『あちらにいる鬼』実の娘が父親の不倫を小説に仕立てたもの。

久しぶりに読み応えのある小説に出会いました。

何しろ、設定が設定だけに、誰にでも書ける話じゃないのです。しかし、あくまでも小説というのが、ポイント。

ノンフィクションではないけれど、リアリティを強く感じられる小説というのは、やっぱりおもしろい。

2019年2月に刊行された作品です。

 

娘が書いた父親の不倫

なんと、実の娘が父親の過去を書いたのが『あちらにいる鬼』という小説です。

それもただの過去じゃない。父親と数々の女性たちとの物語。

メインは作家瀬戸内寂聴さんとの不倫!

作者は井上荒野さん。同じく作家の井上光晴さんの長女です。

登場人物のモデルは

  • 父親 白木篤郎→井上光晴
  • 母親 笙子→井上光晴の妻
  • 愛人 みはる→瀬戸内寂聴

わたしは井上光晴という小説家は名前を知るだけですが、実は苦い思い出があります。

高校生に井上光晴の詩を教えることになり(教科書に載っていた)、教えるのにとても手を焼いて、投げ出したい気分になったことを思い出します。

ガダルカナルの戦いで経験したことから書かれた詩はあまりに衝撃的でした。

どう教えればいいの?と頭を抱えたことを思い出します。戦地での死の体験から生まれた詩を教えるのには、あまりに若く経験もなく・・・。

その人が、実は恋愛には情熱的だったということは、あまりに衝撃的!まさかと思いました。こういうのが偏見というものですよね。それとこれとは別の話なんですから。

しかもあの瀬戸内寂聴さんが出家した理由の1つが井上さんというのですから、さらに驚きました。

たぶん出家の理由は他にもあったのでしょうが、大きな理由が井上さんとの関係だったそうです。井上さんと別れたくて、出家したというのです。

しかし、話題作というものは、意外とつまらなかったりするので、この小説は2月に出版されたのですが、しばし様子見をしていました。

つい最近、井上荒野さんと瀬戸内さんとの対談記事を読み、この本を読むきっかけとなりました。

読み始めた途端、わたしの目を釘付けにした、とあるフレーズ。まず、これにズキューン。作者のペン力に感動しました。

そして、そのまま、作品の世界に引き込まれてしまいました。気がつくと読了。2時間くらいだったでしょうか。

最近は一気に読ませてくれる作品が少なくなりました。最後のページまで、堪能させていただきました。

 

人はなにを探しているのだろう

実話を下敷きにしているとはいえ、これはあくまでもフィクション。作者のフィルターを通しているので、本当の3人の気持ちは分かりようもありません。

それにしても女ぐせの悪い父親を持ったもんです。

女グセが悪い?

いや、井上光晴さんは自分の心と欲望に素直に生きていただけなのでしょう。時代の社会通念に合ってなかったというだけです。

いいとか悪いとか、簡単に言い切れるものではないと思っています。

対照的に描かれている2人の女性。自分の運命をどんどん切り開いていく愛人。そして家庭を守り続けようとする妻。

それぞれが自分にとって居心地のいい場所を探しているだけ。居心地のいい場所を探す旅。それが人生かもしれない。そんなことを思います。

自分をどこに置けば心おだやかに過ごせるのか。たぶん、みんな、そんな場所を探しているのでしょう。

それが必ずしも妻や夫という関係の上に成り立つ場所ではないかのもしれません。

主人公の白木は何を探していたんだろう。女性に何を求めていたんだろう。どこまでいっても満足にはほど遠いものなのでしょうか。

実はこの世には安住できる場所など、ないのかもしれません。

もし、わたしが白木の妻だったら。

もし、わたしが白木の愛人だったら。

もし、わたしが白木だったら。

そんなことを考えています。

事実は小説より奇なり。事実はもっと奇妙だったに違いないと思います。

 

井上荒野さんのインタビュー記事はこちら

瀬戸内寂聴さんと井上さんの対談はこちら


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。