夏物衣類の片付け完了!冬物衣類と場所の交換。

昨日はとてもいい天気でした。こんな秋晴れの日には、あれをやらなくっちゃ!!

この日を逃してはいけない!と、わたしは午後から衣類の整理をすることにしました。

昨日は最後まで着ていた夏の衣類の片付けと、冬物衣類との交換です。

これさえ終われば、衣類に関しては万全の体制!

 

完全に乾燥させる

夏物のTシャツなどは少しずつ片付けていました。タンクトップ類は9月中にしまってしまいました。

わたしは冬のコート類以外には、ほとんど自分で洗濯しています。夏物でクリーニングに出すものは、1つもありません。

最近では、ワンピースなども自分で洗えないものは買わないことにしています。

きちんと汗をとるために、夏物衣類の洗濯洗剤を選んで洗って仕舞います。

洗濯用の洗剤。夏場の洗濯に適しているのは液体と粉のどっち?

2020年5月10日

そして、アイロンをかけて、すぐには畳まずに、一度完全に乾燥させます。

左側に吊るしてあるのが、アイロンをかけ終えたものたちです。つい最近まで着ていたものです。

ベッドの上に積んであるのが、カーディガン類で、すでに乾燥済みのもの。

作業の予定時間は1時間。1時間で片付けるゾ。

達郎さんの「サンデーソングブック」をタイムフリーで聴きながら、作業開始です。1時間の番組です。

radikoのタイムフリーを利用。『山下達郎サンデーソングブック』を連続3時間視聴中。

2017年8月21日

 

畳んで、袋に入れる

それぞれ、不織布の袋に入れます。スカート、ストール、カーディガン。

服を購入した時に、服を入れてもらった袋ですね。

そして、タンスの中へ。不織布の袋に入れてあると、中身がうっすら見えて分かりやすいです。

あの空いている場所には、靴下が入る予定です。これでわたし夏物は全てです。

 

すっきりクローゼット

Tシャツ類がなくなったので、スッキリしたクローゼット。

普段使いの服たちです。これらの服がわたしの基本です。着ない服は1枚もありません。

毎日、この中から温度と気分に合わせて選んで着ています。この中には10年以上着ているものもあります。

春と秋はこれらの服にカーディガンなどを足して過ごします。

そして夏と冬にはTシャツとかセーターを足しています。だから一部の入れ替えをすればいいだけになっているのです。

気に入ったものを長く着るというのが、わたしのやり方です。

数えてみると、基本の服は25枚くらいですね。

クローゼットをすっきり見せるコツは、ハンガーを揃えること。これに尽きます。

高さを揃えるだけで、すっきり見えるから不思議です。わたしが使っているハンガーは3本で298円くらいのものです。

Tシャツと交代したセーター類は5枚ほど。

ちなみにセーターは家の中でしか着ません。電車に乗るときには、セーターは暑すぎて不向きなんです。電車やビル、暑すぎですよね。

 

機嫌をよくする方法

衣類の整理が終わったら、めちゃくちゃ機嫌がよくなりました(笑)

片付けながら、このシーズンに買い足すべきものが何かも分かりました。狙いを定めて、買いにいきます。

わたしの機嫌をよくする1つの方法は「整理整頓」です。

誰の力もいらず、お金もかかりません。

もう1つ。わたしの機嫌をよくする方法は「音楽を聴きながら散歩をすること」。

もちろん、昨日も歩きました。

何とも安上がりな女だと言われておりますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。