山下達郎コンサート2018 チケットゲット。「顔写真つきの身分証確認せよ」メール着信!

達郎さまのコンサートが近づいて参りました。

 

座席確定

発券可能ということになりまして、ファミマまで発券に出かけました。マジ専務とともに。

りつばあ

良き席が当たったれば、高級珈琲を飲もうぜよ

まじ専務

向かい側に見える星乃珈琲じゃな

ドキドキするわねえ。まさか最前列が当たったりして~と、婆の期待は高まる。

まじ専務

どこでもええんじゃ。顔を見たいわけではないから

りつばあ

顔のことを強く言うな。歌手は声が命なんじゃから

実は最前列なんて、たいして良いわけでもない。見え過ぎちゃって、舞台に意識が集中できなし、第一、音が悪い。音が良いのは、たいがい会場の真ん中あたりだ。

今回の達郎さまのコンサートは日曜日なので、当たっただけでもバンザイなのだし。贅沢は言わないことにしよう。

と、自分に言い聞かせる。でも、やっぱり前がいいなあ(笑)

 

発券手続き

最近は発券も実に簡単。コンビニが何でもやってくれる。本当にコンビニをここまで進化させた人たちを尊敬する。コンビニは町の拠点だ。

ファミマの機械でちょちょいのちょい。メールで受け取った13桁の数字を打ち込むだけです。そばでマジ専務が「2、2、5、6・・・」と大きな声でフォローしながら、1万円札を握りしめている。なんで、ここで札を握ってるんだ?ここではお金は入れないよ。

りつばあ

金はもう払ってある

カード決済ですでに代金は支払い済み。このチケットが当たったのは8月。即時カード決済で、すでに9月にはわたしの口座から現金が落ちている。2枚分、支払い済み。

と、なると、このチケットと引き換えにほぼ1万円(正確には9648円)が臨時収入ということになるんですね、わたし的には。ウヒヒ。

りつばあ

もう1枚、発券するポン

おとといの晩、実はこの1万円を当て込んで買ったあっきーのチケットがあるのです。ウヒヒ。

 

レジで発券

発券されるなり、座席を確認しました。

りつばあ

星乃珈琲は遠いなあ

2階席でしたが、センター寄りなのでまあまあ。前々回よりはぐっとマシだけど・・・。

いいんだ。わたしはこんな場面では「運」は使わない!

と、言い聞かせる。

良席というほどでもないので、星乃の450円の珈琲はやめました。歩いて5分ほどのドトールへ。250円の珈琲をすすりながら、チケットと代金の交換の儀式をいたしました。

 

メール着信

 

チケットの発券が可能になるのと、ほぼ同時にケータイにメールが着信しました。

念押しメール
[e+山下達郎]公演日2週間前です!

今回有効な顔写真付き身分証明書を必ずご用意ください。

同行者も必要です。

思わず緊張が走りました。わたしの証明書はパスボードだけ。有効期限を確認しました。2週間あれば用意できるという主催者側の優しさ。そして念の入れよう。よし!わたしのパスポートはまだ使える。

でもねえ、たかだかコンサートに行くのに、出国手続きと同じ身分証明が必要なんてねえ。こんな時代なのだなあと、感慨深いです。何とかならないものかなあ~。

でも、まあ、あとは、クラッカーを鳴らす練習をするだけ。

鳴らすぞ~!パン!パン!

2年ぶりのタツローライブに、りっつん、盛り上がってきました~!ヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • りっつんさん、今晩は。
    11月に予定している男性演歌歌手のコンサートチケットは、S席ですが
    1階の最後列の端っこ。瞬間、行きたくなくなりました。ファンクラブ
    優先なんでしょうね。お芝居じゃないから、眠ることはないと思いますが。

    • となりまちさん

      同じS席なのに、差が大きすぎますよね。
      最前列と最後列が同じ値段なんて許せませんよね。ヽ(`Д´)ノプンプン
      とたんに行く気が失せるのが分かります。
      でも、歌が聞ければいいんです。
      目をつぶれば、前でも後ろでも同じ・・・って、やっぱり顔が見たいよね(笑)

    • となりまちさん

      進んでますねえ。
      チケットレスですね。発券手数料の節約になりますよね。ヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。