気に入った服を着ることから1日を始めます。

本屋さんをウロウロしていて、こんな本を見つけました。

中山庸子さんはわたしより4歳年上の方。イラストレーターでエッセイスト。前橋出身とのこと。

見ているだけで楽しい、おしゃれな気分になる本です。

さて、この本で中山さんが提案しているのは

しんどいことはぜ〜んぶやめて、ごきげんな毎日を過ごすということ。

実は、これは、わたしも目指していること。

きつい・重い・痛い・疲れるようことをやめちゃおう!

だけど、やっぱりおしゃれはしたい。いつまでも、自分で自分を見て「イヤだな」と思う人にはなりたくないのです。

選択肢が減った分だけ、若い頃より、おしゃれは難しくなりました。だからこそ、チャレンジしがいがあるというもの。

わたしの基本は、これだけ。

気に入った服を着ることから、1日を始める

これがわたしにとっては、なかなか効果があります。

起きるとすぐに、クローゼットの前で、あれこれ考えています。今日の天気・温度・そして予定を考えて、どんな服を着たら快適かしらと。

「なんでもいいや」と服を着てしまうと「どうでもいい1日」になってしまう可能性が大!

普段に着る服こそが大事。もしかすると、今日着ている服が、人生最期の服にならないともかぎらない。

服を選ぶ基準の第一は着心地

一番のポイントは素材です。素材がいいものは、着ていて楽でもあります。

 

今年のブームはリネン

昨年末あたりから、リネン(麻)のゆるりとした服を好んで着ています。

リネンは夏場涼しくて、冬も意外と暖かい。少し寒くなってきたら、重ね着して楽しんでいきます。

以前はちょっとシャープな感じの服を好んで着ていました。パンツが多かったです。それでも素材だけは重視していました。でも形がやはり、かっちりしているので、どこか窮屈になってきたのです。

もっと楽に着ていたい。

そんなとき、たまたま、友人がリネンの服を作り始めたのです。

「そんなに作っても、着ないでしょ」

スカートを譲ってもらったのが、きっかけでした。

何しろ、体が着たがるんです。

これらのワンピースもスカートも体を縛らない。だから、ちょっとだらっとなった気がしないでもないですが、もういいの(笑)

還暦過ぎたから、許す。もうなんでも着たいものを着たらいい。

実はわたしはゴムのスカートはほとんどはいたことがありませんでした。なんか落ち着かなくて。でも一度馴染むと、こりゃやめられない。

こうして、この春この夏はほとんど彼女の作った服ばかり着ていました。

趣味で作っているので、縫賃は安くてもいいんですって。その言葉に甘えさせてもらっています。おかげさまで改めて計算してみたら、被服費も昨年の半分以下。

そして、リネンのよさは、

家で洗えるということ

アイロンなしで自然の風合いで楽しめますが、わたしはざっとアイロンかけてます。やっぱり少しはシワを伸ばしたほうがわたしは好き。

自分で手入れができるということも、とてもうれしいこと。

丁寧に洗って、アイロンをかけて、大事に大事に。手入れをしている時間も楽しいものです。

 

夏の衣類の片付け

服の好みが変わったことで、今年の夏には気なかった服がけっこう出ました。

今までは2シーズン着なかったものを処分していましたが、今回は思い切って1シーズン着なかったものを処分するとこにしました。

たぶん、来年着るとは思えません。

リネンの服が10枚ほど増えましたので、最低でも10枚は処分しなくてはということもあります。

何しろ体は一つ。一年は365日しかない。着られる服の数には限りがあります。着ない服はもう着たくない服。割り切ることにしています。

これで、クローゼットの中も、タンスの中も、スッキリ。

入るところを空けておくと、きっとまた、新しい風が入ってきます。

 

いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


8 件のコメント

  • こんにちは初めまして埴輪です。私も昨日秋物に入れ替えしました。毎日着る服で朝の始まりのやる気が違いますので、仕事を止めて10年経ちます健康面の理由ですが、できるだけ心掛けて身綺麗にしています。私も主人を亡くして12年になります。いまだに気持の持ちようが定まらずにいました。りっつんさんの本を読んで腑に落ちる事がたくさんありました。ありがとうございました。自分がいかに自分を後回しにしていたか少し自分を愛することにしようと思います、一人暮らしも10年目に入りました。これからが私の生き方を楽しくもさみしくもじぶんの気持ちで描いていけることになります。頑張ります!

