アビスタのおかげでワンレンのボブに!シャンプーで髪型が決まる?

先週、3ヶ月ぶりに髪を切りました。

ショートに飽きてきたので、髪型を変えるために髪を伸ばしていました。

わたしがカットをお願いしているミホさんは、カットの達人!3ヶ月経っても、スタイルがあまり崩れないので、それほどの乱れ髪にもならず、伸ばすことができました。

ミホさんのカット代は安くはないですし、指名料もかかるのですが、3ヶ月分だとすればコスパは悪くないかも(笑)

※いつもは1ヶ月半くらいでカットしてます。

ミホさんは相変わらずの美人。年齢は30代後半です。最初に会った時には「バービー人形に似てる!」と思いました。

現実的には竹内まりやさんの雰囲気に近いかもしれない。背格好がそっくり。明るくて都会的な雰囲気が似ているんです。正直に言えば、まりやさんよりもう少し美人かも。 わたしが知っている人の中ではダントツの美女なんです。

美人の人にカットしてもらうと、自分も美人になれるような気がするから不思議。ルン♪(´ε` )

わたしの伸びた髪を見て、ミホさんが言いました。

「今回はワンレンのボブにしましょうか」

オーダーする前に、わたしの希望を言い当てるんですから、すごいです。わたしはそのために伸ばしてたのよ。

ワンレンのボブを作れることになろうとは、最近まで思ってもいなかった。このスタイルだけは髪の調子に左右されますからね。ボサボサだと、ただのおかっぱになってしまいます。

「本当に髪の状態がいいですよね」

あら、そうかしらんらんらん。

「この時期、皆さん、乾燥で悩まれているのに、まったく乾燥してないです」

うひひのひひひ。

「何かしてます?」

普通にシャンプーしてるだけですねん。

アビスタエイジングケアシャンプー&コンディショナー以外は、何も使っていないし、魔法をかけてもいない。

でも、さすがに「アビスタを使っています」とは言いづらいです。この美容室はケラスターゼを推していて、わたしも何度か使っていましたので。ケラスターゼは悪くないけどね。でもわたしにはアビスタの方が上。

美容師さんが見て「乾燥していない」と言うのだから、間違いない!

ああ、3年前の静電気の髪が懐かしいよ。いよいよ電気に困ったら、またあのプロバンスのシャンプーを使って、髪で電気を起こせばいいかも。プロバンスのシャンプーは、わたしにはちょーーーダメザンス(笑)

新しくなったアビスタは「香りがなくてつまんない」と不満を抱いていましたが、成分はよくなっているようです。香りのないことくらいは我慢しなくてはね。

さらに美髪になっているような気がします。まさか60歳を超えて、過去よりきれいな髪になれるとは思ってもいなかった。これ以上きれいになったら、どうするんだ?

今までできなかった、ワンレンのボブ。実は生まれて初めてのヘアースタイルです。

そして、結論としては・・・・

 

色っぽくなった!\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

ん?ありえない? 髪型だけでは色っぽくはならない?

 

【シニアにおすすめ】愛用中の「アビスタ」のシャンプー&コンディショナーがリニューアル。さっそく使ってみました

2019年1月19日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさんのお気に入り、マヌカハニーはホンマに効果抜群で、お陰様で風邪知らずでした。
    亀の子タワシスポンジもGOOD。
    実は私長年ケラスターゼシャンプー使っていて、悪くもないのですが、次は絶対にアビステを買おうと、超デカサイズのケラスターゼ使い切りを楽しみにしています。髪は大事な若見えポイントですからね。
    内面も大事ですが、この歳になると清潔感というか、そういうのが、見た目に出るような気がします。
    いつも りっつんさんのブログ楽しみにしています。

    • Carrieさん

      こんばんは。
      ケラスターゼのデカボトルが懐かしいです。
      ケラスターゼは香りがいいですよね。
      赤・オレンジ・緑・白・・そんな色のボトルのケラを使った経験があります。
      ぜひぜひ、アビスタを使ってみてくださいね!!
      内面も大事ですが、年をとると見た目がより大事になると思います。
      きれいな方向に向かってるんじゃないですからね(笑)
      でも、やれば効果はあるんですよね。

      いつも読んでくださって、ありがとうございま〜す!!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。