髪は顔の額縁。髪の分け目を変えるだけで印象が変わる?

昨日は2人の人に会いました。そして、なぜか会うなり、その2人に同じことを言われました。

 

髪型変えた?

【朝に言われたひと言】

昨日はゴミの収集日でした。朝にゴミを出しに家を出た所で、お向かいさんに会いました。

「ん?髪型変えた?なんか、かわいい」

「あら~うれしい。髪型というか、昨日から分け目を変えたの」

 

【昼に言われたひと言】

さて昼すぎには、レクサス花子さんによるマッサージ予約だったので、よれよれの身体を正しい位置に戻していただくために、花子さん宅に向かいました。

すると会うなり、やはり・・・

「髪型変えたの?若く見える」と言われました。

「分け目を変えただけよ。若く見えたのは、実際に若いからよ。うっふん」

 

【昨日の結論】

分け目を変えると若く見えるらしい。

髪が立ちあがってふっくらする→若々しく見える。ふっくら加減が大事。

髪を洗ってドライヤーで乾かしたのだけど、どうにも決まらない。ビシッと決まらないのは、分け目のせいだ!と思って、分け目を右わけから左わけに変更したのです。

こういうこと、時々あるんです。年齢とともに、分け目で髪がペタッとなってしまう。そんな時のために、どちらで分けてもいいように、美容院では切ってもらっています。左右分け可能スタイル。

分け目を変えるだけでも、髪型を変えたように見えるようです。ついでに、かわいいって言われちゃった。還暦過ぎてるけど(笑)

 

髪は顔の額縁

そんなに高くない絵でも、高価な額縁に入れると、それなりに見えたりします。額縁は大事なんです。

誰かが言ってました。「髪は顔の額縁」

だから髪は大事なんですね。顔をよく見せるも、ちょっとダメに見せてしまうのも髪しだいなんです。

顔の造作はもうどうしようもないけれど、髪はまだ改善の余地はある。ちゃんと手入れをしてやれば、それなりの額縁は出来上がることになってます。

髪型でかなりカバーできる。だけど若い人をマネたカタチはダメだと思います。年齢をより際立たせてしまうことがあります。「イタっ!」と思う人、見たことあるでしょ(笑)

 

やっぱりシャンプーは大事

年を取ってくると、髪型そのものだけでなく、髪質が大事になってきます。ツヤとかハリとか。だから、シャンプーにだけは気を使っています。痛めないことが何より大事。シャンプーでダメージを与えないことです。

現在わたしにとってはコンディショナーも付録みたいなものです。あってもなくてもいいです。手触り効果と香り効果を求めて、気分で使っています。使わない時も多いです。

先日、定期購入しているシャンプーが届きました。

今回は「シャンプー2本」のセットにしてもらいました。「シャンプー&コンディショナー」でも「シャンプー2本」でも簡単に変更できるのが便利です。

2本にこだわっているのは、1本で購入するより2本で購入するほうが、割引き率が高いからです。

アビスタさんによると「アビスタのシャンプーはどんな他メーカーのコンディショナーとでも相性はOKです」のことでした。アビスタさんの電話対応はいつでも本当に気持ちがいいです。いろいろと丁寧に教えてくださいました。

髪は女の命。現存する資源は大切に。ヽ(^。^)ノ

髪のツヤとハリを復活させたいならアビスタのシャンプーがおすすめ!【2年使用したリアルな感想】

2018年2月25日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。