梅雨時にぴったりなミント風呂。「ハッカ脳」を入れ過ぎて、ヒヤヒヤ体験!

愛用の北見のハッカ。オイルだけでなく、こんなものもあるんですよ。ハッカの結晶「ハッカ脳」です。

なんで脳っていうのでしょうねえ。多分、本質だからってことなのでしょう。それにしてもすごいネーミングですよね。

 

ハッカ脳とは

「ハッカ脳」は、ミントハッカの主成分、つまり、ほぼ100%メントールの塊です。

クリスタルな結晶です。キラキラしています。

 

ミント風呂

わたしが「ハッカ脳」を何に使うかというと、夏のお風呂です!

「ハッカ脳」の粒を2つ〜3つほどお風呂に入れると、ミント風呂になります。梅雨時のスッキリしない、ベタベタした季節には本当にぴったりなんです。

昨日は蒸し暑くて、やたら汗をかきました。身体に熱がこもったような感じがしたので、こんなときはと、ミント風呂にすることにしました。

お風呂に入ろうと、風呂場に向かいますと、先まわりして、すでに婆猫さまが風呂場の入り口におられました。

このへんから、話は少し不思議な方向へ向かいます。

わたしはリビングで服を脱ぎ始めます。一人なので、どこで脱ごうと自由。しかもリビングとお風呂場まではごく近!狭い洗面所で着替えるより、いいんです(笑)

わたしが服を脱ぎ始めると、横たわっていた婆猫さまが大慌てで行動を開始します。

この光景も我が家では見慣れたもの。毎日のことです。なにを慌ててるんだか、すごく慌ててお風呂に向かう婆猫さまです。

風呂場に向かいますと、すでに婆猫さまが風呂場の入り口に待機。

「どいてよ。邪魔なんだってば」byりっつん

「アタシが先よ」

「・・・って、あんたは浴槽には入らないじゃん」

「お湯を飲むのが楽しみ

婆猫さまは風呂の湯が大好きなんです。お湯が好きなのかと思って、水入れにお湯を入れても飲みません。

浴槽のお湯が好きなんです。変な猫です。

ですが、本日はミント風呂。

「今日はハッカ入れるから、ダメ」

と、言ったら、どつかれたんです!

で、まあ、手に持っていたハッカ脳の容器から、そこそこの量のハッカ脳が浴槽の中に落ちてしまったのです。

 

入れすぎ、厳禁!

大丈夫かな。

大丈夫ってことにしよう。

実際にはどれだけ入ったか、見えてなかったのです。つまり、猫のせいにしておりますが、手元が狂ってドバッと入れちゃったというのが真相ですね。

でも、猫が邪魔なことは事実なんです(笑) 足元でウロウロするので、時々絡み合ったりして、叫んでいます。特に危ないのは階段と風呂場。

そして、昨日の悲劇はここから始まりました。

湯船に浸かっているときには、なんでもなかったんです。ところが、湯船から出た途端に、スーハーが始まりました。

それがとんでもないスーハー!

あまりのスーハー度に、冷え冷えする身体。他に似たような体験がないので例えようがないけど、体じゅうに湿布を貼った感じが、もっとも近いかしら。

実は「ハッカ脳」は水には溶けないのです。お湯にも溶けないのです。それで、体にくっつくらしいのです。

シャワーで流してもスーハーは取れません。

「どうしてくれるのよっ!馬鹿猫!」

うましかねこ  →      ばかねこ

ミント風呂、ハッカのかけらは、2〜3で十分!

「ハッカ脳」は適量使うことが肝心です。

「ハッカ脳」は夏のアイテムとしてはかなり使えます。

わたしはこんなふうに袋の中に「ハッカ脳」の粒を入れて、虫除けとしてタンスの中にぶらさげています。

「ハッカ脳」は少しずつ揮発するので、扉を開けるたびにミントのほのかな香りがします。

ゴキブリの通り道に「ハッカ脳」入りの小袋を置くのも、ゴキブリ避けとして効果があるそうですよ。

まじ専務

ハッカ油がなくなった。買いたい

ハッカ油を捨てたことのあるまじ専務も、最近では、すっかりハッカマスターになりました。

「北見のハッカ油」を捨てたあ?!まずは髪と足に使ってみて。

2017年8月8日

わたしは数種類のハッカ油とペパーミントオイルを使ってみましたが、少し値段は高いようですが「北見のハッカ油」が一番香りが良いし、なにしろ食品認定されているので安心感があります。

今は「北見のハッカ」のみ、使っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。