地球は暑くなるの?それとも寒くなるの?

今週はかなりの暑さが予想されていますね。

わたしが子どもだった頃に比べると、気温は確かに高くなっている気がします。

やっぱり地球は温暖化してる?

それってわたしたちが排出している二酸化炭素とやらだけのせいなの?

このままいくと、ますます暑くなって、干からびるの?

つまり、人間が地球を干からびさせちゃうの?

この話、疑り深いわたしには、どうにもストンとは腑に落ちない。

 

地球の歴史

地球が誕生した時を1月1日とすると、わたしたちの祖先であるホモ・サピエンスが登場するのは、12月31日の午後11時37分。

20世紀が始まって終わったのは、12月31日の午後11時59分59秒。

あらま!のあらまです。

長いスケールでみたら、わたしたちの存在なんて、あまりにちっぽけ。

地球にとっては、人類の存在なんて実は大したことないのかも。地球はそんなヤワじゃない。もっと大きな力で動いているんじゃないのかしら。

いざとなったら、人類を蹴散らすこともできてしまうくらいの力を持っているに違いない。

宇宙規模のダイナミックな動きの中で、わたしたちはほんの一瞬体験させてもらってるだけ。

そんなふうに思ったりするのです。

 

異常気象

今年もテレビをつけるたびに「異常気象」と言う言葉がブンブン飛び交っております。

前年より暑かったり、寒かったり、大雨が降ったりすると、すぐに「異常気象!」。なんでも異常にしてしまうことこそが、異常現象なんじゃないの(笑)

そもそも「正常な気象」なんてあるんでしょうか。

正常な気象ってどういう状態?

何に対して正常なの?

地球にとって正常な状態ってどんな状態?

わたしが子どものころと比べると、確かに気候は変化しているように感じます。子どもの頃はもっと寒かったような気がします。

まあ、わたしは東北で育ってますし、いまは灼熱の埼玉暮らし。あてにはならぬ体感ですけれども。

ここ数日、今年の夏では一番の暑さになるらしいのですが、このまま、もっともっと暑くなるとするとゾッとしますが、そこまで暑くなる前に、たぶんわたしはこの世にはいない予定。

その暑さの原因が、わたしたちが発生させている二酸化炭素のせいって、本当なの?

それだけで地球がおかしくなったりするもの?

宇宙規模、地球規模で考えると、どういうことになってるのかしら。もっと大きな視点で考えてみたいと思っていたところ、この本に出会いました。

 

古気象学

この本を書いた方は京都の立命館大学で古気象学を研究されている先生。

水の底で連続的にたまった堆積物から、過去の出来事を読み解くという学問が地質学古気象学とはそこからさらに過去の気象現象を読み解く研究だそうです。

面白そうです。

過去を知ることで、今、わたしたちがどういう地点に存在しているのかを知る。そしてそのから未来へ生きていく哲学を持とうということ。

印象に残ったのは以下の箇所。

※人間の関与がなくても、地球の気象変動は停止しない。

※自然は人間が引き起こすより、もっと激しい気象変動を内部から発生させる力を潜在的に持っている。

※10万年のスケールでみると地球が「正常」な状態というのは「氷期」である。10万年ごとに繰り返される氷期と温暖期は地球の公転軌道によってもたらされる。

※地球は300年前頃から徐々に寒冷化が進行。実は次の氷期が目前である。

※温室効果ガスが氷期の到来を遅らせている可能性もある?

 

正常ってどんな状態?

今、生きている人間にとって都合のいい気温や天候を「正常」と言ってるだけ。誰も正常なんて決められない。根拠はないのです。

ここ数年とか、観測史上とか、とても短いスパンの話で、わたしたちは誰かに驚かされているのです。

もっと地球はダイナミックに動いている。地球にとっては異常も正常もないのです。それが地球の姿というだけ。

しかも中川さんの説によると、氷期が目前だとか。

あれれ。それなら人類由来の温暖化は、氷期に一時的に歯止めをかけてるってこと?

わたしには詳しいことは分からないので、温暖化が良いとか悪いとかも言えませんが、一世代の中で実感できるほどの温暖化が進んでいることは紛れもない事実です。

今後、地球はどうなっていくのか。もちろん、見ることはできません。見てみたいけれど。

人類はいま、地球という星の上で、たまたま生き長らえさせてもらっています。しかし、いつか、恐竜が滅びたように、滅びてしまうのかもしれませんね。

こんなふうに俯瞰した目で見ていたら、この暑さも、小さな悩みなどふっとんでしまいました(笑)

宇宙規模で物事を考えてみるのも、なかなか楽しいものです。

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • はなです!

    (・_・D フムフム!今日も勉強になるな~
    古気象学?そんなことを研究されている方がいるのも初めて知りました。
    以前何かで読んだ?ちらっと見た(笑)本に地球は氷河期に入っているというのを見て…
    温暖化じゃないの?暑いで!北極の氷、とけてるてるやんか~と思っいました。
    その時、地球も生きているんだから何とかして温かくなろうとしているんやないだろうか?オゾン層の破壊も
    自ら仕掛けてないか?人の力は地球から見たら大したことないんじゃないのかな?だってこんなに大きいし長生きしてるんだものと思いました。?寒いい暑いを繰り返しているのですから。永久凍土が溶けて今までいなかった細菌や
    ウイルスが出てきているのでは?と言う説もアリだと思います。
    人間本位で考えると異常気象でも地球側から考えると今まで通りですけどかもしれませんよね。

    サイトにURLを入れておきました。たぶんあっている思います(笑)

    • はなさん

      こんばんは!
      オゾン層の破壊もみずからの仕掛け。ありえますよね。
      私たち、地球に関して、どれだけのことを知ってるのか。
      もしかすると、ほとんど知らないのかも。
      ウイルスも地球の仕掛けかもしれないですよね。

      URL、ありがとう!
      最初、入れなくて、あれれ?
      よくよく見たら・・・
      1文字違ってるんじゃないかと。
      で、直したら、入れました(笑)
      さっそく、読ませていただきました。
      また、遊びに行きます!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。