風呂場にて。猫とともに引き返すの巻。

いい季節になりました。

自分の失敗を笑って過ごせる季節になり、本当にうれしい。

 

猫とわたしのバスタイム

 

お風呂のお湯張りのスイッチを入れる。

すると約15分後に「お風呂が沸きました」というアナウンスが聞こえる(ように設定はされている)

そのころを見計らって、わたしはリビングで服を脱ぎ始める。テレビを見ながら。

1人暮らしには、こういう自由があるんです。いいですねえ~ヽ(^。^)ノ うっほっほ。

そこで、ソファに寝ていた猫はわたしのその様子を確認して立ちあがる

家主猫

お風呂だにゃん。行こう、早く行こうにゃん。

猫はしゃべれはしないけれど、こんな感じのまなざしでわたしをうっとりと見つめる。ひと言「ニャン」とか言うこともあります。

この猫、お風呂が大好きなんです。

いや正確には、お風呂のお湯を飲むのが大好きです。長いこと習慣になっています。習慣というより条件反射ですかねえ。

飼い主が服を脱ぐ→風呂に行く→お湯のみに行く。

なぜか必ず、わたしより一足早く風呂場に入ります。それが彼女の流儀。待ってる。待つのも好きらしい。自分が誘導しているとでも思っているのかしら。

そしてわたしが湯船につかって、お湯を洗面器に入れてやると、満足気に飲んでいる。時々はわたしの手からも飲んだりもします。

飲み終わると、洗面所付近で寝転びながら飼い主を待つ。

これが毎夜繰り広げられている、わたしたちの一連の流れであります。

 

昨晩のバスタイム

猫が一足先に風呂場に向かって歩き始める。わたしがその後ろに続く。テコテコテコ。

飼い主、風呂場にて、異変に気付く。

 

お湯が入っていない   (@ ̄□ ̄@;)!!      

 

スイッチを押したつもりで、押されていなかったようです。力が弱いんです。押したつもりだったのにね。

 

おほほほほ~。((´∀`))  ケラケラ  ケラケラ

 

ここで笑えるのは、こんな季節になったからです。

真冬だったら、こんなふうに笑う余裕はありません。自分に怒りがこみあげるところでした。

実はこの冬にも何度か同じ失敗をしています。

あの時の情けなさは例えようもない。とぼとぼとリビングに引き返す、あの惨めな姿。

懲りてお湯がちゃんと入っていることを確認すればいいのに、何度失敗してもその作業をしない。

さすが、懲りない酉年オンナ。酉年がダメなんですよね。3歩くと失敗体験を忘れてしまうんです。

暑さを嫌だ嫌だと言いながら、暑くなってきてよかったなあと思った話でした。ヽ(^。^)ノ


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。