東京大丸「ニューヨークキャラメルサンド」待ち時間は100分!

東京大丸を通りかかるたび、ずーっと気になっていたんです。

「ニューヨーク・キャラメル・サンド」というお菓子を買うための列が、何年たっても途切れない。

ニューヨークで流行ってるのかニャン。きっとベタベタの甘さだろうニャン。でも、いつかは食べてみたいワン。

 

「ニューヨークキャラメルサンド」の列に入る

友人であるワンと街歩きを楽しんでいたこの日。大丸の前を通りかかったら、列がさらに延びていた。

10日前に通りかかったときより、列が一段と伸びている。どういうこと?

思わず顔を見合わせるワンとニャン。

ここ3年ほど、いつ通りかかっても列を作っているニューヨークキャラメルサンド。いつか列が途切れたら買いたいと思っていたが、途切れる気配がないどころか、さらに長くなってる!列が列を呼んでいるのか?

マスクワン
並んでみようか、わん?

この日、マスクを装着していたワンが言った。

「最後尾」というプラカードを持ったお姉さんに「何分くらい並びますか?」と聞いたら「ここから80分くらいです」とのこと。

マスクニャン

時間はあるし、話のネタになる、にゃん

2人なら途中で交代してもいいもんね。

こうして、人生初の「お菓子のために並ぶ」という修行が開始され、同時にワンとニャンの心の旅が始まったのです。

 

「ニューヨークキャラメルサンド」に並んで、10分経過

大丸店内ではなく、大丸の壁づたいに並ばされる。駅に向かう人たちは「何の列?」と言う顔をして通りすぎていく。

「ニューヨークキャラメルサンド、おいしいですよお~」と教えてあげたいが、まだ食べたことがないので、宣伝はできない。

お姉さんにもらったチラシを見ながら、どれをどれだけ買おうかと、期待に胸躍るワンとニャン。とても元気だ!気も大きくなっている。

「たくさん、買うよ、わん!わん!わん!」

※ワンはこの日、紺色のコートを着ていたので、フォントカラーを合わせてみる。

「わたしも買うよ、にゃん!にゃん!にゃ~ん!」

※この日のニャンはこんな色のコートを着ていた。

ハイテンションなワンとニャン。この時点で、ワンとニャンは「万円レベル」の購入を予定していたかもしれない。

 

20分経過

ひまなので、マスクワンは、チラシを隅から隅まで読んでいる。ニャンは読まない。老眼鏡を出すのがめんどくさい。

話をすると言っても、誰がどこで聞いているかわからない。個人情報に関することなどは、語り合えない。話題選びは難しい。

突然、チラシを見ていたワンが言った。

「こんなことが書いてある、わん!」

10万円まで買うことができます

お菓子に10万円ってどういうこと?このお菓子って、そんなにすごいの。10万円も食べる人がいるの?

「テンバイヤーとか、いるのかも、わんわん」

※テンバイヤー⇒転売屋さん

で、周りを見渡してみると、確かにそれらしき人がいる。ワンとニャンは目と目で会話する。

「あの人たち、きっとそうだ。わん!にゃん!」(心の声)

このお菓子は、東京大丸と羽田空港でしか売ってないという限定商品。公式なネット販売もないようだ。だから買って送るサービスを展開している人たちがいるようだ。

チラシを読んで気づいたことが、もう一つあった。

製造元は東京玉子本舗

ええっ?ニューヨークから輸入されてる菓子じゃないのぉ?

ん?東京玉子本舗ってどこかで聞いたことあるよね。

もしかして「ごまたまご」?

列はもくもくと進む。並んでいる人は、男性も多い。若い人より中年くらいの人たちが多い。年よりはいない。体力と忍耐が備わっていないと、並べないし食べられないお菓子なのだ。

 

30分経過

マスクワンが時計を確認する。だんだん口数が少なくってきたワンとニャンである。話題がなくなってきたので、ニャンはワンに確認してみることにした。

「ワンちゃん、何箱にするのか、決めたか、にゃん?」

この時、ニャンは買うモノがほぼ決まろうとしていた。最初はたくさん買おうと思ったけど、2箱でいいかなと思い始めていた。そしてベーシックな菓子だけにすることに、決まりかけていた。

