夏の朝。掃除も洗濯も、朝ごはんの前には終わらせる

おはようございます。

今日から7月です。

もう、本格的な夏ではありますが、ますます本格的な夏がやってくるのかしら。

こうなると朝の涼しい時間は、より貴重です。

掃除も洗濯も、朝ごはんの前に済ませて、涼しい顔で過ごそう!

 

掃除で測る体調

とは、いうものの、その日の体調によって、家事にかかる時間が違います。

昨日は、朝ごはんタイムに間に合わず。

朝ごはんタイムは、7時15分。

BSのドラマを見ながら食べるのが、習慣。

昨日は、どうにも身体が動かず、ノロノロ状態で、全然片付かず。

原因は、血圧が上がってこなかったこと。

測ってみると、100を切ってました。やっぱりね。夏はますますダルダルになってしまうのです。

朝から、血管、だら〜ん┐(´~`)┌

なので、無理をしないで、静かに過ごすことにしました。

だけど、今日は、ちょっと動きが早かった。

化粧水を叩き込みながら、ほうきで掃き掃除。一部、拭き掃除。

よし!

掃きながら、こんなふうに身体の様子見をしています。

今日は、調子がいいみたい。仕事、少しははかどりそう。

ところで、ほうきは、本当に便利です。

何分もかからずに、音も出さずに、ささっときれいにできるので、手放せません。

洗面所には、洗面所専用の小ぼうきを置いています。

洗面所には、見れば髪の毛。

なので、気がついたらササっと。とにかく毛が落ちているのが、とても気になるのです。

しかたないので、ティッシュで集めたりしていますが、ホテルの洗面所にも、小ぼうきがあるといいのにと、いつも思います。

【毎日のお掃除】”電気使わず&音無し”のほうき生活はなかなか快適!

2019年1月3日

 

洗剤は粉末で

汗をたくさんかくようになったので、3回に一度くらいは、少し強めの洗剤を使って洗っています。

皮脂汚れをよく落とすのは、弱アルカリ性の粉末洗剤

弱アルカリ性の洗剤には液体と粉末のものがありますが、しっかり落とすためには、粉末洗剤のほうがいいようなので、3種類の洗剤を使い分けています。

  • デリケートな素材用のおしゃれ着用洗剤(中性)
  • 普段使いの液体洗剤(弱アルカリ性)
  • しっかり汚れを落とす粉末洗剤(弱アルカリ性)

そして、干したものも昼前には取り込んでいます。

あまりに日差しが強いので、2時間もあれば乾いてしますし、布を傷めてしまいそうなので、干し続けないようにしています。

そんなこんなで、なんだか、本当に夏の朝は慌ただしい。

これから、2ヶ月、なんとかやり過ごさなくては。

おっとっと!

MACから、異音が聞こえてきました。

MACも暑さがこたえているのかしら。

今日は、この辺で終わることにします。

あらあら、爆発しないよね・・・心配だわ。

洗濯用の洗剤。夏場の洗濯に適しているのは液体と粉のどっち?

2020年5月10日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • 初めましてりっつんさん。先週からりっつんさんのブログを見始めていつかメールをしたいなあと思っておりました。わたしは日本に一時帰国10か月を終え、インドネシアの自宅に戻ったばかりの、還暦の一主婦です。お金のなるべくかからない範囲で、家を整えたいと頑張っておりますが、遅々として進まず困っております。

    その中で悩んでいるのがお風呂の水垢の酷いこと。クエン酸そのものは手に入るのですが、その使い方が上手くいかず困っています。一晩ラップしないと駄目という人もいますが、数時間でいいとも。。実際は数時間でスポンジで軽くこするがいいみたいですが、日本の動画のように簡単にとれません。最悪は床全体が黒なのですぐに白いものが浮き出てきて、投げ出しそうになります。夫も前より酷くなったと怒る始末。

    クエン酸の分量とその後、重曹で直接こするというのがいいみたいなのですが。。。良い知恵があれば教えてください。スポンジ以外にゴム製のものがよくとれるとか。。。

    • テレシアさん

      はじめまして!
      インドネシアからのコメント、ありがとうございます。

      想像するだけで、恐ろしい状態の水垢のようですね。
      とても素人の手にはおえないのではないかしら。
      わたしの知恵など、とてもとても・・・。
      プロの薬剤と技術がないと、なかなかうまくはいかなのでは。

      • あれから2週間ほど経ちましたが、なんとか落ち着いた事ご報告させてください。どこかのプロの方の動画で水垢取りの電動ブラシの先がゴム製である事を知り、近所にゴム製のものがないかと考えていたら、ゴム手袋がひらめき購入。始めは重曹とゴム手袋で磨きましたが今いちで、食器用洗剤を混ぜて週に2回ほど磨きました。気が付くと殆ど気にならないくらい綺麗になりました

        ここインドネシアでは日本と違い洗剤や掃除道具かれこれ、便利用品がまだまだ不足ぎみ。これからもいろんなアイデアや最近のトレンドなどりっつんさんから情報を頂いて、楽しい日々を過ごしたいと思います。

        • テレシアさん

          おはようございます。

          よかったですね。
          ゴムなんて、思いつきませんでした。
          柔らかいというイメージしかなくて。

          日本は便利すぎ、おせっかいすぎなんですよ。
          細分化されすぎて、それじゃなきゃだめということなって、
          融通がきかないことも(笑)

          頭を使って工夫しながら家の中をきれいにするって、
          やりがいがありそうです。
          食器用洗剤と重曹とゴム手袋。
          頭の中に入れておきます。

          ありがとうございましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。