脳は56歳でほぼ完成?56歳を過ぎたら、思考傾向は変わらないんだって!

こんな説があるそうです。あくまでも説ですが、ちょっと見逃せない。

脳の傾向について

56歳までに、思考傾向&判断傾向はほぼ完成する。以降は、その道を究めていく。

ポジティブの達人。ネガティブの達人。依存の達人。そういう達人が出来上がる。

56歳までに、思考傾向&判断傾向はほぼ完成する。以降は、その道を究めていく。みんな達人になっていくというのだけれど・・・・。

良い方向の達人ならいいけど、反対方向の達人になってしまったら、周りの人も困惑しますよね。だから、56歳を過ぎた人と付き合う時には、注意が必要だというのです。困った人からは、一目散に逃げるしか道はないと。なぜなら、その傾向を変えることは難しいから。

これ、実にそうだなと思い当たったんですね。

ここ10年あまり、わたしはこう思っていました。

「50歳のまま、人は80歳になる」

56歳説にちょっと近いでしょ。

それは2人の母を見て、そう思ったのです。

85歳になる、実母と義母。2人の50代を思いだしてみると、あの時の傾向のまま、年寄りになっているのです。

義母と知り合ったのは、義母が50歳の時。あの時から義母の思考傾向は、何も変わっていない。基本的な思考の傾向がまったく同じなのです。いや、より極端になっていますね。

実母もそのまんまです。よりいっそう、その傾向が強くなっています。

年を取ったというだけで、人は成熟することはなく、思考方法の傾向は強くなるんです。母たちとのいろんなトラブルを通して、わたしはこの10年ほど強く感じていました。

毎日の平凡な日々の積み重ねだけで、人が成熟するとは考えられません。成熟するのに時間は関係ないと思います。自分で自分を育てようとしない限り、成熟などしない。反対に劣化はする。

楽しいのは「みんなのおかげ」と言う人は、楽しい人生が続いていく。

楽しくないのは「○○のせい」と言う人は、ずっとそういう人生が続いていく。

怖いけれど、たぶん、本当の話なんじゃないかな。

わたしはこのまま、80歳に向かっていくのです。(◎_◎;)

「自分に起きた現象が自分に伝えていることは何か」を考えるクセをつけておくことが大事かもしれません。

56歳を過ぎても、少しでも自分を変えることは可能だと信じたい。

参考文献はこちら


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 脳の傾向について思い当たる事、多々
    あります。50歳頃迄どの様な精神生活
    を送って来たのか、ボーッと生きて来た
    のか?で違いが出るのですね。
    プラス幼少期の親(特に母親)の思考の
    刷り込みも影響大だと私は思います。
    この呪縛を解きほぐすのには結構な時間
    が掛かります。私は50歳には間に合わな
    かった。
    早や60歳を越えてしまいましたが、常に
    私も自分を更新したいと思います。
    国民としてもね。思考しない政府の元で
    虚しいですが。
    羽仁もと子さんの「思想しつつ生活しつつ
    祈りつつ」という言葉が好きです。

    • キャサリンさん。

      確かに母親の影響を忘れてはいけませんね。
      わたしが母親からの呪縛を、
      解きほぐさねばならないことに気付いたのは
      55歳前後でした。
      今でも、まだ、不完全かもしれません。
      母親については、いまだに悩まされています。

      「自分を更新」っていいですね。
      「思考しつつ生活しつつ祈りつつ」
      いい言葉です。ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。