アップルの仕打ちに懲りず「Mac book Air」にものすご~く惹かれている婆。

わたしは新しいパソコンが欲しい!ついに欲しいマシ~ンを見つけてしまいました。

アップルの仕打ち

5年ほど前の母の日に、2人の息子たちから、買ってもらったipad。今年の夏、没しました。息子たちは1円単位まで、きっちり2で割ってお金を出し合って、母に与えてくれました。

いい機会だから、ひと言、言っておこう。

わたしの莫大な遺産も1円の単位まで割って分けるように。

さてさて、ipadは便利で楽しかった。サクサク動くので、検索が簡単。何でもかんでも検索していた時期もある。ipadが壊れて一番のショックはキャンディクラッシュのデータが消えたことだったけどね(´・ω・`)

思い起こせば、昨年のちょうど今ごろ、わたしはアップルサポートに腹を立てていた。バッテリー問題だった。バッテリーの持ちが悪いので、修理を依頼したら「問題なし」と突き返された。

はあ?である。

バッテリーの持ちが悪いのは明らかだったのに「アップル社のバッテリーは経年劣化しません」と言われた。

それから半年後、バッテリーとつながる本体部分に突然不具合が生じた。完全にアウト。アップル社のバッテリーは、経年劣化はしないけど、壊れるものなのだ。

アップル製品の寿命は5年というところだろうか。残念ながら、2代目のipadを買う気にはならなかった。

 

マイPCは富士通

わたしがPCを使い始めて、かれこれ30年になる。夫の残していったマシ~ン(200万円分くらいあった)で技を磨いた。

左ききだった夫がマウスを左側に置いていたので、マウスって左で動かすのねと学び、マウスは左手で操作している。ちょっとかっこいい。

現在わたしが操っているPCは2台。ともにWindows仕様のPC。1台は完全に仕事用のDELL製。仕事用のソフトのみ、入れてある。貸与されたものなので厳密に言えば、私有物ではない。

もう1台はプライベート用のPCで、自腹を切った富士通製。白いスタイルがとても気に入っている。5年前にアメリカに行く時に新調したものだ。このマシ~ンで機内wi-fiを楽しませてもらった。

15万円ほどだったと記憶している。まあまあハイスペックなはずだけど、能力の10分の1くらいしか使いこなせていないと思う。

最近、動きがイマイチでちょっとイライラしている。完全にイカれる前に買い替えたいと思っている。

わたしは次のPCもWindowsと考えていた。ところが、気に入ったPCがなかなか見つらない。

わたしにとってPCに一番大事なのは「スタイル」。

つまり見た目である。何よりも色、形などがとても大事。自分の身の回りに置くものだけは妥協はしない。気分を悪くするものは、絶対に持ちたくない。スペックなんて二の次だ。

ちょっと話が飛ぶが、我が長男は「テキストの表紙の手触り」で通う予備校を決めた男だ。

大手予備校を回りながら、真剣な表情テキストの表紙を触っているから、何をしてるのかと思ったら、そういうことだった。

で、息子はツルツルしているテキストの表紙の予備校に決めた。変な人だと思った。たぶん、そういう基準で決めた生徒は、そんなにはいないだろう。

母が見かけでPCを選ぶことと、息子がテキストの表紙の手触りで予備校を選ぶことには、何か相関関係があるかもしれない。

さて、わたしはPCでそんなにめんどくさい作業はしない。もうレイアウトもしない。基本的な作業ができれば、問題はない。

ネットにつなげて、ブログが更新できて、株の売買ができて、エクセルとWordが使えればおっけ~。写真だって、最近は外に保存してるから、容量もほどほどでおっけ~。

 

アップル信者の息子

そんな時に通う予備校をテキストの表紙の手触りで決めた現在はアップル信者の息子がわたしにいくつかの言葉を投げてきた。

で、で、で、で四連発

「ママンにはスタイリッシュなMacが、似合うで。」

「Macを持っていたら、デキる女に見えるで。」

「Macを使えば、かっこいいブログが書けるで。

「サポートセンターの感じが悪いのはアップルだけではないで。

言われてみれば、サポートセンターはどこもそんなもん。自社の損にならぬように動くのが使命だから、仕方ないといえば、仕方ない。

「そもそもPCは5年で買い替えるもの」という息子は、さいきん新しいMacを買ったばかり。

聞いているうちに、いつの間にかアップル社の仕打ちを忘れてしまった。いや、許せたというのが正しい。そして久しぶりにのぞいたアップルのHP。衝撃が待っていた。

見つけてしまったのだ、ピンクのMac。薄くてきれい。ほれぼれする美しさ。もう。これしかない。決めた!

WordPressですったもんだしているくせに、さらにマシ~ンまで、新しいシステムにするのか?

大丈夫!すべては「慣れ」なんだ。

リンゴの季節にリンゴ社に乗り換える。2種類のマシ~ンをバリバリと使いこなして、この世を去ろう。

「WindowsからAppleに乗り換えるのは、人類でお前が初めてではない」by 天の声

 

 

ほしい!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。