おしるこを食べていないことに気づいて、あんこを煮る。

きのう、息子と電話していて気づいた。

 

あんこ、食べてない!

なんてことだ。大変だ。

今年は年末にあんこ以外の甘い物をたんと食べたせいか、体があんこを欲しなかった。

年が明けたら煮ようと思っているうちに、すっかり忘れていた。

そのうち、まじ専務宅で「クルミ餅」なんか作ったものだから、あんこからますます遠ざかった。

あの日、まじ夫さんが道の駅でクルミを買ってきた。

そして、わたしはクルミをむく係として採用されたのだった。

ひたすらクルミをむき続けたりするのは、好きな作業なんです。もくもくとむきます。

最近では3人作業も「あ・うん・うん」の呼吸でバッチリよ。

餅というものは、一人だ食べるもんじゃないと思う。

アブナイからということじゃないですよ。

餅というものは、みんなで食べる「ハレ」の食べ物なんだということを思い出させてもらった還暦の冬。

ありがとうございますです。

そして出来上がった「クルミ餅」

年末のずんだ餅に続いて、おいしかった。

 

あんこ、食べたい!

関西に住む息子は大のこしあん好き。つぶあんは食べない。

この子のために、仙台の母はこしあんをたくさん作ってくれた。わたしも時々は作った。

母は毎年こしあん用の袋を、手ぬぐいを縫い合わせて作っていた。

孫の記憶に残った祖母の味は「こしあん」。

1つでも記憶に残るものがあってよかったね、お母さん。

孫たちに残るわたしの味は何だろう。たぶん干し芋だろうな。(笑)

さて、こしあんは作るのに手間と力がいるわけですが、息子は嫁と2人でガーっとミキサーでつぶしたとのこと。

「あんがい、イケる」とのこと。そりゃよかった。

そんじゃ、わたしも煮ることにしよう。

ストーブでコトコトやるよ。

一度煮こぼして、あとはただコトコト。アクをすくいながら、コトコト。

小豆を煮るにおいは、いいもんです。

部屋中に漂うちょっと懐かしいようなにおい。

やっぱり自分で煮たアンコはおいしい。

売ってるあんこは、何より甘すぎる。砂糖入れすぎ。あずきの味が分からない。

わたしは少し塩気の多いあんこが好き。息子も同じことを言ってる。

そりゃそうか。わたしの味で育ってるから当たり前だね。

でき上がったあんこを二等分にする。

餅仲間に分けよう。

♪おしるこ~おしるこ~いらんかえ~。

まじ専務
品のよい甘さに仕上がってる。うまい。

あんこ味  褒められて うれしはずかし 還暦の冬

甘みに使った砂糖は、グラニュー糖が九割。三温糖が一割。

グラニュー糖を使うと、すっきりした甘さにできるように思います。

まじ専務
餅好きのせいか、夫の肌はつるつるのモチ肌だ。

わたしだって、見えない所は、モチ肌だもんねえ~。ヽ(^。^)ノ

餅食べて モチ肌競う 文字の上 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさんあなたは本当に素敵な人ですね
    毎日ブログを見るのが私の心の支え?希望?慰め?喜び?です。
    あなたを目指します
    一人のおんなとしてもばーばとしても

    • 今井恵子さん

      初めまして。
      コメント、ありがとうございます。
      毎日読んでいただいて、本当にありがとうございます。
      1人の女として・・・頑張ります!(笑)
      今後ともよろしく!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。