ゆっちゃん初めての縫物。そして手ぬぐいの使い方としてワイン用の袋。

片づけものをしていたら、こんな大切なものを発見!おっと、これは記録しておかねば。

 

ゆっちゃんの初めての針仕事

6月某日の関西支店。わたしが孫娘2人のゆかたの腰上げをしていたら、ゆっちゃんが「わたしも縫物をやりたい」と言い始めました。

おっと。めんどくさいことになってしまった。しまった・・ ┐(´~`)┌

小学1年生に針を持たせるのは、ちょっと危ないかなと思いましたが、ゆっちゃんの熱意という名のしつこさに負けて、やらせることになりました。

柔らかい布なら大丈夫かと思い、持っていたガーゼの手ぬぐいで運針をさせてみることに。

ゆっちゃんは、縫うということの意味が少しわかったようでした。ものすごく集中してやっていました。

これが初めてのゆっちゃんの運針です。記念すべき運針です。

これは記念に残しておきます。万が一にも、ゆっちゃんが世界的デザイナーになったりしたら、高く売れるはず!ふっふっふ。

あっ!ゆっちゃんの「ハーバードのチケット」の話を思い出しました。

幼稚園に通うゆっちゃん。ハーバード大学へ行くことを夢見ているらしい。

2017年1月20日

 

わたしの針仕事

わたしは針仕事が苦手でした。家庭科の成績はいつも3。わたしの母親が洋裁和裁が得意だったこともあり、わたしは困ったことがなかったのです。料理もやる気はまったくなかったです。

まったく家庭的でない女子。結婚した時には目玉焼きがやっと焼けるレベルでした。

そんなわたしが針仕事をするようになったのは、ここ10年です。ただひたすら縫うという作業が嫌いではないことに、気づきました。刺し子など好みです。無心になれるのがいいんです。

もちろんそれ以上の成長は、残念ながらございません(笑) いまだに手縫い直線モノ専門です。

そんな直線しか縫えないわたしですが、いろいろ知恵を絞って、手仕事を楽しんでいます。

 

ワインの袋

時々、友人宅にワインを持って出かけます。そんな時のために作りました。このまま、横にしてバックに入れて持っていきます。

この袋には大きな秘密があります。1枚の手ぬぐいを切らずに作ってあるということです。

裏を返すとこんな状態です。表からではまったくわかりません。

形に合わせて縫って止めてあるだけなんです。ほどけば、1枚の手ぬぐいに戻ります

プチプチの袋に入れてから入れています。強度にはまったく問題ありません。

ワインを入れたり、旅行時にはヘアーアイロンを入れたりして使うこともあります。使い勝手がいいです。

たためば、こんなに小さくなるので、とっても便利です。このまま汗ふきにも使えたりしますね。

もし使わずに眠っている手ぬぐいがあったら、みなさんもぜひお試しください。ヽ(^。^)ノ

 

超簡単な巾着袋さん

こちらは手ぬぐい用の生地で作ったものです。こちらの秘密はリバーシブルだということです。

2枚合わせて縫って、四隅を折って縫っただけというもの。いただいた袋がこんなふうに縫われていたので、参考にしました。

中高時代の友人が、今のわたしを見たら、きっとビックリするはずです。まさか、料理や手芸をブログで公開しているとは思っていないでしょうね。

わたしだって、やればできるんだよ~!!ヽ(^。^)ノ

こぼれ話

2人目を出産する時のこと。女の子なら、ぜひとも針仕事の得意な子にと、

「糸へん」の漢字を使った名前を用意しました。

「糸へん」+子

生まれたら男の子でしたので・・・

「糸へん」+いちおう男とわかる漢字

残念ながら、針仕事の得意な男の子にはならず。

それにしても・・・安易な名づけで、スイマセン。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。