夏の終わりを告げる、謎の赤点々。そして、2人で海を眺めるの図。

ああ、今年も夏が終わる。

さよなら、夏。

そんなことを実感させてくれることが、毎年、わたしの身体には起きます。

目で見えます。

ああ、今年も、来たな!

いつからこの風習が始まったのかは、よく覚えてはいない。

胸部、腹部に、赤い点々が発生するのです。8月の終わりから9月にかけて。

これが、モーレツにかゆい。

今年も、3日ほど前に発生しました。

1週間ほど、このかゆみは続きます。

多い時には10粒ほど。今年は5粒ほど確認されております。特段にムチムチした柔らかい場所に発生します。

そのフォルムは、蚊に刺されたのと、大変近い形です。

しかし、どう考えても、こんなところ、こんなに蚊に刺されるはずもなし。わたしは裸では暮らしておりませんので。

そういえば、今年は、蚊にはあまり刺されなかったです。

夕方になっても、あまり蚊の姿を見かけず。もしかすると、蚊も生きられぬほどの暑さだったのかしら。

8月はほとんど雨も降らなかったし、生息場所はそんなにはなかったのかもしれませんね。

とすると、もしかすると、ダニ

毎年、夏の終わりに派遣される「さよなら夏の日お知らせダニー」

そうだとすると、間違いなく、新種ですね。

大の病院嫌いのわたしが調べたいと思うほどの、赤点々。いったい、何?正体は何?

それにしても、毎年、律儀に、きっちりとやられます。

お風呂に入って、この赤い点々を見つめながら、

「ああ、今年も夏がいくのね・・・」

って、まったく美しくない図ですわ。

海を見下ろしながら、風にでも吹かれながら、終わった恋を噛み砕く。

「ああ、今年も夏がいくのね。そしてあの人も・・・」

これなら、なんぼか美しいかしら。

えっ?だめ?

どうすれば、美しい夏の終わりを描けるのかしら。

今年は例年にも増して、閉じこもりの日々。半径2キロ圏内での暮らし。でも、何も困らなかったし、それほどのストレスもない。

よって、今年は(も)砂浜などを見ることもなく、過ぎていくわたしの夏。

そんなことを哀れに思った何者かが、けさ方、たいそう美しい夢をプレゼントしてくれました。

実際に足を運ばなくても、十分に楽しませていただきました。本当にきれいな海でした。足に砂がつくこともなく、日に焼けることを気にすることもなく、海を楽しみました。満足です。

少し坂を登っていくと、視界が拓けて、ものすごく美しい港に出ました。見たことのないきれいな場所でした。日本のようでもあり、どこか外国のようでもあり。

見下ろすと、右が浜。左は港。海は凪いでキラキラ光っていました。

そして、なぜかそばには五木ひろしさんではなく、五木ひろゆきさん似の人がいて(笑)

実は夫の名前はひろゆき。本人出演は照れるので、五木さんに出演依頼をしたのかも。わたしと夫が共通認識しているひろゆきは、五木さんくらいしか思いつかなかったみたい。

えっ。ひろゆきが夢の演出したの?

君は、ついに神の領域に達したのか!?

どんどん話が歪んでいく(笑)

とにかく、今年の夏は終わり!

最後に海を味わって、終わりましたよ。

わたしの身体には、しっかりその印が刻まれました。

それにしても・・・

かゆい💦

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。