ウールのコート。ケチ心が発動されて、手洗いの巻。

おはようございます。

きのうはここしばらくはお目にかかれないかもという”晴れ”の天気。

出しそこねていたコート類をクリーニング屋さんに持って行こうと思ったのだけど。

頭の中で計算機がはじかれ、ちょっと待てよと。

いろいろ思案した結果、ウールのコートを手洗いしてみることに。

手洗い?

いやいや違う。

洗濯機のウールコースで洗いました(笑)

 

ケチケチ根性、登場

この冬に活躍してくれた3枚のコートたちを、見つめる。

この冬、それぞれ何回くらい、着たかしらと、数を数えてみる。もちろん数えられるわけはないけど、ざっと(笑)

その中の1枚のウールのコート。

これを買ったのは、何年前だったかな。

去年はクリーニングに出したし、その前にも出したような気がする。

すると、3年は過ぎている。

3年も経てばもはや新品とは言い難いよねえ。

クリーニング代がチラチラと頭をよぎる。3枚も出すと、それなりの金額となるのですから。

じゃじゃ〜ん。

ケチケチ根性、登場!

そこで引っ張りだされてきた記憶は、5年を過ぎたウールのコートを洗ったことがあって、なんの問題もなかったこと。

ウールのコートを手洗いしてみたら、案外イケた。

2020年5月1日

あのコートより薄手だし、やってみようかしらん。

ということで、洗濯機にそ〜っと洗ってもらうことを決意しました。

 

洗い上がりは上々

スイッチを押すとき、ちょっとだけドキドキしたけど、洗い上がったコートを見て、ニンマリ。

濡れてはいるけれど、特段の問題は発生していないもよう。

形を整えて、次は乾燥だ。

さすがに直射日光で乾かすのは怖いので、窓ぎわにて風を当てながら乾かすことにしました。

夕方になり、乾いていることを確認。ますまずの仕上がり。

アイロンを当てて、仕上げたら、新品同様?(笑)

2枚のダウンジャケットも、今年はクリーニングをせず、汚れを濡れタオルで拭き取って、ファブリーズなんか吹きかけて、風に乾かしてから仕舞うことにしました。

汚れているのは、外側だけだし、それも大した汚れはついてないし。

クリーニング代、浮かせました。ウキウキ。

実は老眼で、汚れがよく見えてないのかもと、いまになって思うけど(笑)

クリーニング屋さんとも、すっかり縁遠くなってしまっていて、こうしてますます縁遠くなってしまいました。

以前は季節の変わり目には、どっさりとお願いしていたものです。

最近は自分で洗える素材が増えているので、冬物以外は預けることがなくなっていたけれど、こうして冬物も自分で洗えるようになったせいなのか、この町のクリーニング屋さんの数も激減。

わたしが結婚した頃は週に一度、集めにきてくれるクリーニング屋さんもありました。

最近では宅配便で送るスタイルもあるようです。

暮らしの進化で、いろんな仕事も形を変えていくもののようです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • こんにちは翠です。
    ウールのコート自分で洗うなんて上級者ですね。
    私は、ウールは失敗したこと多々あるのでクリーニングに出しますが、
    ダウンコートは洗濯機君にお任せします。
    表生地の素材がポリエステルなど洗える素材であれば大丈夫です。
    必ずネットに入れる事と、脱水時間を短くすることが大事です。
    ダウンはクリーニング代が高いのでやってみたらあら簡単だったのです。

    • 翠さん

      こんばんは♪
      こういうコメントを待っていたのです!
      そうですか、ダウンも洗えるのですね。ウヒウヒ。
      素材はポリです。
      袖口だけを洗ってみたところ、なんともなかったので、
      たぶん、大丈夫ですね。
      ネットと脱水時間、了解です。
      自己責任で、やっちゃいますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。