雷雲接近。会長のセンサーは高性能。我が家の猫には仕事があるんです。

きのうは午後になって、埼玉地方は怪し気な雲に包まれました。

遠くから雷鳴が聞こえはじめました。その時、わたしはまだPCをパチパチとやってました。わたしは昔からの言い伝えを守り、雷が近づいたらPCは電源を落とします。

そして、どの時点で電源を落とすのかを決めるのは・・・会長さま

会長

そろそろ来るで。PCを切りなはれ

この合図があまりにも正確なのです。野生の勘ってやつですね。

雨が降り出す10分前にヨロヨロと立ちあがった会長。へっぴり腰で移動を開始しました。

すたすた歩くのではなく、へっぴり腰というのがポイントです。

ヤツは恐れているのです。雷が嫌いなのです。そして、こんな場所にお隠れあそばした。クローゼットのこんな狭い所に隠れた。

隠れている時にはわたしは知らん顔をすることにしています。見ないフリしています。会長は見られるとものすごく嫌な顔をするものですから。

わたしは会長の行動を参考に、PCの電源を落とし、急いで窓を全部閉めて回りました。余裕のある対応。

これでOK!・・・ザーーーーーーーーーーーー!キタ――(゚∀゚)――!!

すごい。ピンポイント雷雲探知機

雷雲が去る時にも、会長は仕事をします。

何もなかったような顔をして、突然現れるのです。

会長

もう大丈夫やで

そしてドテっとくつろぎ始めました。

おおっ。もう大丈夫なのね。猫を見ていれば、危険は察知できるのです。

会長は、わたしを信頼していないのです。危険を感じても、わたしのそばにはいません。自分に忍び寄る危険は、自分で回避する。飼いネコとはいえ、立派な態度です。最近、トイレの失敗もある会長ですが、まだまだ現役です。

今朝も会長のトイレの始末が最初の仕事でした┐(´~`)┌

会長はいよいよ老いが隠せなくなってきました。

会長

老いても、仕事はするで

そうだね。「高級おやつ」を箱で頼んでおいたからね。好きなだけ食べてちょうだいね。

会長がこんなに長生きするとは想定外でした。まさか18歳を越えるとは。会長は実に猫らしい猫だと思います。狩りが上手だったころを思い出します。このあたりでは一番のツワモノ。頭のいい猫です。

「ストレスがないんだろう」とみんなが言ってくれます。そう言われると飼い主名利につきます。わたしなりに猫の意思を尊重しているつもりなんです。たった1匹の同居生物なので、お互いに気分よく暮らしたいと思ってるんです。

わたしは会長を見ながら、生き方を教えられている気がしています。


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。