実はわたしはお菓子については、なかなかにうるさい女である。

こういう時、わたしは、まず一番基本的なモノを買うことにしている。なんだかんだ言っても、基本的なものが一番おいしいと、過去の経験から学んでいる。

2箱の内訳

8個入り・・・りっつんのもの(まじ専務と分ける)

12個入り・・・日ごろネタを提供してくれる嫁への捧げもの

すると、ワンからはこんな答えが返ってきた。

「1箱にする。しょせんお菓子だ、わん!」

ワンもニャンも30分も並んでいるうちに、極めて冷静になってしまったのだ。並ばせすぎると、こんなふうに売り上げが落ちる危険をはらんでいることを、わたしは知った。

 

40分経過

だんだん笑顔がなくなってきたワンとニャンである。お姉さんに言われた時間の半分が経過した。まだ、もちろん壁づたいだ。大丸の店内まではまだ距離がある。

「ここで、半分か・・・わん

「なんか腰が痛くなってきた、わん

「背を反るといい、にゃん」

ワンとニャンは背を反って、簡易体操を開始する。周りからはどんなふうに見えていただろうか。

「太ももの横をたたく&押すといい、にゃん」

ここでレクサス花子秘伝の技を教える。腰の痛みは腰そのものよりも、太ももや臀部が凝っていることが原因の場合がある。

ワンもニャンも常々こんなに立ち続けることはないから、太ももが悲鳴を上げ始めたに違いない。

がんばれ、もう少しだ。列は少しずつでも動いていく!

いつか、必ず買える時は来る。神は越えられる試練しか、与えないものだ。あ~めん。

 

60分経過

このあたりになったら、まったく会話は途絶えてしまった。ワンともニャンとも言わなくなってしまった。

お姉さんが言った80分まで、あと20分だ。だけど、どう見ても、あと20分で大丸の店内に入れるようには見えない。もう少しかかりそうだ。

「ニャンは、少し列を離れてもいいよ、わん!」

思いがけないワンからの提案。らっき~。

「じゃあ、交代ということで、にゃん」と、ニャンはそそくさと列を離れた。

「列」ということで、わたしの頭の中に響いていた歌は、これだ!

※ 井上芳雄君は「レミゼラブル」に参加したことはありませんが、こんな映像がありましたので。芳雄アンジョルラスを見てみたかったなあ~。

 

80分経過 そして、ついに!

大丸で2つほどの用事を済ませて、戻ってるみると、ワンは店内に入っていた。しかし、大丸店内に入ってからも、道は続いていた。

ここからの道はかなり厳しい。きっちりロープに囲まれている。横入りなど、絶対にできない厳戒態勢が敷かれている。ワンはそのまま並ぶと言うので、ニャンはワンを見守ることにした。並ぶ人の顔は、みな険しい。真剣そのものだ。

マスクワンが列から解放されたのは、並んでから100分後!

1時間40分。ワンとニャンは疲れ果てた。心の揺れ動いた100分だった。

ワンとニャンの時給を乗せると、けっこう高額なお菓子になってしまった。

ニャンの関心事

並んだ人たちの平均購入額

並ぶ時間と購入価格の関連性

ニューヨークキャラメルサンドの味については、また後日。

あ~あ。ついつい、3000文字も書いてしまった、にゃにゃ~ん。(=^・^=)

続編ができました!

ニューヨークキャラメルサンドは「ニューヨークのかほりがする」という。

2018年12月22日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • ニューヨーク・キャラメル・サンドは正規ルートでの通信販売はしていませんね。
    ところが、Amazonとか楽天では普通に販売されています。出店者を調べてみると、
    「電話での対応はしていません」
    とか、本社は青森市だとか怪しいものばかり。
    完全に転売屋さんの稼ぎどころになっているようです。
    でも、地方にいて買いに行けないとか、体力的に100分も並べない方たちにとっては有難い存在なのかもしれません。
    「人が困っているところには商機がある」
    とするならば、一概に転売屋を責めることはできないのかな。複雑な思いです。

    • ストラトスさん。

      おはようございます。

      Amazonを見ました!さりげなく普通に販売されていますよね。
      そんなことが許されているとは思いませんでした。
      世の中はこんなふうにして、まわっているのでしょうか?
      なぜ公式通販がないのでしょうか。とても不思議です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。