    • 埴輪さん

      おはようございます。
      コメントをありがとうございます。
      本を手にとっていただいて、本当に嬉しいです!
      コメントいただいて、元気がでました。

      わたしは13年目で、夫の荷物の大部分を処分する気になりました。
      その頃までは、やはり、まだ、
      心の整理がついていなかったかもしれません。
      一緒に暮らした期間だけかかったのかな。

      わたしが自分を大事にしようと気づいたのは、
      1人で暮らすようになってから。
      だれがいなくても、わたしがいる。
      うまく言えないけど、そんな感じを覚えました。
      この身体があるうちは、この身体を使って楽しもうと。
      わたしが消えたら、この世界はなくなるんですから。
      実はこの世界はわたしの妄想かも・・なんてね(笑)

      • 返信ありがとうございます。コロナの時代になるなんて思いもしませんでした。ですが尚更一人のあり方を考えさせられたと思います。周りの人たちより少し早く体験した分一人の生活を極めたいと思います。

        • 埴輪さん

          おはようございます。

          コロナも何かをわたしたちに伝えたなあと思いますよね。
          わたしもいろいろ考えました。
          1人の生活を極めるのも、きっと面白いよ!

  • 「服を選ぶ基準の第一は着心地」同感!です。
    しかも素材は「麻」これもおおいに同感!です。

    私はもうこの10年くらい、夏は麻もしくは綿の服しか着ていません。
    とにかく気に入った素材、着心地の良いものを見つけると、
    服でも靴でも同じもの、もしくは色違いをいくつも購入してしまいます。

    あるブランドの「コットンチュール」という、ちょっとエレガントなTシャツがお気に入りで、
    何枚も持っています。
    ある日学校で、ファッションにとても敏感な女の子が、
    「先生、もう何日も同じ服だね。洗濯してないの?」
    「あらまっ!よく気付いたね。でもご心配なく。先生はこのTシャツ7枚持ってるの。」
    「え~!よほどお気に入りなんだね。」

    そう、私はお気に入りの服は毎日でも着たい!
    1年中でも着たくて、その長袖バージョンも複数購入したくらいなのです。

    近くに作って下さるお友達がいらして、りっつんさんが羨ましい!
    今頃となって
    「洋裁ができたらいいな~、好きなリネンの生地で、着心地の良い服を自分で作れたらな~」
    と、思う毎日です。
    りっつんさんと似てるところが多いな、と勝手に感じている私ですが、
    一つ違うところ・・・
    「1シーズン、2シーズン着なかったくらいでは捨てられない!」

    まだまだ修行が足りませんね~。

    • かよさん

      おはようございます。

      気に入ったものを見つけたときには、
      そのときにゲットしておかないと。
      わたしも何枚か同じものを持っています。
      さすがに2枚までですが(笑)

      1シーズン着なかったものは処分。
      このルールは今季からです。
      ますます気に入ったものしか着なくなっているのです。
      そして、前に戻ることはないと、確信してしまったのです。
      だから、処分する。そんな気持ちになりました。

      リネンは本当に着心地が抜群ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • 熟年離婚でりっつんさんとは違うな!と僻みながらひとり暮らしがコロナの中、始まりました。そんな時、友人からブログを勧められ古希を過ぎた自分が少し前に行くのを感じました。ひとりを楽しくやってみようなんて!ありがとうございました。

    • たかぽんさん

      おはようございます。
      お名前、直しておきました。
      ブログで前に行く。
      なんか、素敵です。
      わたしもブログで自分がかんがえいることなどを
      きちんと自覚することがてきました。

      楽しくいきしょ!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。