昔好きだった人たちの歌を聴く、土曜日の朝。

おはようございます。

今日も埼玉は暖かい朝です。

 

暖冬

今季はまだ外のバケツに氷が張ったのを見ていません。そういえば、霜柱も見ていません。

暖かいので、生活するのには楽です。朝に起きられないということがありません。

地球温暖化と叫ばれて久しいですが、わたしにはどこまでが「わたしたちのせい」で、どこからが「地球の事情」なのかわかりません。

いずれにしても地球規模で変化していることだけは実感できます。毎年、前年とは違う冬や夏が巡ってきます。

2年前の埼玉の冬はわたしの関東生活での経験史上で最も寒かったと記憶しています。

西窓は開かず、給湯器は役に立たず。埼玉は氷河期に突入した。

2018年1月26日

2年前の冬を経験してから、部屋の朝の気温が5度以上あれば、ぜんぜ〜んオッケーだと思うようになりました。

このまま、この冬は過ぎていくのかしら?

 

音楽のある暮らし

さてさて、今朝も早よから、音楽を聴いてます。起きるなり、BOSEのスイッチオンです。

BOSEは上面に軽く手を触れるだけでスイッチが入ります。どこにもスイッチボタンとかありません。

昨日からは、15年くらい前に好きだった2人の人たちの歌を聴いています。当時、わたしは40半ば。たぶん、情熱的に生きてました(笑)

突然、無性に聴きたくなったのです。あの頃が懐かしい?

1人は、いまはミュージカル俳優としての知名度が高くなってしまった中川晃教さん。

彼はもともとはシンガーソングライター。ちなみに仙台出身です!

あっきーのファーストアルバムは、彼が18歳くらいのときに出したもの。やっぱり声が若いです。

音楽に乗せてわたしの15年前が蘇ってきます。

なぜか同じCDが2枚ある。ん?握手券でもついていたのかな。

そして、今朝聴いているのは、こんな人。

ラッセル・ワトソンさんです。この人の声も大好きだった!

イギリス出身の歌手です。エリザベス女王もラッセルの歌が好きだと聞いたことがあります。

ウィキペディアでは「テノールのポップス歌手」と紹介されています。まさにそのとおり!

正統派のいい声の人。安定感のある歌いっぷり。癒される歌声です。

来日公演を2度ほど聞きに行きましたが、圧巻の歌唱力でした。もう10年以上も前のことですが。

いつの間にか、聞くことがなくなってしまったCDたち。

しかし、わたしの断捨離の嵐からも逃れ、残っていたCDたち。

CDもかなりの枚数を捨ててしまいましたが、この2人のCDをわたしが捨てなかったのには、理由があったということがわかります。

けっして、嫌いになったわけじゃない。いつか聴きたくなるはずと確信していた。

今でも、やっぱり好き。感性で受け入れたものは、忘れられないものなのでしょう。ね。

それにしても・・・・あっきーに、ラッセルさんに、達郎さん・・・。

声がいいという共通点はあるものの、わたしの好みって・・・幅広いかも(笑)

贅沢な土曜日の朝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。