妖精さんが帰ってきた!これからお世話になります。

“やるべきことを忘れる”なんてことは、日常茶飯事でしたが、最近では”やったことを忘れる”という事案が増えてきました。

しかし、やらないよりは、マシですし、何より自分を驚き喜ばせております。

 

わがやの妖精の歴史

とつぜんですが、かつて、わが家には妖精が住んでいました。

出没し始めたのは、20年ほど前のこと。当時わがやの住人は3人。在宅で働く母親と高校や大学に通う息子たち。

ひとりの息子には、ある特徴がありました。

片付けるということがとても苦手という特徴です。

いやいや。あとで分かったことですが、苦手なのではなくて、片付ける意味がわからなかったのでしなかったとか。

つまり、汚い部屋でも平気って人。

母親はそこそこのきれい好きなので、そりゃもう、言い争いが絶えませんでした。

「要らないもの、捨てなさい!」

「ふぁ〜い」という心のこもらない返事。

でも、もちろん、やりません。なにしろ、大学の先生だって、ゴミ指導ができなかったという強者なのですから。

紙のゴミが多くて、それがだんだん廊下へとはみ出してくる。

わたしの家を汚さないで!

ついつい口ではなくて、手を出してしまうことになりました。

普通なら嫌がられそうですが、この息子は自室に誰かか入ることなど、へのかっぱ。自室と共有スペースの区分がなかった?

そんなこんなで、母ちゃん、ごみ集めをして爽快感を味わっていました。そして、この息子も、喜んでいました。

「きれいになった!母ちゃん、ありがとう」

でも、そう言われたときに、なんだかとっても嫌な気分になったのです。

母ちゃんと呼ばないで!

大きくなった息子の世話なんかしたくない。息子がかわいいからやったのではなく、ただ汚いのが嫌だからやってるだけ。

そこで、ふと口をついて出たのが、こんなセリフでした。

「掃除したのはわたしじゃない。妖精でも出たんじゃない?」

以来、わがやには時々妖精が出現することになったというわけです。

 

新たな妖精さん

そんな息子も、23歳の時には家を出ていきました。

かくして仕事を失った妖精は、どこか別の家に行ってしまったようでした。

ところが!最近、戻ってきているようなのです。

食器洗わなくてはとキッチンへ行くと、すでに食器は洗い終わっている。

洗濯物を取り入れなくてはと思うと、すでに畳んである。

字幕をつけていると、なぜか、ところどころに、すでに字幕がついている部分がある。この時のうれしさは格別。

妖精さんが戻ってきたのを実感しています。

今朝の朝ごはんは、妖精ではなくて、わたし本人が作りました( ̄^ ̄)ゞ

パン&のハニーソイを半分に切っての、サンドイッチ。

こういうものも妖精さんが作ってくれるようになったら、いいのになあ。

そういえば、時々女優もやってることを思い出しました。

新しい役でも、降ってこないかなあ。

あ〜あ、ひとり芝居にも、飽きてきたゾ(笑)

「ばあばは寂しいの?せいせいしているの?」嫁の質問に答えます。

2018年8月19日

 

やるべきことを忘れない対策

“やるべきことを忘れる”

これは以前からのことですが、最近はますます増えてきました。

  • カレンダーに書き込む。
  • スケジュール帳に書き込む。

それでもすべき仕事を忘れたのは8月のことでした。

そもそも今日が何日で何曜日なのか忘れるのだから、始末に悪い。

以来、気持ちを入れ直したつもりなのに、実は、また忘れそうになった┐(´~`)┌

そこで新たに考えたのは、カレンダーに付箋を貼るという方法。

予定を書き込んだ付箋を、予定日の枠にペタリ。

終わり次第、剥がすという作戦です。

カレンダーを見ると、付箋がたなびいているので、書いてあるだけよりは注目するようになりました。

先日は、郵便局で2つコンビニ4つやるべことが、ありました。

こんなにたくさんあったら、もうたいへん!とても覚えられない。

大きな紙にメモって持参。

しかし、1つ抜けました。しかも、それに気付いたのは30時間もたってからでした。

思わず笑ってしまいました。

だれに迷惑をかけるわけでもなく、ただ手間が増えただけなので、笑って許して、です。

30時間後の散歩中にそのことを思い出し、コンビニに向かいました。

こんなふうに、ひとり暮らしなのに、妖精さんの助けを借りつつ、ドタバタドタバタしながら過ごしています(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。