新しいイヤホンで達郎さんを聞く。あまりの音の良さに、耳から抜けなくなる予感。

あまりの感動に、書かずにいられません!

まだ、朝ごはんも食べてないけど、書かずにはいられません。

なにに感動しているのかといえば「イヤホン」でございます。

音がよいのです。涙が出るほど、音がいいのです!涙が出るんですよ、涙が!(笑)

今、わたしは音楽と一体化しています。わたしだけの世界の中に浸っております。

 

イヤホン、きた

昨日、新しいイヤホンが落ちてきました。

新しいイヤホンは、今まで聞いていた音楽はなんだったのだかというくらい、音の再現力が素晴らしい。

  • 低音域がしっかり響く。
  • しかし低音域が重すぎることはない。
  • ストリンクズがクリアに聞こえる。
  • 高音域がキンキンしない。
  • 音の揺れがない。
  • 達郎しゃんの声はいつもステキ

あまりに違う!

先日、わたしに間違ってゴミに捨てられてしまったイヤホンは、実は劣化していたのかもしれないと思いました。

ウォークマンが泣いている。耳を探して泣いている。

2019年5月16日

捨てられたイヤホンは5年くらい使っていましたから。

初代イヤホンは1万円を超える高価なものでしたが、わりと短命で、2年ほどで片方から音が出なくなってしまいました。

2代目イヤホンは初代イヤホンの半分くらいの値段だったでしょうか。手元になくなった今、どこのメーカーだったのかもわかりませんが、実によく働いてくれました。

きっと2代目イヤホンは自主引退してくれたんですね。お世話になりました。

今、3代目イヤホンは、わたしの耳にピタリと収まって、密着して「愛」をささやいています。

達郎さんの『FOR YOU』と言うアルバムを聞いていますが「愛」を感じます。

達郎さんの「愛」は大きな「愛」のほうです。個人的狭義の「愛」ではありません。

えっ?分かってるって?

ああ、ぴったりハマってる・・・・。ああ・・・いいわ〜(笑)

技術は日々進化していることも実感させられます。

 

ゴジラの元に行け

昨日、そんな声がしたので、飛んでいきました。

すると・・・・あれれのれ。

ん?なんだろ。

ありがとう!ゴジラくん。

こうして、ゴジラから投げつけられたイヤホンです。

なあんて、ばかな話があるわけはございませんね。おほほのほ。

なんのことはない。有楽町「ビックカメラ」にて、購入しました。

「ビックカメラ」は品数が豊富。何よりじっくり視聴できる雰囲気が好きです。イヤホンはいつもここで購入することになっています。

店内で自分のウォークマンをつないで、幾つでも試し聞きができます。もちろん、デザインも大変に大事なので、吟味に吟味を重ねた結果、こちらに決定です。

どうです。キンキンキラキラです。

「ピンクにしないの?」とゴジラ方向から声がしたけれど、今回はゴールドに。

るんるんるん。るんるんるん。

 

シアターライブ鑑賞

さて、昨日は、買い物を済ませたあと、観たかった映画を観ました。

「山下達郎 シアターライブ」

2週間の限定上映で、わたしはどうしてもスケジュールが合わず、観ることを諦めていました。ところが、上映が延長されたため、思いがけず観る機会に恵まれることになりました。

達郎さんの30年前のライブ映像から、2012年のライブ映像から、実際のライブのような構成の映画でした。

「希望と言う名の光」の曲の間での達郎さんの話を聞いて、思わずグッときてしまいました。

「自分のできることをやり続ける」

わたしも、そう思いながら、毎日を過ごしていこうと思います。

達郎さんのコンサートツアー「PERFORMANCE 2019」がまもなく始まります。

毎年、チケット取りには、すったもんだしております。

「山下達郎コンサート2018」エントリー完了。で、わたしを証明するモノ。

2018年7月29日

山下達郎コンサート2018。「チケットをゲットした」というメールに嫉妬する。

2018年5月14日

『山下達郎 コンサート 2018 大宮』行ったぞ!聞いたぞ!鳴らしたぞ!

2018年10月22日

ああ、それにしてもいい音。

もう、外界の音は、なあんにも聞こえな〜いよっヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。