ガガさま主演の映画「アリー」を観てたら、鼻が痛くなってしまった┐(´~`)┌

傘の使い方を忘れるほど、雨が降っていない関東地方です。そろそろ降ってほしいなあ。

昨日からは、とうとうが痛くなってしまいました。

鼻が痛くなったきっかけは映画。

観た映画は「アリー・スター誕生」。レディ・ガガさまが主演の話題の映画です。

劇場内の乾燥がハンパなくて、途中から息を吸うのも辛いほど、鼻の中がヒリヒリ。なんであんなに室温上げるのよっ(*`へ´*)

帰宅して吸入器で湿気を与えましたが、その時だけの効果で、すぐに痛くなってしまう。不快です。

ガガさまのせいだ・・・・・!

で、ガガさまの映画がどうだったかというと・・・

「ボヘミアンラプソディ」を観たあとだけに、どうにもこうにも、霞んでしまうんですよ。ふれでぃが恋しいよ。

そもそも「アリー」はフィクション。ストーリーのある「映画」だということを、途中から思い知らされました(笑)

才能を見出された歌手アリーの成功の物語&愛の物語。

だけど、ガガさまの個性が強ずきて、どうしてもアリーには見えない。どう見ても、ガガさまにしか見えないのよ。

アリーは新人なのに抜群の歌唱力。当然だよね。だってガガさまなんだもん。

ストーリーもどこにでもあるような凡庸な物語。なが〜く感じました。ガガさまだって、ストーリーをねじ曲げることは不可能だわ。

もっとガガさまの歌を聞きたかった。ガガさまに「役」を当てるのは無理だと思う。個性があまりに強すぎるもんね。もう少し色が薄くないと無理だ。

途中、Whitney Houstonを思い出しちゃいました。パワーのある歌声が似てるよ。

ガガさまの歌は心を揺さぶる。とは、思うけど「ボヘミアン」の後だけに比べられてちょっと残念だったかも。

「魂の底まで下りていかないと、人を感動させる歌はできない」

そんな言葉が記憶に残った映画でした。

どうでもいから、わたしの鼻の中にあった水分を返して!!

で、ついでに言うけど、

あんまり言いたくないけど、

早々と、なんか、飛び始めてるよっ!┐(´~`)┌


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。