ソラマチにて頭の中で「コツン」と音がした。あっ!落ち込みが底を打ったかな。

ここんところ、いまいち、元気がありませんでした。

気温の上下のせいでしょうか。16歳の猫との暮らしに飽きがきているせいでしょうか。

原因有明の時も、原因不明の時もございます。さて、原因はさておき、そういう時にわたしはどうするか。

落ちる所まで落ちる。そして浮上する時を待つ。実際に膝を抱えはしなくても、そんなイメージで、じっと耐える。歯を食いしばる。それしかない・・・です。

しかし、本日、ある場所にて「こつん」と音がしました。ヽ(^。^)ノ

底を打ったなと直感しました。今回の落ち込みは底を打ったようでした。

 

ソラマチにて

 

スカイツリーが開業して5年になるそうです。早いものです。いつできるのかしらと思っていた日が懐かしいです。

本日はスカイツリーの根元にある『ソラマチ』まで、友人のカルメンに逢いに行ってきました。

写真は『ソラマチ』の31階の「銀座アスター」からの眺めです。ここでレディス・ランチとやらを食べました。

メインデッシュの酢豚です。サラダ、おかゆ、点心などがついていました。

デザートは杏仁豆腐とイチゴのムース。イチゴのムースは小粒ながら濃厚な味で、おいしかった。

さて、テーブルには、こんなお知らせが。

ここからなら、ばっちりですね。贅沢な眺めが楽しめそうですね。

花火は河原でうちわでパタパタやりながら見るのが粋だとは思いますが、こういう所からも見てみたいなあ。涼しい中で、トイレの心配もせずにみる花火(笑)

隅田川です。左に見える桜橋のあたりが花火の打ち上げ地点。ここならよく見えるでしょう。

お店の方が、こんな地図を貸してくださいました。

 

ソラミ坂

 

さて、おなかもいっぱいだし、ソラミ坂に出ようか。

するとカルメンが・・・

「そらみたことか?!」

これこそがカルメンでございます。どうすると、そんな音に聞こえるでございましょう(笑)

ここがソラミ坂です。ここを登っていたところ、頭の中で「コツン」という音。落ち込みが底を打った音だと思いました。あとは浮上するのを待つだけです。

どど~ん。やっぱり大きい。ここで深呼吸したら、本当に気が晴れました。大きい物には不思議な力がありますね。

わたしは、スカイツリーはここから眺めるのが好きです。

スカイツリーを見ながら、外の風に吹かれながらのコーヒータイム。

わたしはスカイツリーに登ったことはありません。こうして、下から「すごいわ~」と言って眺めているだけです。

ショッピングモール『ソラマチ』の品ぞろえは、若い人に向けて置かれている物が多いです。特に洋服はわたしにはちょっと・・・です。でも、何かあるはずと、無理やり探して見つけたのが、こちら。

ちょっと見ただけではウサギには見えまいて。えっ?ウサギに見えちゃう?

とても質感がよかったんです。夏物は特に質感が大事。とてもいい手触りで厚さも好みだったんです。

カルメンが「似合うとは言いがたいが、おかしくはない」と言ってくれたので、買うことにしました。

カルメンも豆の柄のTシャツを購入。

わたしがこのTシャツを試着していたら、カルメンが「これはどう?」と豆の柄を持ってきてくれました。

「わたしより、カルメンが着てみたら」と言ったら、「そうね」と。

そして、そのまま試着室に入ってきたカルメン。(@ ̄□ ̄@;)!!

「おいおい。わたしはまだ着替えていないよ」

「2人でも入れるわよ」

初めての体験でした(笑)

わたしもびっくりしたけど、店員さんも「大丈夫ですか?」って笑ってる。

するとカルメンは「大丈夫よ。変なことはしないわ」とまったく動じない。ステキです。

こんなお客さん、そうはいないでしょう。店員さんもいろいろ出してきてくれて、楽しいショッピングとなりました。

このお店「アトリエ ドゥ サボン」という店名だそうで、

「わたしはアトリエって覚えるから、りっつんはサボンだけ覚えて」ってカルメンが言ったので、なんだか覚えてしまいました。

若い人向けの店だけど、たまにはこんなお店も楽しい。いつもはまじめな服しか着てないからね(笑)

食べたり買ったりで、ガラガラポンくじ引きが2回できることになり、挑みましたが、結果はこんなもんです。ティッシュ2つでした。

ピンハッジは銀座アスターでいただきました。

楽しい1日でした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


3 件のコメント

  • 生真面目なカルメンです。

    訂正箇所あります。
    「似合うとは言い難いが…。」のくだりで
    ございますが、正確には
    「とても 似合うとは言い難いが…。」
    で、ございます。
    悪しからず。

    アトリエ ・ドゥ ・サボン
    お陰様で、珍しくインプットいたしました。
    ありがと

    • カルメンさん。わざわざの訂正まで、ありがとうございます。
      すごく似合うとは言えないTシャツですが、まあまあ似合うと、カルメンの言葉から判断。
      孫には受けるんじゃないかと思っております。
      いいじゃんね。還暦ウサギだって。(╹◡╹)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。