ゲームのデータが消えた。富豪から一転、貧乏者に。

「ヘイ・デイ」というゲームのデータを失いました。

マイ農場がつぶれました。

 

ゲーム「ヘイデイ」

2~3年前に教えてもらって始めたゲーム。女子高校生の間で人気だったらしく、そんなお嬢さんをお持ちの方に教えられ、始めました。

農場育成ゲームです。

荒れた土地を開拓して、自分の農場を大きくしていくというゲームなんです。

キャラクターもかわいらしいです。

麦や大豆やトウモロコシなどを植えて、その穀物で家畜のエサを作り、パンなどを焼く。

レベルが上がると、いろんな機械を使って、いろんな物が作れるようになります。

時間のかかるゲームなのです。

麦の収穫に何分とか、ジュースを作くるのには何日とか。

ボチボチと育てること2~3年。

実は昨年あたりからは、ほとんど更新していなかったんです。

飽きてしまって、やらなくなってた。

レベルは68だったと思います。

 

データを復元できず

ipadのバッテリー問題で、PCにデータを保存することになり、保存しました。

そして再びipadにデータを戻したのですが、農場のデータは消滅。

飽きていたとはいえ、失ったデータは残念でした。

また、ゼロからのやれということです。

これが現在の『りっつん農場』レベルは6。ここまでは数時間で到達できます。

かつてはキンキンキラキラに飾り立てた豪華な農場だったので、ゆっちゃんが見たら驚くでしようね。

ゆっちゃんは大富豪農場でよく遊んでましたから。

わたしの農場では、物を売る時にも最低価格で売ってました。

だって、いくらお金を持っていても、できることは限られているんですもの。

そうこうしているうちに、あんなにやっていた「ヘイデイ」を開けることもなくなっていったんです。

 

飽きた理由

ヘイデイに飽きたのには理由があることが分かりました。

レベルがある所を越えると、お金はお金を呼んで貯まり続け、できないことはなくなるのです。

なんでもできちゃう。

だから考えることもしなくなる。同じことの繰り返し。刺激はない。

つまんな~いってことになってしまった。

今思えば、一番盛り上がっていたのは、レベル40くらいから50くらいまでだったんじゃないかな。

どんどん所有地を広げる。機械も導入して、物を売って、資産を貯める。

いろんな種類の魚と初対面できて、釣りも面白かった。

少し頑張ると、何かができるようになる。

まるで実人生のように楽しかった(笑)

こうして振りだしに戻ってみると、それがよく分かるんです。

でも何でもできるようになると、それはそれでつまんない。

コツは学んだので、やり直すのも悪くはないけど、たぶん、やり続けられないだろうな~。

フェイスブックにもデータが保存できたので、やっとけばよかった。

なんだかんだいっても、ちょっと残念な気持ち。(=_=)


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • [でも何でもできるようになると、それはそれでつまんない。]
    同感です♪ 何かの手段を自分で得て何かを積み上げていくっていうところが、面白いのですよね。
    初心者若葉マーク付けて少しづつ上に上る段階が、好きでした。今はちょっと気力が萎えてますけどブログ
    を拝見して、やってみるか!の気持ちになりそうです♪ ありがとう♪です。

    • 麻生さん。ど~も。ヽ(^。^)ノ
      たかがゲーム、されどゲームです。
      ガックリしつつ、新しい人生を歩き始めました(笑)
      今度は前とは違うやり方で行こうと思ってます。
      ゲームだけど、まるで人生みたいですよ。

  • ゲームに飽きてしまったお気持ちがわかります。
    私はゲームではありませんが 若い頃見た夢を
    すべて実現してしまいました。
    今ちょっと退屈しています。
    夢って叶えられるかどうかと頑張ってる7合目くらいが
    一番幸せだったかなぁと今にして思います。

    • チェルさん。こんにちは。
      若い頃見た夢をすべて実現したとは、素晴らしいです!
      わたしは若い頃の夢が何だったのか、記憶になく・・・(笑)
      あっ!今ひとつ叶っていない夢を思い出しました。
      これを最後の夢として、精進することにいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。