村田沙耶香の『消滅世界』。近未来、家族の形がこんなふうになったら、どうする?

『消滅世界』という村田沙耶香さんの小説、たいへんおもしろかったです。

さて、何がおもしろかったのか。

妻とか夫は家族。家族だから恋愛はしない。

「親子が恋愛したら気持ち悪いでしょ」と同じということらしい。では、子孫はどうやって、増やして育てていけばいいの?と、こんな話が展開されていきます。

SFだけれど、ありそうで興味をそそられます。すでにこんな夫婦もありそうで、まったくの虚構とも思えないところがこの小説の面白いところかも。

すでに世の中にはその片鱗があるから、この話が絵空事だとも思えなくて現実感があって、わたしの心を揺さぶるのかもしれないです。

また、もしかしたら、現実の世界で「こうなればいい」と思っている人がいるのかなと思ったりもします(笑)

「そうなったら、あなたはどう?」と問いかけられている感じがします。

人間とは何か。愛とは何か。「人を好きになる気持ち」と「生殖」を分けて考えるなんて、想像もしたことがなかったけれと。

そもそも恋愛と生殖を結びつけたのは誰?いつだっけ?

子供を育てるのに都合がいいから、結婚という形を積極的にとるようになったのは、そんなに古いことではないはず。

動物は家族という形を持続するために努力することなんてなくて、子孫を増やして「はい、さようなら」です。

倫理感なんてものは、時代によって、その時代の治世者に都合のいいように作られて流布されて変化していくもの。永久的に「これが正しい」なんて倫理感もないのかもしれない。人がそれに合わせて、騒いでいるだけ。一夫一婦制も誰かが決めたこと。

『消滅世界」の倫理感は今の倫理感に合わせたら、とんでもないことだけど、こんな世界もありえなくはないと思うのです。むしろ人の本質をついているような気もします。

人間が動物としての性質をなくしていけば、こういうことにならざるをえないのかもしれない。しかし、人間のややこしい「心」はやはり「愛」を求めていくのでしょうか。

自分だけを維持していく世界。極限的自分ファーストの世界。

人間はどこへ行こうとしているのか、誰にも読めはしません。誰の思惑をも越え、どこかに流れていくだろうと思います。100年後の世界をのぞいてみたい気がします。ぜひ、長生きしたい!

深読みしすぎかしらとも思うけれど、深読みさせるパワーを持った1冊です。

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。