そして白い煙に包まれる。そしてそのたびに起こる、ど・よ・め・き

歓声じゃないのよ、どよめき。「おおおおお~」地の底から沸き起こるような声、声、声。あの声は忘れられない。

 

そして2年後のガンダム

 

ある日、お台場に行ったところ、ガンちゃんはこんな姿になっていた。

バラかされたガンちゃんは、有料だった。お金がないと見られなかった!覗こうと思っても、現場の周辺からは見えないようになっていた。

拝観料はいくらだったか、忘れてしまったけれど安くはなかったと思う。帰ろうかと思ったところ、たまたま隣にいた人が大金を払ってくれるということになり、中に入ることができました。

 

あ・・・あ。こんな姿になっちゃって。バラバラガンちゃんも、なかなかの人気者。

バラかされて分かることもあるらしく、みなさん素材なんかをじっくり観察

赤い部分がトサカに見えなくもない。モデルは鶏?

マニアさんたちは細かい部分を撮影中。わたしはマニアさんたちを観察。右側のおじさんとか、うれしそうですね。もちろんまったく無関係な方です。あしからずんずん。

 

わたしはこのガンちゃんがよかったと思う。ヤカン持ちのガンちゃん。

新幹線の中から静岡駅に立っていたガンちゃんを見かけたこともあった。何度もガンちゃんに会った。いよいよ撤退されるガンちゃん。たくさん働いたね。

2009年、わたしは52歳だった。リバースすると25歳。今日はガンちゃんのおかげで、25歳当時の楽しかった事を思い出すことができました。

ありがとう、ガンちゃん。

いつまでもみんなの心の中に生きているよ。

 

みんなの心を集めて・・・

 

 

は心を持ったんだよ。心を!

 

 

いつかきっと、自分の力で歩いたり飛んだりするに違いない。

 

 

がんばれ、ガンちゃん!

 

 

ばば猫

アホ。それから言っとくけど、ばば猫って呼ばないで!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。