久しぶりにカワセミさんに遭遇。そして庭の現状。

おはようございます。

肌寒い朝を迎えています。と言っても、部屋の温度は20度あります。寒さが始まるころは、寒さに慣れていないので、より寒さを感じるようですね。

さてさて。ここのところ、曇っているからとカメラを持たずに散歩に出た時に限って、カワセミに遭遇するという不運に見舞われていました。

時間的には4時前後。くもりの日。場所はあのへん。見当はついている。

 

カワセミ、発見!

午後からちょっと晴れ間も見えたので、カメラを持って出ることにしました。

そして、見つけた!

かなり遠くからでも、わたしにはカワセミが見えるんです。

いた!いた!

ポツンと石のように見えるけれど、あそこには石はない。

これは目一杯望遠で撮ったものです。実際の目にはもっともっと小さくしか見えません。が、あれは石ではなく、カワセミに違いない。

カワセミは決して群れることがありません。いつだって単独行動。勝手気ままな動きには特徴があります。

河原に降りて、望遠でパシャリ。ああ、望遠カメラが欲しい!

なんとか、鳥には見えるでしょうか。カワセミの腹はオレンジ色です。羽がコバルトブルーなのです。

横移動を繰り返していましたが、川向こうにいるわたしに気づいたのか、飛び立ちました。

目視で静かに追いかけて、パシャリ。

なんとかカワセミ色を撮影できました。

久しぶりのカワセミさん。ラッキー。

 

庭仕事は終了間近か?

雑草シートの取り替え作業に入ってから、10日くらいは過ぎたでしょうか。

雨の日も多く、雨が上がっても土が濡れている状態では作業ができないので、なかなか進みませんが、終わりが見えてきました。

石をどかして、防草シートを新しいものに変えています。その際、ドクダミの根っこを掘り上げて撤去するということをしているので、時間がかかっています。

土の上に白い線のようなものが見えますが、あれがドクダミの根っこです。

我が庭はドクダミのパワー全開でした(笑) 春になるとドクダミ畑。ドクダミは防草シートもジャリもかき分けて、根を張っていたのです。

防草シートの効き目が5年と書いてありましたが、実にその通りでした。5年過ぎてから、わーっと出てくるようになりました。

実はドクダミの根っこほり。あんがい嫌いではないのです。スルスルっと抜けた時の快感。ついつい夢中になってしまいます。たぶん根っこだけで30リットルのゴミ袋で1つ分はありましたね。

庭仕事もこの時期なら、なんとかできますが、暑かったり寒かったりでは、もう無理。

夏前には業者に依頼しようとさえ思うほどの状態でしたが、なんとか自分でできたゾ。暑さは人の心を惑わすものです(笑)

手のかからない、それなりに癒しのある庭を目指して行こうと思っています。

いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • おはようございます。今日は朝から雨ですね少しずつ季節の移り変わりを感じています。庭の手入れお疲れ様でした。私は昨日ゴムの木の植え替えをしました。根が鉢から出て脇芽を挿し木したのですが上手く育ってくれることを願っています...りっつんさんのブログ毎日楽しみにしております。私も今年63歳になりました。信じられません。精神年齢が追いついてないことに悲しいなぁ・・・まあいいかです。未亡人になって12年目一人の生活も慣れたと思いましたがコロナの時代になって家族の大切さや友達のありがたさを強く感じました。今まで人に頼ることが多かった自分にきずかされたのかもしれません。少しずつでも前に向かって行きたいです。

    • 埴輪さん

      おはようございます。

      63歳が信じられないこと、わかります。
      年齢に精神が追いついていない実感、あります。
      と、言っても63歳の精神がどういうものなのかもわかりませんけれど(笑)

      コロナもいろんな気づきを与えてまれましたよね。
      わたしもいろいろ考えさせられました。
      人に頼ることも大事だと、わたしは思います。
      頼ったり、頼られたり。それが理想です。
      一方的な関係は居心地が悪いですから。
      それがうまくできる人を大事にしていきたいと思っています。

  • カワセミって初めて見ました。綺麗な鳥なんですね~。
    興味を持ってネットで画像と鳴き声を検索してみました。
    我が家の近くでは見たことありませんが、私が気づいていないのかも?
    今度は気を付けて見渡してみましょう。

    子どもの頃・・・。「みんなの歌」を思い出しました。
    ♪♪笑いカワセミに話すなよ、ケララケラケラ ケケラケラとう~るさいぞ~♪♪
    サトウハチローと中田喜直コンビの童謡ですね。
    このお二人の童謡は「小さい秋みつけた」や「可愛いかくれんぼ」などなど。
    素敵な歌が沢山。りっつんさんのおかげで、懐かしく思いださせていただきました。

    中田喜直さんは、私の最も好きな日本人作曲家。
    合唱曲の特にピアノの伴奏のコード進行が何とも言えず良いのです。
    「夏の思い出」の伴奏など特にステキ!!!

    蛇足ですが、妹の姑が中田喜直さんといとこ同士なのです。
    それを聞いた私は、それはそれは嬉しくて、妹の結婚に大賛成しました。
    (もちろんとても頼りになる優しい義弟です。)

    • かよさん

      おはようございます。

      カワセミは、わりと身近な鳥です。
      水辺にしかいませんし、人の気配に敏感なので、
      ひっそりと生息しています。
      初めて見つけるまでに1年ほどかかりましたが、
      いまは、慣れたので、パッと(笑)
      ぜひ、探してみてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。