『ムーミン』を読んだこと、ありますか?

フィンランドの女流作家トーヤ・ベンソンが書いた「ムーミン」シリーズ。

わたしはアニメでは知っていましたが、実は本を読んだことがありませんでした。

 

童話ではない?

登場人物が妖精だったりするので、単なるおとぎ話だと思っていましたが、どうも違っていたようです。

トロールという妖精の物語。主人公はムーミントロール。しかし登場人物たちには人間もいれば、不思議な生物たちばかり。

シリーズ1作目と言われてきた『ムーミン谷の彗星』が書かれたのは1946年。トーベ・ヤンセンは原子爆弾を彗星に置き換えて本書を書いたという説もあるそうです。

現在はこの作品の前年に書かれた『小さなトロールと大きな洪水』が見つかり、こちらが第1作とされています。

小説は子供向けの作品の体裁をとっているが、その内容は必ずしも子供向けではない。第二次大戦の戦中・戦後に執筆された初期の作品には、洪水や彗星の襲来など自然災害が繰り返し描かれる。新聞連載漫画の大成功によってもたらされた「ムーミンブーム」にほとほと疲れ果てた頃に書かれた第6作『ムーミン谷の冬』を契機として、後期の作品はよりはっきりと内観的であり、おとぎ話の体裁をとった純文学といってよい内容を備えている。

(ウイキペディアより引用)

 

スナフキンは哲学者

少ない荷物を担いで旅をしているスナフキンという登場人物は、まるで哲学者や僧侶のような発言をします。

少ない荷物を担いで、旅から旅へ。

「大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってるってことだよ」

「あんまり誰かを崇拝したら、ホントの自由は、得られないんだぜ」

「僕は物心がついたときからたった一人で旅を続けてきた。多分、これからもそうするだろう。それが、僕にとっては自然なことなんだ」

「そのうちなんて当てにならないな。いまがその時さ」

思わず、頷いてしまうような発言の数々。きっとお子ちゃまたちには分かりますまい。しかし、これを繰り返し聞いていたら、人生はそういうものかと思うかもしれません。

 

ムーミン谷から来た嫁

さて、わたしがムーミンを読んでみようと思ったきっかけについてお話ししましょう。

実は次男嫁が「ムーミンから人生を教わった」という話を耳にしたからなのです。

言われてみると、次男嫁は不思議な雰囲気を持っている。ちょっと謎だった。

そっか。彼女はムーミン谷から嫁いできたんだ!

と、わたしの頭に中に広がる「♩ねえムーミン、こっち向いて」という歌。しかし内容が思い出せない。歌しか思い出せない。姿しか思い出せない・・・。

そんなに人生に影響を与える物語だっけ?

ということで、ふと読んでみようと思いまして候。

で、ハマったで候(笑)

 

寝る前にぴったり

わたしは寝る前に必ず本を開きます。

その時々に読みたい本を読むわけですが、実は読む本によっては、寝られなくなってしまう本があるのです。

面白すぎて、やめられない本。

読んだあと、頭が冴える本。

そんななかで、ムーミンシリーズは安らかな眠りにわたしを誘ってくれることに気づきました。「ムーミン」を読んでいると、なんか、す〜っと眠りに入れることに気づいたのです。

ほどよく夢の国。ほどよく頭も使う。後味が悪くないので、寝る前にぴったり。

童話が苦手なわたしでも耐えられる。現在3冊目をゆっくりと味わっています。

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • こんにちは。
    素敵なお嫁さん!私も不思議系おばあさん目指しています。笑
    ムーミンの世界は相田みつをさんと通じるものがありますね。

    話は飛びますが童話繋がりで、りっつんさんのお散歩も
    まるで赤毛のアンの歩く小道みたいと
    勝手に思っておりました。(・∀・)

    • たいさん

      おはようございます。
      ムーミンは相田みつをさんとも通じるんですね。
      よし、相田さんも読んでみよう!

      「赤毛のアン」ならぬ「白毛のあんこ」です(笑)
      散歩ほど楽しい時間はありませんですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。