はじめまして!

まずは、自己紹介m(_ _)m

※2023年2月6日更新

りっつんブログにようこそ

ネットの海に漂う「りっつんブログ」を見つけていただいて、とてもうれしく思います。

このブログを運営しております、りっつんと申します。

1957年(昭和32年)の酉年生まれ。

昨年の12月、晴れて前期高齢者となりました。

「還暦だ〜!還暦だ〜!」と騒いでいたのが、昨日のことのようです。

親たちの姿を見ながら”次は我が身”と身構えつつ、老いてゆくための準備を始めています。

さてさて、自己紹介を続けます。

住まいは、埼玉のはずれに小さな町。

ここで暮らすようになって、30年になりました。もう、ここがわたしのふるさとです。

これまでには、仙台、秋田、神奈川で暮らした経験があります。

1ヶ月程度の短い暮らしではありますが、アメリカのニューヨーク、そして関西の奈良の町で、住民になりきって暮らした経験もあります。

この埼玉の家の中には、わたし以外の哺乳類はおりません。ごはんを食べさせている昆虫なども、原則いないことになっています(笑)

2021年の6月25日、満月の夜。

長年相棒だった愛猫シャンクスがこの世を去りました。21歳でした。人間でいえば100歳くらい。

シャンクスは生後2ヶ月くらいの時に我が家に迷い込んできた野良の女の子。迷い込んできたときは900グラム足らずの子猫でした。

2度ほど死の淵から生還した生命力の強い猫で、そしてわたしを支える役目をもっていたのでした。

以降、本当に本当のひとり暮らしをしています。

ひとりで暮らすこの家は、仕事場でもあります。

日本語の要約字幕の制作を25年ほど続けていて、ポチポチとパソコンに向かって文字を打っています。

 

未亡人歴、28年

わたしの経歴が一般的な女性と違うのは、若くして未亡人になったということでしょうか。

夫は胃がんを患い、5年間の闘病生活を経て、38歳の半ばでこの世を去りました。

そのとき、わたしは36歳。息子たちは10歳と8歳の小学生。

あれから28年という時が過ぎていきました。

2人の息子たちは、それぞれ23歳のときに家を離れ、今では2人とも親となり、立派な中年となりました。

長い時間を経て、夫に関する記憶も、ぼんやりとしたものになってしまい、墓参りもサボりがちの不真面目な未亡人になっています。

しかし、それでも未亡人として生きてきた日々は、それなりの根性みたいなものを装備させてくれました。

何か事が起きると、それは、むくむくと姿を現してきます。

女だけど、負けてなるものか!

という、かなり強気なヤツ( ̄^ ̄)ゞ

大人しく見えますが、引かないと場面では、絶対に引きません。

・・・って、大人しくも見えないか(笑)

 

ひとり暮らし歴、15年

息子たちが家を離れ、ひとり暮らしを始めてから、早いもので15年になりました。

その間、愛猫シャンクスには大いに助けられました。

「壁を削るな!」とか「そこに潜むな!」とか、日々文句を言いつつも、彼女は本当にいい相棒でした。猫だって立派な家族。ここだけの話、父が亡くなった時より、シャンクスが死んだ時のほうが切なかったです。

しかしシャンクスがいなくなったことで、新しい時間がやってきました。シャンクスに気兼ねしながら出かけていたので、その心配がなくなって、気楽といえば気楽。

これからは人にも猫にも気兼ねせずに、暮らしていくつもりです。

そして、まわりを見渡せば、あの人もこの人も、いつの間にか未亡人。

わたしは、たまたま一足お先に未亡人になっただけ。

最近やっと、未亡人というコンプレックスを笑い飛ばせるようになりました。

女がひとりで暮らしているということは、珍しいことでもなんでもなく、ごくごく普通の生活スタイルです。

そして生活スタイルは、生き方とは、なんの関係もありません。

“ひとり暮らし=孤独”

世間にはこんな図式も流れているようですが、そんなイコールはどこにもないです。

大事に思う人たちが、この世のどこかにいれば、どこかでつながっているもの。

“ひとり=不幸”

もちろん、こんなイコールもありません。そもそも人はひとりなのです。

“自分を幸せにできるのは、自分だけ”

どうすれば自分を幸せな気分にしてあげられるのか、そんなことを探しながら平凡な毎日を送っています。

“自分を幸せにできる、ちょっとしたコツを見つける”

これが「りっつんブログ」のテーマです。

 

ブログは7年目に突入

59歳の誕生日の前日に「りっつんブログ」は生まれました。

息子から誕生日のプレゼントが、

「りっつんブログ」のWordPress型枠 & デジタルカメラ。

事情がよく飲みこめないまま、ブログの世界に踏み出しましたが、あれから6年が経過し、7年目に入りました。

1日も欠かさず更新しています。

実は更新が危機的な状況が何度かありましたが、それでもパソコンを抱えて移動しながら、綱渡り的に更新を続けました。それは、明らかに自信につながっています。

綴った記事の数は2200本を超え、自分にそんな根気があったことに驚いています。

わかっているようでわかっていないもの、それは自分。

自分が限界を設けなければ、限界は存在しないのかもしれません。

 

エッセイ集の出版

ブログを書き始めて3年目に入ろうという2019年の暮れに、扶桑社さんから書籍化の提案をいただきました。

「未亡人26年生が教える心地よい暮らし」

というタイトルの自著が書店に並んだのは、2020年8月末のことでした

“何か続けていくと、違う世界が見える”

“自分の道は、自分で耕しながら、歩こう”

今後とも、りっつんブログ、ご贔屓に!

 

掲載誌について

以下のムック本・雑誌に取り上げていただきました。

2020年『素敵なあの人特別編集』宝島社編

2021年『婦人公論 6月22日号」

〜「ひとり老後」を機嫌よく〜

2021年『サンキュ!6月25日号』

〜 特集 老後とお金〜

※現在、テレビや雑誌の取材などは遠慮させていただいておりますm(_ _)m