過去形と現在形。「夢」の意味は大きく2つ。

「夢」には大きく分けられる2つの意味があります。

 

夢という単語

  • 睡眠中あたかも現実の経験であるかのように感じる、一連の観念や心像のこと。睡眠中にもつ幻覚のこと。
  • 将来実現させたいと思っていること。願望。願い。

(引用 ウィキペディア)

寝ている間に見る「夢」は過去形。「夢を見た」とわたしたちは表現します。

寝ている人が、いま現在に夢を見ていたとしても、目覚めないと認識できませんから、やっぱり過去形になってしまいますよね。

そして願望や願いを表現するときは現在形。「夢を持っている」とか「夢がかなう」とか。

 

バナナの中のいも虫くん

今朝方のわたしの夢は、たいそう陳腐な夢でした。

バナナの皮をむいたら、中からバナナの3分の1もあるようないも虫が顔を出した。いも虫が大きな目でわたしを見つめている。笑っている。とってもカラフルな七色のいも虫。ついでにキラキラ光ってました。

なんのこっちゃな夢です。何か意味はあるのでしょうか(笑)

お腹が空いていたのかしら。

で、突然「夢」という単語に引っかかったというわけです。

 

2つの意味

2つの意味をもつ「夢」という単語。

いつから2つの意味を持つようになったのかなあ。

同じくウィキペディアによれば・・・

夢という語は、将来実現させたいと思っていることも指す。 日本語のこのような意味で「夢」を表すのは比較的新しく、明治時代に「dream」の訳語として出てきたのが広義の願望などといった例にも適用された表現である

日本語での元々の使い方は寝ている間に見るものという意味だけだったようです。

それにしても明治時代まで「dream」の訳語がなかったということだけど、最初に使ったのは誰なのでしょう。

頭の中に浮かぶものという共通点から使ったのでしょうか。うまいもんだなあ。今ではすっかり一般的。

「夢はありますか?」

そう聞かれたら、「いまは1つあります」と答えます。あるんですよ、1つだけ。

それは実現可能な夢です。その気になれば、すぐにでも叶う希望。わたし次第。

このまま、穏やかに暮らせたら、それで十分だけど、ちょっとだけ冒険してみたい。そんな夢ですかね。

「今夜、どんな夢が見たいですか?」

そう聞かれたら・・・

やっぱり楽しくて、好きな人が出てくる夢がいいかなあ。

毎夜の夢劇場でも、楽しい演目がたくさん見られたら、いいな。ゴジラが出てくるとか。

夢もあらかじめ台本が書けたらいいのにね。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • はなです!

    夢って面白いですよね~
    毎晩見る夢の事です。この続きを見たいと思っても見れないですしね(笑)

    朝方見る夢は結構はっきり覚えていますが…真夜中はどんな夢を見ているのか知りたいです。
    今朝の夢は、誰かのお葬式で、主人を探すのですがどこかに行ったらしく不在。子供に、5時まで仕事だから早くても6時遅くても7時には来るからねとお父さんに伝えておいて!と言っていました。(笑)夢の中で主人は健在です。家を探しに行ったり、お出かけに行ったり、おいしいお料理を食べたり…そのうえ…若い!(笑)

    バナナに七色の芋虫は素敵~キラキラしてるのが素敵~ニッコリ笑うのが素敵~
    これは吉!ですよきっと。いいことありますよ~

    何になろうか?何をしよか?と思ったときから夢は始まっています。結果がどうあれそこに進むことが夢への一歩、夢破れるなんてことはないです。そうなりたいこうなろうと思うことが大切だと思います。私の夢は…お母さんになることだったかな~いいお母さんだったかどうかはわかりませんが、私があちらに逝った時子供たちが決めるんでしょうね~

    • はなさん

      こんにちは。
      いや〜、あんないも虫、いないですよ。びっくりです。

      わたしは、流されながら生きてきました。
      気がついたら、こんな岸辺に流れついております(笑)
      いつもはなさんのご主人の話は面白いです。夢の話でも面白い。

      夢という言葉の響きは好きです。
      漢字も好きです。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。